無料トライアル

動画SEOはしないと損!?いますぐ動画SEOに取り組むべき理由

この数年でスマホやインターネットが普及したことによって、動画コンテンツは急速に定着化しています。
画像や文字に比べると訴求力が高いことはもちろんですが、SEOにおいても効果的なのです。
「SEO」と聞くと、文章における対策というイメージが強いので、動画に関しては有効ではないのではないかと思われているかもしれません。
しかし、実際は動画にもSEO効果は抜群であり、しなくては損とも言えるのです。
今回は、動画SEO(VSEO: Video Search Engine Optimization)について詳しく解説してきます。

動画SEOとは

そもそも、動画SEOとはどういったものであるのかを知っていきましょう。
動画をより多くの人に見てもらうためには、まず動画の検索上に表示されなければなりません。
そのために、動画を検索エンジン最適化することが動画SEOとなります。
しかし、テキストが含まれていない動画であるのに、SEO効果があるというのは不思議だと思う人も多いでしょう。
Googleなどの検索エンジンでは、動画の内容まで読み取ることは出来ないので、評価する基準はタイトルや説明文などのテキスト情報なのです。

動画SEOは本当に効果があるのか?

これまで、SEOと言えばテキストメインでしたが、最近では動画コンテンツがテキストなどに比べてSEOにおける有効性が高いとされています。
これは、実際に調査結果でも立証されており、アメリカの調査会社によると「動画コンテンツを含むWEBサイトは、動画コンテンツを含まないWEBサイトと比較して約53倍の確率で検索結果1位に表示される」としています。
動画SEOの効果があることが立証されているということは、動画コンテンツを制作するにあたってしないわけにはいかないとも言えるでしょう。

参考:
ビデオSEOで53倍の成果、ソーシャルメディア経由ユーザーは検索経由ユーザーに比べ視聴時間が長い 【アメリカ最新動画活用事情】 (1/4):MarkeZine(マーケジン)

動画SEOで設定すべき内容

動画SEOでは、検索エンジンで上位に表示されるように対策をします。
ユーザーのニーズに沿った検索結果を出すことが検索エンジンの役割なので、ユーザーのニーズに合ったキーワードを使用することが重要です。
どのような項目に、どのように設定するのか説明していきます。

タイトル

動画の内容を表すタイトルは、投稿された動画の内容を判断する非常に重要な役割となります。
もちろん内容に直結しているタイトルであり、その動画を探しているユーザーが検索するであろうキーワードが入っていなければいけません。
多くの人が検索すると予想されるワードを設定することで、視聴数の増加を期待できます。
また、タイトル中のワードの前に「#」を入れれば、SNSに投稿する際にハッシュタグ化することも可能です。

動画の説明文

どういった動画であるのか、タイトルでは短絡的に納めなくてはいけませんが、説明文ではしっかりと記載することができます。
この説明文中に、ユーザーが検索時に使用することが予想されるキーワードを含ませることで、検索順位が上がる可能性が高まります。 ただし、キーワードを意味なく羅列しても意味がありません。
また、動画を複数挙げている場合には、説明文中に他の動画のリンクを埋め込むことも再生回数や視聴回数を増やすのに有効な手段です。
公式サイトのリンクも埋め込めば、動画を視聴して関心を持ったユーザーが、サイト訪問することができる導線を作れます。

サムネイル

サムネイルは動画の1つのシーンを切り取った静止画のことで、動画一覧ページや検索エンジンでの検索結果で表示されます。
サムネイルはキーワードなどが関係ないためSEOとは関係のないように感じられますが、サムネイルによってユーザーが動画を視聴するかどうか判断するので、とても大切な部分になります。
説明文やタイトルを見ることなく動画を見るユーザーも多く、そういったユーザーはサムネイルで判断して視聴しています。
そのため、サムネイルは動画の内容を最も表している場面を選ぶ必要があります。

動画SEOはYouTubeがおすすめ

動画SEOを行うのであれば、やはり今はYouTubeが最も強いと言えます。
YouTubeはGoogleに次ぐ検索エンジンとなり、Googleで検索した場合もYouTubeの動画が検索結果に表示されます。
もちろんニコニコ動画などの他のメディアなどもありますし、Googleの検索結果にも出てきますが、GoogleとYouTubeはグループ会社なのでアルゴリズムの相関性が非常に高くなっています。
そのため、Googleの動画検索でも上位に表示されやすい傾向になっているのです。
また、YouTubeは登録やアップロード方法も簡単なので、初心者でも参入しやすいのが魅力と言えます。
これから動画SEOを始めるという人にはYouTubeが最もおすすめです。
ただし、YouTubeでの動画SEO対策をするのであれば、上記で説明したもの以外にも、SNSでのシェアやカテゴリ、チャンネル概要、投稿頻度などさまざまなものを対策する必要があります。

まとめ

今では当たり前に定着しつつある動画は、今後さらに進化を続けて普及していくことは間違いありません。
その中で、動画をより多くのユーザーに視聴してもらうには動画SEOは欠かすことのできない対策です。
動画を投稿したのに結果が出ないという人や、これから投稿するという人は、まず動画SEOについて知って対策をしてみてください。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)