動画広告の効果はどうやって測定する?基本指標を知ろう!

現在広告の種類の中でも動画広告は、スマホの普及やネットでの動画視聴の増加から影響力の高い広告になっています。
これから動画広告を打ち出したいという場合、知名度や売上アップなど目的がそれぞれあると思います。
その目的が達成されているのか、広告の効果測定を行うための指標について解説していきます。

1.効果測定のために必要なKPIについて知る

動画広告を打って、どれくらいの効果を得られたのか測定するために欠かせないものが「KPI」です。
マーケティングや営業の場でも使われることが多いKPIですが、KPIとはどういったものなのか知っておきましょう。

①:KPIとは

KPIとはKey Performance Indicatorの略で、「重要業績評価指標」という意味です。最終的な目標に達するための中間目標のことで、最終目標に到達するための家庭となる指標を数値で計測するものがKPIとなります。動画広告を活用する際には、最終目標は売り上げのアップであることが大半でしょう。そのためには、段階を踏みながらアプローチする必要があるのです。売上アップするまでのプロセス段階の目標は異なるので、目的によってKPIは異なるので、まずは目的を設定する必要があるのです。

②目的から設定するKPIの違い

商品や企業などを多くの人に知ってもらうことが目的の動画広告の場合は目的が「認知」となり、インプレッションKPIとなります。一方で、動画広告でユーザーがどれほどの興味を抱いたのか知るという目的は「検討」になり、再生時間や視聴完了率がKPIです。また、目的が「行動促進」でユーザーがどれほどアクションを起こしたのか知る場合にはクリック数や問い合わせ件数が指標になります。つまり、配信している動画が上手くいっているかどうかは、目的が認知なのか検討なのかで指標とするものが異なるのです。そのため、目的を明確にした上でKPIを定めなくてはいけません。

2.効果測定する方法とは?

動画広告の目的に合わせてKPIの設定をしたら、効果測定を行うことができます。効果測定をするにはツールなどを使用することで、具体的な数字を調査することができます。どのように効果測定をしていけばいいのか紹介していきます。

①:効果測定指標とは

前述したように、目的によって効果測定指標は異なります。目的別でどういった項目をKPIとすべきか詳しく見ていきましょう。

<目的:認知>

・再生回数
動画広告の再生された回数で、何度クリックされて再生されたのかを知ります。

・ユニーク再生数
何人の人が動画広告を再生したのか知る回数

・インプレッション
視聴回数や動画広告が表示された回数

・ブランドリフト効果
広告がブランドの認知度に繋がったのか、非ユーザーの認知度とアンケートで比較

<目的:検討>

・視聴率
再生数をPV数で割った数字

・再生率
ユーザーによる総再生(視聴)時間から、動画コンテンツ自体の尺時間を割った数字

・再生完了率
最後まで動画広告を視聴した数からアクセス数を割った数字

<目的:行動促進>

・クリック数
動画広告をクリックした回数

・問い合わせ件数
動画広告配信してからの商品やサービスに関する問い合わせ件数

・売上
動画広告配信後の売上、売上アップ率

これだけではなく、ソーシャルメディアであれば「いいね」ボタンやコメント数などからも確認することができます。最初は再生回数やユニーク再生数などを指標として確認することが多いでしょう。曜日や時間帯によってアクセス数がことなるのであれば、その原因などを探って次のキャンペーンの最適化に繋げることができます。

②:KPIに合ったツールやサービスを選んで測定する

効果測定ができるツールやサービスはさまざまなものがあります。例えば、Googleが提供している「Google Consumer Surveys」であれば、独自のアンケートによって商品やブランドの意識調査をすることができます。ただし、こちらは有料になっています。自社でリサーチを行うことが難しい場合には利用すると良いでしょう。

また、YouTubeにも効果測定があり、YouTubeアナリティクスでは動画再生時間や視聴率、クリック数などが確認することができます。こちらでは広告開始から現在までの推移も分かるので、課題が分かりやすく見えるでしょう。

3.まとめ

動画広告を配信するのにも費用がかかっており、大きな効果を得たいと考えるものです。その効果がどれだけ得られたのかリサーチしてしることはとても大切です。効果測定をする際には、目的を設定した上で行います。競合他社の結果ばかり気にするのではなく、まずはプロセスとして効果測定の結果を把握して最適化を図っていくことが大切です。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。