無料トライアル
  • 2017/10/25

プロモツイートとは?Twitter広告のやり方や料金を学ぼう

140文字以内の文章を投稿することでお馴染みのTwitterですが、簡単に出稿できるTwitter広告という広告商品があります。動画も含めて新たな広告メニューも多種多様になってきました。ですが、いまいち広告メニューの全体像がわからない人も多いのではないでしょうか?今回はTwitter広告を整理しつつ、Twitterを利用されている人なら1日に何回も目にしているであろう最も一般的なプロモツイートについてご紹介していきます。

Twitter広告は3種類

Twitter広告

Twitter広告は大きく分けて3種類があります。アカウントのフォロワー数を増やすことや、情報を拡散される用途で利用されています。

Twitter広告の位置

3つのメニューはそれぞれ表示される場所が異なります。プロモトレンドは、おすすめトレンドの一番上に掲載されます。プロモツイートはタイムラインや検索結果に表示されます。プロモアカウントはおすすめユーザの一番上に掲載されます。

プロモトレンド

プロモトレンドは、通常Twiiter内で人気のキーワードやハッシュタグが表示されるトレンドキワード機能に広告主が表示させたいキーワードやハッシュタを表示させることができる広告です。イベントやプロモーションなどをトレンドとして認知させることに使われます。

プロモツイート

プロモツイートは、一般的なツイートと変わらないツイートを広告として出せます。フォロワーではない幅広いユーザ層にツイートを見せることができます。通常のツイート同じでリツイート、返信、いいねなどの操作ができます。

プロモアカウント

プロモアカウントは、フォロワー数の獲得するためにおすすめユーザ枠に広告主のアカウントを表示させることができる広告です。

プロモツイートの使い方

タイムラインに流れますので、スクロールしていると目に入ってきます。なので、ユーザが興味を持った場合に通常のツイートと同じようにいいねやリツイートされます。プロモツイートを出し続けているため返信やいいね、リツイートが凄くされているツイートを見かけますよね。通常のツイートとの見分け方はプロモーションというラベルが付いています。

プロモツイートの料金

まず、Twitter広告はオークション型式で、価格はリアルタイムに変動しています。そして、表示による課金ではなくアクションに応じて課金されます。Twitterではエンゲージメントと呼んでおり、CPEと略されます。何をアクションとするかは、広告のクリックやリンク先への遷移、フォロワーの獲得などキャンペーンを事前に設定します。

プロモツイートのキャンペーン

キャンペーンは数種類あります。

ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョンキャンペーン

外部サイトに誘導や登録・購入を促したいときに使います。サイト訪問に繋がったクリックに対して課金されます。

ツイートのエンゲージメントキャンペーン

特定のツイートへのリツイートやいいね!を獲得した場合に課金されます。

アプリのインストール数または起動回数キャンペーン

アプリへの誘導へのクリック、アプリのインストール、またはアプリインストール後の行動に対して課金させることができます。

見込み顧客キャンペーン

リード獲得に対して課金されます。

動画の再生数キャンペーン

動画の再生に対して課金されます。画面に100%動画が表示され、3秒以上再生された場合を1再生としてカウントします。または動画がフルスクリーン表示された場合にも1再生とします。動画の仕様は、100MB以下かつ最長10分となっています。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)