リターゲティング広告とは?仕組みや押さえておきたいポイントまで徹底解説

インターネット上にはさまざまな広告がありますが、上手く活用することで関心のあるユーザーに向けてピンポイントアプローチができる「リターゲティング広告」はご存知でしょうか? リターゲティング広告という言葉は聞いたことがあるけれど、実際には詳しくどういった広告であり、どのような仕組みか分からないという人のために分かりやすくリターゲティング広告について解説していきます。 今更人に聞けないという人は、ぜひ読んで理解を深めてください。

リターゲティング広告の概要や目的

そもそもリターゲティング広告はどういった広告にあたるのか知っていきましょう。 インターネット上で広告を発信するには、目的に応じた広告手段を取らなくてはいけません。 やみくもに発信をしても成果は得られないので、まずはリターゲティング広告がどういった広告であり、目的に合った広告であるのかを知る必要があります。

リターゲティング広告とは

リターゲティング広告は、1度自社のWEBサイトを訪れたことのあるユーザーに対して、サイトを離脱した後も追いかける広告です。 他のWEBサイトを見ている時やインターネットサーフィンをしている最中に、一度訪れたことのあるサイトの広告を見たことがありませんか? それがリターゲティング広告になります。

リターゲティング広告の目的

リターゲティング広告が利用される目的は、自社サイトへの来訪によってコンバージョンに繋げることです。 1度目に訪問した際のユーザーの9割はサイトから離脱しているとされており、コンバージョンレートは10%未満と言われています。 これは、WEB上にはたくさんの情報があり、他の情報と比較することができるため、一度目ではユーザーが即決することがほとんどないからです。 しかし、このユーザーを逃さないために、離脱した後も追跡できるように生まれたのがリターゲティング広告となります。

リターゲティング広告におけるメリット

リターゲティング広告を利用することによって、自社サイトを離脱したユーザーを追うことにはどういったメリットがあるのかというと、コンバージョンレートが高くなるという点が大きなメリットです。 一般的に継続して利用する場合、新規ユーザーとリピーターとではコンバージョンレート率が高くなります。 これは、一度訪問したことのあるサイトの方が直感的に納得しやすいことが挙げられます。 また、一度訪問していることからもどういった購入方法であるのか理解しているため、より障壁が少ないのです。 こういったことから、新規客よりもリピーターの方がコンバージョンレートは高く、リターゲティング広告によってリピーターを追うことへと繋がるのです。

リターゲティング広告の仕組み

リターゲティング広告がどういった広告なのか理解できたと思いますが、一体どういった仕組みでユーザーを追跡しているのでしょうか? リターゲティング広告の仕組みを見ていきましょう。

cookie機能を利用している

リターゲティング広告でユーザーを追跡するために使用されているのが、ブラウザの「cookie」機能です。 cookie機能とは、ブラウザを通してユーザーが使用する使用端末にデータを書き込んで保存をさせる仕組みになっています。 ユーザーが再びサイトを訪問した際に、cookie機能によってWEBサイト側がユーザーを識別して個人に対応したページを表示することができるのです。 例えば、ログインしたことのあるWEBサイトを訪問すると、自動的にログインに必要なIDが入力されていることなどがcookie機能によるものであると言えます。

タグの埋め込みが必要

リターゲティング広告ではcookie機能を利用していますが、cookieをユーザーに付与するにはタグが必要となります。 サイトの特定のページにリターゲティング用のタグを設置し、ユーザーが訪れることでブラウザを経由してcookieが付与されることになるのです。 その付与されたcookieが目印となって、ユーザーが他のサイトを見ている場合にでも自社の広告を表示させることができるようになります。

リターゲティング広告で重要なポイント

リターゲティング広告は、サイトの特定のページに設置されたタグによってユーザーにcookieが付与されることで追跡することが出来ることが分かりました。 この仕組みの中でとても大切な役割を果たすものが「リスト」と呼ばれるものです。 リストとは、cookieが付与されたユーザーの一覧です。 ユーザーごとにセグメント分けしてリスト化することができるので、自分の広告戦略に合った分け方でリストを作成します。 例えば、「特定のページを訪問したユーザー」「購入したユーザー」「特定の性別や年齢」などさまざまなセグメントでリストが作れます。 このリストごとに広告の発信を分けることができるため、より効果的なターゲティングが可能となるのです。 つまり、目的に応じたリストを作成することで、リターゲティング広告は一層効率よく利用することができるようになります。

まとめ

リターゲティング広告は、効率的にターゲティング出来る上に、取りこぼしを逃すことなくユーザーを掴むことができる可能性の高い広告方法です。 提携サイトのネットワークを持つ広告サービスに広告を出稿し、その中で提携先広告枠に広告が表示されます。 まずはGoogleやYahoo!といった大手サイトから運用を始めてみましょう。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。