無料トライアル

動画制作の費用相場は?気になる内訳と費用について

動画制作を外注する場合、最も気になる点が費用や内訳についてです。
最近ではスマートフォンなどで自主動画も手軽に制作できるようになりましたが、やはりクオリティを考えると制作会社に発注する方がプロによって画質だけでなくカメラワークや企画内容も良いものが期待できます。

ただし、費用が制作会社ごとに異なるので、外注する前に相場や費用内訳を知っておきたいものです。
そこで、費用や内訳について詳しく解説していきます。

1.動画制作の費用相場はどのくらい?

動画制作の外注にあたり、最も気になる部分が費用です。
安ければ安いほどいいというものでもなく、クオリティーを求めるのであれば多少は費用が高くなることを覚悟しなくてはいけません。
クオリティーの高い動画を制作する場合、どれくらいが相場なのか知っておき、依頼する動画制作会社を比較するようにしましょう。

①:プロモーション用動画の場合

企業や店舗、学校、施設などの紹介を目的としたプロモーション用の動画制作は、WEB用であれば50~70万円くらいが相場となります。
公式サイトで掲載する場合であれば、ナレーションなどに重点を置き、イベント会場などのブース用であれば視覚デザインに重点を置いて作られます。
テレビコマーシャル用になると媒体費やタレント使用費用を別途としても200~400万円は必要になるでしょう。

②:アニメーション制作の場合

アニメーションやCGを用いた動画制作にする場合、30秒20万円くらいが相場となります。
もちろんアニメーションやCGによっても更に高額になる場合もありますが、アニメーションなどを用いることで商品の訴求力が高まりまし、アイキャッチとして目を引き付けることができます。

③:デジタルサイネージの場合

デジタルサイネージは、さまざまな画像を組み合わせてフレーズを入れる動画です。
簡単なものであれば、10秒毎くらいに画像が切り替わってコメントが表示されるものとなり5万円前後で依頼することができます。アニメーションや特写を取り入れたりした大掛かりなタイプのものであれば10万円以上になります。

2.動画制作の費用内訳について

動画制作をする際の費用は内訳を見ると細かく分かれており、企画費や撮影費、音響公課費、スタジオ費などがあります。
依頼内容によって内訳も変わりますが、依頼前に確認しておきたい内訳内容について見ておきましょう。

①:企画費用

動画制作にあたり最も大切な部分であり、映像時間や企画の難易度によって費用が大きく変動します。
企画費用の中には、依頼主と制作会社と打ち合わせをしながら飼料などを作成する企画提案の人件費の他、制作にあたって各種手配やスタッフへ指示を出す担当のディレクター費が含まれます。
ディレクター費は、撮影日数が長くなるほど高額になります。

②:撮影費用

映像や動画を撮影する際にかかる費用で、撮影に必要なカメラや照明器具、音声機材などの撮影機材費やカメラマンやアシスタントスタッフの人件費が含まれます。
簡単な動画であれば、ハンディカメラでカメラマン一人が撮影を行いますが、本格的なものであれば機材費や人件費が高くなります。
カメラマンにアシスタントが付くようになり、照明エンジニアなども加わるので費用が上がります。
その他にもスタジオで撮影する場合には別途スタジオ代が必要になるので確認が必要です。

③:編集費用

撮影した映像や動画を編集して、最終仕上げを行うための人件費です。
制作する動画時間が長いほど費用は高くなりますし、場合によっては再編集が必要になって撮り直しする部分が発生すると更に撮影費用と編集費用が加算されます。
映像編集を行うための人件費だけではなく、ロゴやテロップなどCGやアニメーションを用いるとデザイン制作にかかる人件費も編集費用に含まれています。
その他にもBGMや効果音を入れ込む音響効果費や、ナレーションを入れるのであればナレーターやディレクターなどナレーション収録に必要な人件費も必用になります。

3.まとめ

動画制作の費用は、内訳を見ると非常に細かく分かれているので依頼をする前に見積もりを数社出してもらって比較することが大切です。
それぞれの会社がどういった費用に多く当てているのか確認し、必要なものと不必要なことを話し合うなどして費用を抑えながらもクオリティーのある動画の制作を依頼しましょう。
動画制作の依頼で後悔いないためにも、見積もりの内訳まで確認して納得できる発注をすることが大切です。

RICHKAならクリエイター不要で簡単に動画を内製化!

弊社では誰もが編集ソフトや知識不要でプロクオリティの動画を簡単に内製化できるサービスを提供しております。
低コストかつスピーディーに動画制作を内製化することで、スムーズに動画広告や動画コンテンツでPDCAを回し、成果がでる動画制作が可能になります。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)