無料トライアル

動画広告の制作にあたって知っておきたいこと。【詳しく解説】

テレビってまだみますか?実は、スマホが普及した結果、ユーザーはテレビ離れが始まったと言われています。そして、スマホやタブレット端末などを使い、YouTubeなどの動画視聴サービスを視聴しています。またコンテンツもどんどん充実してきています。
こうした背景から、今まで使われていたテレビCMよりもWeb広告が注目されています。
その中でも急成長しているのが動画広告であり、年々増加傾向にあります。
幅広いユーザーに公告するには最適な動画広告ですが、制作にあたって事前に知っておきたいことを確認しておきましょう。

1.動画広告の種類

まず、動画制作にあたって、どんな種類の動画広告を依頼するのか種類を決める必要があります。
動画広告と言っても数種類あり、広告をできる場所自体も異なります。
どんな種類があり、どの広告の製作を依頼するのか決めておきましょう。

①:インストリーム広告

動画視聴の前後もしくは間に差し込まれる動画広告です。
そのため、YouTubeやニコニコ動画などを介して打つ広告となります。
特に動画の最初に差し込まれる動画広告は、動画を視聴するユーザーには必ず目に留まるので、注目度も高くなっています。
動画広告を途中でスキップできるタイプのものと、強制的に最後まで動画を再生するタイプの2種類があります。

②:インフィード広告

インリード広告は、コンテンツ中にあるWebの広告ページにくると、メインコンテンツと同じページで動画が再生される広告です。
Yahoo!ニュースなどのニュースサイトなどで用いられています。
ページをスクロールすれば広告はなくなります、ユーザーがそこから興味を持って観るかどうか決めることができるのでストレスのない動画広告と言えます。

③:インバナー広告

従来のバナー広告が動画になったタイプで、記事やコンテンツに同化したような状態で掲載されます。
そのためターゲット層を絞りやすく、ニーズに合ったユーザーが視聴するような記事やサイトに載せることでクリック率を上げることができます。

④:ソーシャルメディア広告

FacebookやInstagramなどのソーシャルメディア内に表示される動画広告で、タイムライン内に自然と動画が配置されます。
自身のフォローしている人の投稿と思って目にする人も多く、自然と広告効果を期待することができます。
ソーシャルメディアが定着化しているため、この広告市場も成長しています。

⑤:アプリ内広告

スマートフォンのアプリの中で表示される広告で、アプリの上部や下部もしくは操作の途中で画面に表示されます。
主にゲーム広告として使われることが多く、間違えてクリックしてしまう人も多い広告です。
この広告を視聴することで、ゲームで使用できる得点やポイントをもらえるというシステムなどもあるので視聴率は高まっています。

2.動画広告制作の流れは?

動画広告の種類を理解し、どういった種類の動画広告を行いたいのか?を決定します。そしてターゲットや目的を決めたらいよいよ動画広告の制作開始です。
動画広告を制作するまでにはどのような流れで進むのか、知っておきましょう。

①:ヒアリングと構成案

どういった動画広告であり、どういった目的で映像をしようしたいのか担当者と詳しい打ち合わせをします。
この時にイメージやターゲットなど何も定まっていない状態では話し合いが進まないので、事前に考えておくようにしましょう。
ヒアリングを終えた後日、映像全体が想像できるような構成案をディレクターが作成してすり合わせを行います。

②:見積もり

構成全体が決まったら、どういった撮影スケジュールで何が必要か決まるので、細かい部分まで見積もりを出してもらえるようになります。
この際に、どういった部分に費用が使われているのか確認して、削れる部分は削って費用を抑えることも可能です。

③:撮影

事前に決めた撮影スケジュール、撮影場所、絵コンテを基に撮影が行われます。
日数や動画の規模の大きさによって撮影日数やスタッフ人数も異なるため、それによっても費用に差が出てきます。

④:編集と修正、納品

撮影した動画を編集し、CGやナレーションなどを入れ込んで動画を仕上げていきます。
編集した動画は何度も見直しをして修正を加えていき、納品となるのです。
この段階で、大きな修正が入ると追加撮影を行う必要も出てくるので、その際には追加費用が発生します。
仕上がった動画広告は、広告先メディアに合った状態で出力されます。

3.動画広告を実施するなら「最短1分で動画が作れるRICHKA」で

動画広告は、多くの人が目にするものであり、非常に大きな広告効果が期待できるものです。
しかし、動画広告には弱点があります。それは動画制作は費用が高いということです。そのため、制作費用を支払うと全体の広告費を圧迫してしまい、広告で重要なABテストができてないのです。
しかし、弊社が提供するRICHKAでは効果の高い広告向け動画が誰でも簡単に、しかも驚くべき金額で制作が可能です。
ぜひお問い合わせください。

RICHKAならクリエイター不要で簡単に動画を内製化!

弊社では誰もが編集ソフトや知識不要でプロクオリティの動画を簡単に内製化できるサービスを提供しております。
低コストかつスピーディーに動画制作を内製化することで、スムーズに動画広告や動画コンテンツでPDCAを回し、成果がでる動画制作が可能になります。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)