Twitter広告も動画時代へ!動画広告をTwitterで成功させる4つのポイント

Twitterと言えば、日本だけでなく世界中の人が思いのままに呟いて情報を拡散しています。
SNSにはInstagramやFacebookなどもありますが、Twitterといえばリアルタイムで色んな情報を知れることが魅力のSNSです。これまでTwitterは文字で呟くことがメインであると考えられていましたが、最近では動画広告にも力を入れている媒体です。

Twitterにおける動画広告の役割や、動画広告を成功させるためのポイントを紹介していきましょう。

1.Twitterにおける動画広告のメリット

以前は140文字のテキストというイメージでしたが、現在では動画広告にも力を入れているため、Twitterで動画広告を見かけることも増えてきました。
では、Twitterにおける動画広告にはどのような効果があるのか見ていきましょう。

①:他の動画メディアよりも受け入れられやすい

Twitterにおける動画広告の最大のメリットは、動画メディアにて動画広告を配信するよりもユーザーに受け入れられやすいということです。
Twitterの場合、動画広告がタイムラインに流れてきた際にユーザーが興味を持てば観ることができますし、興味がない場合にはスクロールして飛ばすことができます。そのため、ユーザーにはストレスを与えることなく視聴してもらうことができ、動画メディアの3.5倍も長く視聴されていると言われています。

②:2次拡散を期待できる

Twitterにはリツイートという機能があり、動画広告を観たユーザーが動画広告を面白いと感じたり、誰かにも教えたいと思った際にはリツイートすることで拡散することができます。そうすると、拡散された動画広告は別の場所でも拡散される可能性があり、広がりを見せるほど大きな効果を期待することができます。

最初のユーザーへのアプローチには広告費用が発生していますが、2次拡散以降は広告費が発生しないため、ユーザーの手によって無料で広告を広められる点もメリットになります。

2.Twitterでの動画広告を成功させるポイント

Twitterで動画広告を成功させるには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。
テレビCMであれば、15~30秒で伝えたい情報をいくつか伝えることができますが、Twitterでは短時間で最も伝えたい内容を1つだけ伝えなくてはいけません。広告時間が短いほど効果的なものとなりますが、どういった点に気をつけて制作すべきか紹介していきます。

①:瞬間でブランド名を分かりやすく露出

動画広告は再生されたとしても最後まで視聴してもらえるとは限りませんし、配信されても数秒でスクロールされてしまう可能性があります。そういった場合でも瞬間でブランド名が分かるように、動画の0秒時点からブランド名を露出させておく必要があります。そうすれば、例えすぐにスクロールしたとしてもブランド名自体は認知してもらうことができるからです。
動画広告の最後までどこかに分かりやすくブランド名を表示させて、ユーザーにブランド名を分かりやすく伝えるようにしましょう。

②:一瞬で心を掴むインパクトを作る

動画広告は、早い時点で関心を持ってもらえるようにするほど視聴時間を伸ばすことができます。そのためには、ユーザーが心を掴まれるようなインパクトが必要なのです。
目を引くような商品の見せ方や、人気のある有名人の起用、驚くようなインパクトなど、一瞬でユーザーが関心を集めるようなものを動画広告に入れましょう。

③:無音でも分かる内容にする

Twitterのユーザーはスマホから利用している人が多く、会社や電車の中や公共の場で見ている人も多いものです。そうすると、音を出すことができないため、無音で動画広告も視聴することになります。
無音でも内容が分かるような動画広告にすれば、ユーザーがどんな場所でも視聴できるため、視聴時間を伸ばすことができます。

④:テロップを活用する

テレビでバラエティ番組などを見ていると、主張したい部分や面白い台詞ではテロップが活用されています。Twitterでの動画広告は、無音視聴が前提になるのでテロップを活用するようにしましょう。そうすれば、ユーザーもより分かりやすく動画広告を最後まで視聴することができます。
パソコンではなく、スマホから視聴しているユーザーが多いということを忘れずに分かりやすいテロップを用いるようにしましょう。

3.まとめ

Twitterは動画広告を多くのユーザーにストレスなく視聴してもらうことができ、拡散まで期待できるので、動画広告手段の中でも是非利用したい媒体です。
更に動画広告が進化する時代に合わせ、ユーザー目線でユーザーの興味を引く動画広告を制作することが大切な動画広告を成功させる秘訣です。

参考:Twitterで話題になるための”スマホ時代の動画” って?/Twitter Japanのジェイクさんに聞いてきた(https://webtan.impress.co.jp/e/2019/02/07/31049

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。