無料トライアル

セカンドスクリーン?6秒動画広告? 動画マーケティングのトレンドを知って、動画を活用しよう!

ここ数年に動画市場は急速に拡大を見せ、ソーシャルメディアが定着していく中で動画コンテンツはますます進化を遂げています。
2019年になって、更なる加速が期待される動画マーケティングですが、どのようなトレンドになっていくのでしょうか?
動画ビジネスに関わる企業も増加している中で、動画マーケティングのトレンドを押さえることは欠かせません。
動画マーケティングのトレンドを予想し、解説していきます。

1.動画マーケティングとは

動画マーケティングのトレンドを知る前に、まずは動画マーケティングについての基礎的な部分から知っておきましょう。
動画マーケティングとは何かということをきちんと理解した上で、推移していくトレンドについて解説していきます。

①:動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、動画コンテンツを用いて商品や企業の利益を生み出す仕組みを作る手法のことです。
現在ではテレビと同様にオンラインでの動画視聴が定着化し、YouTubeなどの動画配信やSNSを活用した動画広告市場の拡大からも、オンライン市場にて需要が高まっています。
静止画よりも膨大な情報を分かりやすく、そして印象に残りやすくできることからもメリットが多いため、動画はメリットが非常に多いのです。

②:動画マーケティングが取り入れられる目的は?

動画マーケティングを取り入れる目的としては、やはり自社商品やサービスをユーザーに認知してもらい、企業ブランディングすることが目的になります。
そして、新規顧客の獲得や既存顧客のサポート部分も期待できます。
また、商品やサービスの販売促進となるコンバージョンの獲得も目的に含まれています。

2.動画マーケティングのこれまでの推移

動画マーケティングが注目されるようになったのは、インターネットやスマートフォンが普及したここ数年になります。
動画マーケティングのこれまでの推移と変化を見ていきましょう。

①:動画マーケティングにおけるこれまでのトレンド

動画マーケティングが最初に注目されるようになったのは、やはりYouTubeの定着化です。
YouTubeにおける広告が注目されるようになったのが2013年となり、その翌年にはバズ動画や動画SEOがトレンドとなっています。
2015年頃から2016年にかけてFacebookやTwitterなどのSNSが流行し、トレンドは縦型動画がトレンドになったのです。

②:動画広告市場の伸び

動画マーケティング=動画広告と考えられがちであり、そうやって考えられるほどの影響力もあります。
2013年には100億円ほどの市場だった動画広告市場は、2018年では1800億円を超える市場にまで拡大しています。
現在動画広告では、使用されるフォーマットがインストリーム・インフィード・インバナーの3種類があります。
特に2018年に成長したのがインストリーム広告であり、SNSでの利用によって成長・進化を遂げました。

3.今後の動画マーケティングにおけるトレンド

今後の動画マーケティングのトレンドについて見ていきましょう。
動画制作のハードルは年々下がり、誰でも参入できるような環境も整っています。
アプリで撮影して編集までできるようになっているので、スマートフォンでも動画制作が可能になっているのです。
更に一般化されてきた動画市場において、動画マーケティングのトレンドを押さえることは非常に大切なものになります。

①:セカンドスクリーン現象に注目

セカンドスクリーン現象とは、パソコンで動画やテレビを視聴しながら、スマートフォンやタブレットなどのセカンドスクリーンで情報を検索したり買い物をする現象を言います。
スマートフォンを使う時間が長くなるほど、新しいセカンドスクリーン現象が動画マーケティングと広告の対象になります。
違った2つのことを同時に行っていながらも、セカンドスクリーン現象が定着化している現代では無視できない存在といえます。
今後は、上手くセカンドスクリーンを利用することで、ユーザーのエンゲージメントを高められることが期待できます。

②:6秒動画広告がトレンドに?!

アメリカの調査では、6秒の動画広告でも広告主の名前を覚えさせることが可能であり、ブランド認知度も高めることができるとされています。
6秒というと非常に短い時間に感じられますが、動画広告の競争が激しくなるにすれてスマートな広告がニーズになりつつあります。
そのため、手軽に6秒で繰り返されるような動画はトレンドとしての可能性を秘めているのです。

③:ライブ動画が大きなトレンドに

ライブ動画は、現在YouTube、FacebookやLINEなどで提供されていますが、リアルタイムの情報を楽しめることからも注目を集めています。
特にゲーム業界ではライブストリーミングが稼働しており、既にユーザー数はもちろん広告収入でも実績をあげています。
また、ライブ動画によってユーザーと迅速かつ透明なコミュニケーションをとる手段ともなるため、ユーザーにとっても信用度の高いツールになっています。

4.まとめ

動画マーケティングの概要や、トレンドについて紹介してきましたが、2019年以降も動画市場は更なる飛躍が期待できます。
既に市場拡大されていますが、動画マーケティングのトレンドを押さえることで激しい競争の中でもユーザーの関心を集められる動画制作が可能になります。
今後も動画マーケティングの動向や、トレンドに注目しながら動画制作を行っていくことが成功の鍵となるでしょう。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)