【動画販売パートナー様向け】収益化実現をフルサポート。リチカのカスタマーサクセスの支援内容ご紹介

リチカを導入していただいたお客様には必ず「カスタマーサクセス」という専任のコンサルタントがつきます。お客様が成し遂げたい成果やゴールの達成はもちろん、お客様の社内体制構築や社内教育まで伴走する存在です。
ここでは主に、動画販売パートナーのお客様を担当する弊社のカスタマーサクセス・児玉智詩が、普段どのようにお客様をご支援しているのかご紹介します。

動画の「販売プラン構築」から全面サポート

私はリチカを使って動画を制作・販売し、収益化を行う「動画販売パートナー」のお客様を担当しています。

このジャンルの企業様は、いわゆる一般的な映像制作会社だけにとどまりません。チラシやポスターなど紙媒体の制作を行われていた企業様もいらっしゃいます。また、SEOのコンサルティングをやられている企業様が、サービスの一環として動画制作を行うために導入いただいているケースもあります。こうした動画販売パートナーのお客様の導入実績は、現在100社以上にのぼります。

リチカを導入いただくと、まず初めに「オンボーディング期間」というものがあります。リチカで動画を作れるようになり、その後の販売プランを構築するまでを目指す期間のことです。

ここでは主に以下のことを行います。

  • ①キックオフミーティング
  • ②リチカ式講座
  • ③クリエティブ講座
  • ④販売プラン構築

キックオフミーティングでは、今回のプロジェクトに関わる人々の間での共通認識を持つことを目指してゴール設定を行います。動画販売パートナー様の場合ですと「年間売上XX円」などのようなものです。

また各種講座では、動画制作に関するナレッジを共有いたします。なかでも、弊社が独自に生み出した動画マーケティング講座「リチカ式講座」はご好評をいただいています。さらに「クリエイティブ講座」では、質の高い動画を作るための記号やカラーの使い方などをお伝えします。

またこの段階で「販売プランの構築」も行います。どのようなターゲットに、どのような動画を、どれくらいのペースで販売していくのかを確認させていただきます。

動画の販売が初めてのお客様には、弊社からビジネスパッケージをご提案させていただくこともあります。たとえば、印刷会社のお客様でしたら「紙のチラシを動画化して納品するパッケージ」をご提案する、というような形です。お客様がこれまで積み上げられてきたビジネス上の強みも踏まえて、共にディスカッションし、販売プランを構築していきます。

社内啓蒙から資料制作まで、売上向上のために伴走

販売プランが固まったあとは、売上を継続的に伸ばしていくフェーズに移ります。私の場合は、お客様とともに月1回の定例ミーティングを行い、販売状況を確認しております。

私は自分自身のことを「お客様とともに売上を追いかける伴走者」だという認識を持っています。お客様と一緒に営業リストを見て優先順位づけをしたり、時には営業資料をともにお作りすることもあります。

お客様に課題が出てきた際には、都度ヒアリングをしながらその原因を見つけ、解決に向けて支援をします。

私が担当したお客様の中に「社内にデジタルマーケティングに詳しい人がおらず、動画の営業が進まない」というケースがありました。そこで私はデジタルマーケティングを社内啓蒙するための施策をリサーチ。それをお客様に共有し、トップダウンで営業体制の構築を進めていくよう働きかけるなどいたしました。

さらに、お客様の営業にプラスになるようなデータや資料を共有させていただくこともしています。スーパーマーケット向けに動画を販売されているお客様には、いまの消費者がスーパーでどのように購買するのかを調べたレポートを共有し、「このデータを見せて、こういったお話をして営業されてみてはどうですか?」とお伝えしています。

私たちはお客様に単に動画を作っていただけるようになるのを目的とはしていません。リチカを通じて動画を販売し、売上を伸ばしていただくことを目指しています。そのため、こうした社内啓蒙や最新情報のリサーチなども含めてご支援させていただいているのです。

クオリティの高い「売れる動画」で収益化が可能

またリチカでは、ご契約いただいたお客様に対しては社内の他メンバーも巻き込みながら、包括的にご支援をしています。

たとえば、動画広告の販売をされるパートナー様の場合は、弊社にいる動画広告に詳しいカスタマーサクセスも支援に入らせていただきます。現在の広告トレンドや、「売れやすい動画広告」のナレッジなどもお伝えさせていただいております。

また当社はFacebookやYahoo!など、広告配信プラットフォームのクリエイティブパートナーになっています。そのためリチカでは、こうした大手プラットフォームのチェックも通る、質の高い動画広告を作ることが可能です。こうした実績が評価され、リチカは「クオリティ No.1 の動画クラウドサービス」(※)も受賞しています。

さらに、お客様が営業時に持っていくサンプル動画を作る時間が取れない場合には、弊社の「リチカクリエイター」が活躍します。彼らはリチカを使って動画を作ることに長けた専門のクリエイターです。制作リソースが取れないお客様にかわって、このリチカクリエイターが質の高いサンプル動画を制作し、それを営業活動でご利用いただくこともあります。

100社以上の事業支援ナレッジをすべてご提供

私は、動画販売パートナーのお客様にとってのリチカは「収益化を実現するビジネスパッケージ」だと思っています。なぜなら、100社以上の動画販売の事業支援を行なってきたナレッジをご提供できるからです。売れる動画制作のノウハウだけでなく、営業計画や企画書・提案書など、豊富な販促ツールを活用いただくことが可能です。

私自身、お客様の企業の“一営業メンバー”のような意識で日々支援をさせていただいています。お客様から「受注できました」という連絡をいただくと、本当に嬉しく思います。とあるお客様からは「僕らより喜んでくれてびっくりしました」と言われたこともあります(笑)

リチカのお客様の中には、デジタルの知見がまったくない状態から動画で売上を作れたパートナー様も多くいらっしゃいます。「古い体質の会社だから」「やったことがないから」とためらわず、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ。

PRICE料金案内

DOWNLOAD資料ダウンロード

CONTACT USお問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。