無料トライアルをする

Instagramを活用する企業が増加!Instagramにおける動画広告

Instagramは、SNSの中でも特にここ数年で成長を遂げています。
あらゆる業界の企業がInstagramのアカウントを作って参入してきており、現在では写真の投稿だけではなく動画コンテンツなどによってフォロワーを増やしています。
どういった企業がInstagramに参入して、どのように効果を得ているのか見ていきましょう。

1.企業PRから見るInstagramの現在

Instagramにはさまざまな企業がアカウントを設立していますが、現在では最も多いアカウント数はファッション業界になっています。
以前はメディア業界のアカウントも多かったのですが、ファッション業界は急増している状況です。
ショッピング機能を連携することで、Instagramで売上を伸ばしている企業も多いことからますます注目を集めています。

また、観光事業などのサービスもアカウントが増加しています。
ホテルや旅行などの観光事業を、ハッシュタグを活用することで国内だけでなく海外観光客に発信することができるからです。

2.業界別にみるInstagramの活用方法

業界によってInstagramの活用方法は異なり、得たいと考えている効果も異なるものです。
Instagramを活用している企業の中でも、業界別でトップ企業の活用方法などを詳しく見ていきましょう。

①:食品・飲料業界

食品・飲料業界は大きく2つに分けることができ、メディアタイプとブランドタイプがあります。
メディアタイプは、「Tasty Japan」や「Tastemade Japan」といったレシピなどを発信する料理メディアです。
メディアタイプは、動画をメインに掲載することでユーザーの関心を引くことに成功しています。
動画コンテンツを活用しているメディアに比べると、食品メーカーなどのブランドタイプは画像と動画どちらも利用されています。
お洒落で美味しそうに見える画像だけでなく、アレンジレシピを動画で紹介しているのです。

②:ファッション業界・小売業界・美容業界

ファッション業界や小売業界、美容業界では、「Shop Now」の利用が増加しています。
ただ商品の画像や動画で詳しく商品を紹介するだけでなく、ユーザーが気になればそのまま購入することができるようになったので、より新規参入する企業も増えることが予想されます。
ファッションや小売業界でも動画コンテンツの活用が増えていますが、特に美容業界ではメイク方法などを紹介する動画コンテンツが人気を集めています。

③:エンタテイメント業界

エンタテイメント業界は、「TokyoDisneyResort」や「ウォルト・ディズニー・ジャパン」「日本サッカー協会」などフォロワー数が10万人を超える人気を誇っています。
フォロワー数が多いにも関わらずエンゲージメント率が高いのは、投稿内容に満足性が高いと考えられている証拠でもあり、ファンが忠実にいるということを示します。

3.企業が動画コンテンツを利用する際の注意点

業界別でInstagramの利用方法や、企業の利用状況を紹介してきましたが、やはり画像だけではなく動画コンテンツを利用する企業が増えていることが分かります。
Instagramの動画コンテンツを利用する際には、いくつかの注意点を抑えておく必要があります。
利用前に、しっかりと確認しておきましょう。

①:動画に時間制限がある

Instagramでは、他の動画サイトなどとは違い動画広告に時間制限があります。
投稿できる動画は3秒以上1分以内と非常に短いものになります。
そのため、オーバーしないように時間短縮した動画も多くなっているのです。
レシピなどの動画コンテンツは1分に収めることが大変なので、時間倍速で動画を再生しています。
ただし、長い動画を投稿したい場合にはIGTVを利用すれば最大15分の動画を投稿することができます。
紹介した商品やサービスに応じて使い分けましょう。

②:サイズやファイルに指定有り

Instagramで投稿できるファイルの容量や形式は指定されています。
投稿できるファイルは容量4GB、ファイルはmp4もしくは.movです。
容量が大きくなってしまった場合には動画を圧縮するなどの編集が必要になりますし、形式ファイルではない場合は変更する必要があります。

③:更新頻度

Instagramでは動画だけでなく画像もですが、更新頻度が年々上がってきています。
企業別では食品・飲料やメディア、ファッション業界は特に更新頻度が高くなっているのです。
最も少ない企業でも週に1度は投稿している状況であり、ユーザーとのコミュニケーションツールとして重視されていす。
毎日更新する企業もありますし、フォロワーを増やすのであれば更新頻度は多いほど効果があると考えらえます。

4.まとめ

企業のマーケティングにおいてInstagramは現在では非常に大切なツールになっており、今後もさらに活用が広がることが予想されます。
紹介した活用方法や注意点を参考に、自社サービスや商品のアカウントを設立してみましょう。
ただし、とにかく更新頻度を上げればいいというものではなく、あくまでもユーザーの満足度を高めることが重要であることを忘れないでください。

参考:Instagramの企業アカウント17業界961件を分析!(https://webtan.impress.co.jp/e/2019/02/08/31695

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)