5G時代に動画広告はどう変わる?デジタル広告が進化

動画広告市場は急成長を続けており、年々市場が大きくなっています。
今後も更に成長が予想されていますが、その背景にはインターネットの普及と回線速度の発展があります。
4G回線が定着している現代だからこそ、動画コンテンツや動画広告市場が拡大していると言えます。
そして、今後は次世代の5G回線の導入に向けて動画広告がどのように変化していくのかが注目されています。
5G回線時代の到来で、動画広告がどのように変わるのか解説していきます。

5Gで速度は1000倍に

4G回線でも、昔に比べるとインターネットで動画を見るのに速度が遅いと思うことは少なくなった人も多いでしょう。
しかし、やはり現在でも容量が多いものはスムーズに見ることができないといったストレスがあります。
しかし、5G回線が導入されれば、大容量のコンテンツでもスムーズにスマホで見ることができるようになるのです。
5G回線がどれくらい高速になるのかというと、米連邦通信委員会(FCC)によれば5Gは4Gよりも1000倍速くなるというのです。
しかも、遅延は100分の1になるので、ウェブページの読み込みも高速化されることになります。

5G回線によって変化する動画広告

現在の1000倍の回線速度になる5Gでは、容量の大きさやウェブページの読み込み遅延に苛立つこともなく、サクサクと希望のページや動画を見ることができるようになります。
そうすると、5Gによって動画広告はどのように変化をすることが予想されるのでしょうか?

ユーザーの満足度アップ

現在では、ウェブサイトを訪問した際に、サーバーが反応するまでに僅かな遅れがあります。
本当に僅かな遅れなので数秒もかからないほどですが、これが訪問者を記事やサイトから離す原因となってしまっています。
しかし、5G回線になることで遅延を取り除くことができるようになります。
そうすれば、動画広告の読み込みもスピードアップするので、ユーザーとしても満足感が高まるでしょう。
動画広告の読み込みによって遅延が起こるといったマイナス要素が取り除かれるため、より一層ナチュラルに動画広告がウェブに広がっていくことが予想されます。

より高画質へ

5G回線になることで、処理できるデータ量が増加します。
そうすると、これまでは高画質になると処理に時間がかかってしまい、視聴される前にユーザーが離れるという事態もありましたが、解像度の高い広告でも活用できるようになるのです。
4K動画といったような高画質の動画広告を用いられるようになれば、よりユーザーに対して伝達力やアピール力を高めることができるようになります。
そうすれば、動画広告の成果も高まることが期待できるのです。

動画広告が複雑化される

5G回線はデータ交換や取得の安定感だけでなく、スピードを高めてくれます。
そのため、動画広告はより一層複雑な広告が配信できるようになるのです。
5Gを活用すれば、モバイルはサーバーに匹敵するほどの解釈力を持つようになるため、サーバーを通すことなくコンテンツが瞬時に配信できるようになるのです。
それに伴い、新しい技術も導入されることが予想されるので動画広告も一層複雑に進化を遂げることが予想されます。
広告主側としては、新しいさまざまな広告フォーマットの登場に伴い、価格設定やオプションなども多様化されるでしょう。

5Gの導入はいつ頃になるのか?

日本では5Gの導入は2020年に商用化が見込まれています。
5Gを実現するための研究開発は2015年からスタートしており、2017年からは技術検証が行われています。
しかし、5G導入にあたっては国際連携が必要になります。
世界各国で利用できるように国際的に周波数が合わされることになるので、日本だけの問題ではないのです。
そして、アメリカでは既に2018年から5Gの提供が始まっています。
2018年10月1日より、アメリカのベライゾンというモバイル通信会社が、5G通信の一般向けサービスの提供を世界で初めてスタートさせたのです。
ただし、現在の4Gとは違って、5Gの電波を受信できる専用ルーターを申し込まなくてはいけません。
しかも、対応エリアも限られているだけでなく、家庭用なので持ち運ぶことができません。
そういった中、2018年12月20日からアメリカの大手通信会社であるAT&Tは、5Gのモバイルルーターのレンタルを開始しました。
こちらは、一般向けではなく、企業や個人に専用ルーターを無償で提供するといったテスト段階です。
そして、2019年春には一般向け発売が決まっているので、普及が期待されています。

まとめ

いよいよ5Gが実用化され、5Gがスマホでも対応できるようになれば動画広告市場は大きく変化を見せます。
もちろん、動画広告市場だけではなく多くの市場で変化が見られることになるでしょう。
5Gが導入されるようになれば、Wi-Fiやケーブルも必要ない状態になることが考えられます。
5Gプロバイダに直接接続すればいいほどの速さで通信することができるからです。
そうなると、動画広告にはよりクオリティや技術が求められるようになるでしょう。
新しい通信回線の時代に、動画広告の成長と躍進が期待されます。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。