無料トライアル

動画広告の種類とは?媒体に合った種類を活用しよう!

動画広告と一口にいっても、たくさんの種類があることをご存知でしょうか?YouTubeなどの動画サイトで見かけることもあれば、InstagramやFacebookのフィード内で見かける動画広告などさまざまなものがあります。それぞれの媒体に合った動画広告があり、規模や製作費なども多様になってきます。動画広告を外注する前に、どういった媒体でどんな種類の動画広告を掲載したいのか考える必要があるのです。そこで、動画広告の種類について詳しく見ていきましょう。

1.動画広告を配信するメリットは?

広告といえば、雑誌やコマーシャルなどもある中で、動画広告を配信するメリットはあるのでしょうか?まずは、動画広告のメリットについて見ていきましょう。

①:広告に接触する機会が断然多い

動画広告は、近年成長を続けています。動画広告の市場自体が急成長しており、2015年は535億円だったものが、現在では2000億円を超えており、4倍の成長を遂げているのです。その背景には、テレビ離れやスマホやインターネットの普及があり、現在ではテレビとWEBの接触時間を比べるとWEBの方が上回るほどです。通勤の電車内や合間時間、また自宅でも気軽にスマホで動画視聴したり調べたりすることで、テレビや雑誌以上に人々の目に触れる機会が多いため、広告効果を得られやすくなっています。

②:動画は伝えられる情報量が多い

動画は、静止画に比べると、伝えたいメッセージを効率よく伝えられることができます。動画広告であれば、伝えたい情報を静止画よりも詰め込むことができ、短時間でもブランドや商品について訴求することができるのです。しかも、動画の方が圧倒的に印象に残りやすく、目にも留まりやすくなっています。そのため、WEBからのクリックや購入にも繋がりやすくなります。

2.動画広告の種類と特徴について

動画広告には、いくつかの種類があります。どの媒体で動画広告を配信するのかによって準備する種類も異なり、それぞれ違った特徴があるのです。どんな種類があり、どういった特徴があるのか見ていきましょう。

①:インストリーム動画広告

YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サイトで用いられる動画広告で、視聴の前や視聴途中などに現れる動画広告のことを言います。視聴する前に再生される広告は「プリロール動画広告」と呼ばれ、動画視聴の終了後に再生される動画を「ポストロール動画広告」と言います。

最近では、動画広告が表示された数秒後にユーザーが視聴を続けるか選択することができる「スキッパブル広告」もあります。強制的に視聴させるノンスキッパブルの場合は15秒ほどと短いものが多いですが、スキッパブルの場合は1分30秒ほどの尺があります。

②:アウトストリーム動画広告

アウトストリーム動画広告は、WEBサイト内の広告枠に配信される広告です。ユーザーの目線に合わせて配信できるほか、広告枠も多いためインストリームよりも多くの人の目に触れる可能性が高くなっています。アウトストリームの中には、4つの種類があります。

【インバナー広告】
WEBページの中にあるディスプレイ広告と同様に表示される動画広告で、動画視聴サイト以外の広告枠に配信することができます。WEBページ内でも大きく表示されますが、広告として認識されやすい位置での表示になります。そのため、目には留まるものの、注目しない可能性もあります。

【インフィード広告】
コンテンツの間に表示される動画広告で、FacebookやInstagramのフィード内で使用されているタイプの広告です。フィード内に現れるため、ユーザーは広告とは気付かずに視聴する可能性も高くなっているので、自然に視聴を促せます。ユーザーの関心に合わせて配信することができるので、配信ターゲットを絞りやすくなっています。

【インリード広告】
記事の途中やコンテンツ内などに挿入される動画広告で、WEBページをスクロールして動画広告画面が表示されると自動で再生される広告です。本編の途中で再生されるので、目に留まる位地に広告を配信することができます。

【インタースティシャル広告】
WEBページを遷移した時に全画面で表示される動画広告です。全画面なので訴求力は高く、誤ってユーザーがクリックすることもあります。ユーザーは、1枚多く遷移しなくてはいけないので、不快感を与える可能性もあります。

3.まとめ

動画広告には種類があり、配信するメディアによって制作も異なってきます。どういった位地で配信し、どういったターゲットに訴求していきたいのか見当した上で、動画広告の種類を絞って制作にあたりましょう。

RICHKAならクリエイター不要で簡単に動画を内製化!

弊社では誰もが編集ソフトや知識不要でプロクオリティの動画を簡単に内製化できるサービスを提供しております。
低コストかつスピーディーに動画制作を内製化することで、スムーズに動画広告や動画コンテンツでPDCAを回し、成果がでる動画制作が可能になります。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)