無料トライアル

動画広告の市場状況とは?!【今後に期待大?】

スマートフォン市場が成長を続け、現在ではほとんどの人がスマートフォンを持っている時代になりました。
そして、スマートフォンで手軽に見られる動画再生は、YouTubeなどの動画サイトによって全世界発信で注目されています。
今では誰もが当たり前のように動画を見る時代だからこそ、動画広告は急成長を続けているのです。
さて、今後動画広告の市場はどのように変わっていくのでしょうか?今回はこの動画広告市場について記事にします。

1.動画広告とは?

そもそも動画広告とはどういったものを指すのでしょうか?
動画広告には大きく分けると3種類あり、それぞれ違ったものになっています。
どういったものを動画広告と呼び、どんな種類に分かれているのか見ていきましょう。

①:インバナー動画広告

バナーの枠に配信される動画広告で、インディスプレイ広告とも呼ばれています。
音声は入らずに、動画視聴サイト以外の広告の枠に配信することができます。
そのため、幅広い場所に広告を配信することができます。

②:インストリーム動画広告

YouTubeなどの動画サイトで配信されているバナー広告よりも更に大画面で表示できる広告です。
動画の視聴の前や、視聴の最中もしくは終わりに流れる広告も増加しています。
この広告は視聴から数秒後にユーザーが視聴洗濯できるスキッパブル広告と、最後まで視聴をさせるノンスキッパブル広告に分かれています。
最近では1分を超える長時間広告も増えてきており、クオリティやストーリー性も重要視されています。

③:インフィード動画広告

Webページをスクロールしていて動画広告の画面が表示されると自然に再生される仕組みの広告で、インストリーム動画広告のように近年増加傾向にあります。
ただし、この広告はコンテンツ中に存在することが条件です。
メインコンテンツと同じ枠内に表示されて再生されるので、インバナー以上にユーザーの目に留まる広告と言えるでしょう。
Facebookなどのソーシャルメディアのフィード型のコンテンツの間に流れているのを見かけることができます。

2.動画広告の市場状況は?

動画広告や広告の種類について分かったので、実際に動画広告市場はどのような成長をしているのか見ていきましょう。
なぜ動画広告市場が伸びているのかという背景にも注目していきたいと思います。

:動画広告市場全体の成長率

サイバーエージェントとデジタルインファクトで実施した調査結果によると、2017年の動画広告市場は1,093億円だったものに対して、2020年には2,000億円を突破する勢いになっています。
2015年では506億円の市場であったので、この5年で4倍もの成長を遂げたことになります。
これはやはり若者のテレビ離れと、スマートフォンの普及などの背景があります。
テレビよりもスマホを見る時間が多いからこそ、そのスマホから動画広告としてユーザーに視聴してもらうようにした方が広告効果も高くなるからです。

②:インフィード広告が成長している?

この数年はインストリーム広告が主流となっていましたが、2017年からインフィード広告が大幅に成長をしています。
2016年には197億円だった市場が、たった1年で504億円と2.6倍の伸びを見せたのです。
2018年には700億円を突破し、既に動画広告市場の半分を占めるほどになっています。
やはりこの成長の背景にはソーシャルメディアの普及や、動画広告商品の多様化があります。
今後もまだまだインフィード広告は成長を遂げるとされ、2023年には1,458億円に達するのではないかと予想されています。

3.なぜ動画広告が採用されるのか?

スマートフォンの普及などの背景から広告の概念が変わってきていることは分かりますが、なぜオフライン広告やディスプレイ広告ではなく動画広告が注目されているのでしょうか?
それは、やはり静止画に比べると、圧倒的なメッセージ性とストーリー性、そして広告したい内容を込めることができるからです。
そして静止画広告よりもユーザーの目に留まりやすく、インパクトを与えることができます。
そのまま行動へと促しやすいコンテンツでもあり、短時間でもギュッと濃縮した内容を伝えることに適しています。
競合他社との差をつけるためにもインパクトや印象付けるのにはうってつけの広告手段なのです。

4.まとめ

今後、まだまだ成長を続ける動画広告は市場を拡大していき、更なる多様化と広告の効果の期待が高まります。
テレビCMや雑誌、ホームページなどの広告だけでなく、動画広告を配信することで多種多様な人の目に触れ、多大な効果をもたらすことが期待できるのです。
これから商品や企業などの広告を打つのであれば、動画広告が外せないと言える手段だと言えるでしょう。

RICHKAならクリエイター不要で簡単に動画を内製化!

弊社では誰もが編集ソフトや知識不要でプロクオリティの動画を簡単に内製化できるサービスを提供しております。
低コストかつスピーディーに動画制作を内製化することで、スムーズに動画広告や動画コンテンツでPDCAを回し、成果がでる動画制作が可能になります。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)