無料トライアル

2019年はVSEOに力を入れるべき!動画コンテンツを活用して成功へ

現在、インターネット上にホームページやブログを持つ企業やサービスは多く、インターネットで検索して見ることが当たり前になっています。
そのため、オンライン上で集客を試みるには「SEO対策」が欠かすことができません。
そして、ここ数年で動画市場も拡大され、動画広告に力を入れる企業も増加しています。
そこで、2019年にはVSEOが重要視されるようになってきています。
VSEOの重要性や対策について詳しく解説していきます。

1.VSEOの概要と重要性

そもそも、VSEOという言葉の指す意味はご存知でしょうか?
VSEOはSEOと関係性のある言葉ですが、動画コンテンツに対して使われます。
VSEOの言葉の意味や、今なぜ重要視されているのか知っておきましょう。

①:VSEOとは

VSEOはVideo Search Engine Optimizationの略で、動画検索エンジン最適化という意味になります。
動画検索においていかに上位に表示させるようにするのか最適化することを指し、動画のSEOと言える言葉になります。
現在、Googleで検索した際に、ホームページなどのコンテンツだけではなくYouTube動画も検索結果として表示されるようになっています。
検索結果は検索エンジンも進化を続け、日々変わってしまうということも少なくありません。そのため、検索エンジンに対しての対策が必要になるのです。

②:VSEOの重要性

なぜSEO対策だけではなく、今VSEO対策が重要視されているのかというと、やはり動画の普及率の高さが理由になります。
当り前のようにパソコンやスマホで動画を視聴する時代になり、企業やサービスは動画を用いた広告を利用するようになりました。
動画広告は、静止画に比べるとユーザーの理解力も高く、コンバージョンが高い広告方法です。
ホームページなどに合わせて動画コンテンツを取り入れることで、SEO対策を更に援護することが可能になります。
今後さらに通信速度も改善されれば、より動画が進化することになりVSEOも求められることになるのです。

2.VSEOにおける対策とは

現在Googleで検索結果としても表示されるようになった動画は、VSEO対策をすることで検索結果の順位も上げることができます。
動画コンテンツの中でも、YouTubeはGoogleに続く世界二位の検索エンジンであり、Googleの動画検索結果でも表示されます。そのため、YouTubeでのアップロードがおすすめと言えます。
YouTubeまたは他の動画配信サービスにおいても同様ですが、どのようなVSEO対策が必要か見ていきましょう。

①:目的を明確にする

SEOでも同じですが、まずは動画の目的を明確にすることは最も重要になります。
何のために動画を作成し、どんなユーザーに何を伝えたいのか明確に設定してから制作しなくてはいけません。
動画がいくら静止画よりも情報を多く理解してもらうことができるといっても、内容が伝わらなければ意味がないのです。
目的を明確にし、そこから動画構成や方向性を決めていきましょう。

②:タイトルにはキーワードを入れる

動画コンテンツでは、タイトルが非常に重要になります。ユーザーが検索に使用するキーワードがタイトルに入っていることで表示されるようになるため、検索ユーザーに対応できるタイトルをつける必要があるのです。
キーワード選定は、検索キーワードツールなどを利用してしっかりと選定しましょう。
ただし、キーワードを羅列するだけではなく、ユーザーの心を掴むようなタイトルにしなくてはいけません。
気になるタイトルやユーザーの悩みを解決できるようなタイトルであれば、ユーザーもクリックして動画を視聴します。

③:説明文とタグもVSEOの対象になる

YouTubeであれば、説明文を入れることができる項目があります。
この説明文もVSEOの対象となるので、動画コンテンツの説明だけではなく、会社や企業の情報やホームページのURLなどユーザーに有益な情報を記載しましょう。
また、動画はタグでまとめることができるので、タグを利用することで過去の動画を繋いで視聴しやすい環境を作るようにしましょう。

④:動画の最後にはアクションを

動画内には、動画制作の目的となる会社や企業のブランディングに繋げるためにロゴなどが使用されるでしょう。
もしサービスに関連する動画である場合には、動画の最後にテキストで電話やメールなどユーザーがアクションを起こせるように記載することが大切です。
動画内に外部リンクを貼るという方法も可能ですが、この方法は収益化を有効にしないと利用することができません。
収益化には審査条件などが厳しくなっているので、初めての場合にはテキストで促すようにする方法がいいでしょう。

3.まとめ

動画市場が拡大していく中で、企業やサービスは今後さらに動画コンテンツに力を注ぐことでユーザーを獲得することができる可能性が高まります。
そのためにもVSEO対策を行うことは重要であり、ユーザーにとって有益な動画制作が求められます。
SEOと同様に、ユーザーファーストであることを忘れずに対策を行い、ユーザー目線から動画コンテンツを見直して制作を試みてください。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)