TikTokにおける動画広告の活用や効果とは?

SNSは現在FacebookやInstagramなどさまざまなものがありますが、その中でも2018年に急成長を見せたのが「TikTok」です。 ユーザー数はどんどん増加傾向になり、女子中高生だけではなく20代や30代の男女へと広がっています。 そのため、TikTokを広告媒体として利用することも注目されており、運用型のインフィード広告も2018年10月からテスト配信が開始されたことでまずます広告媒体としての入り口が広がりました。 そこで、TikTokにおける動画広告の活用や今後の展望など詳しく解説していきます。

TikTokにおける広告手法

TikTokに掲載できる広告は準広告のみでしたが、運用型の広告もテスト配信がされています。 現在TikTokで利用することができる広告メニューについて見ていきましょう。

・アプリ起動画面広告
TikTokを起動した時に全画面で表示される広告です。 そのため、ユーザーの目に確実に留めることができ、希望のランディングページに誘導することができます。 1日1社限定の配信となるため、競争率も費用も高くなっています。

・#チャレンジ
ハッシュタグ(#)を活用して動画投稿をユーザーにも参加してもらう形になります。 アプリ内のコンテンツとしてユーザーが受け入れるため、キャンペーンを拡散しやすくなります。

・インフィード広告
インフィード広告はTikTok起動後に出てくるページ上に表示される広告です。 一般の投稿と同じような形式で表示されるので、ユーザーに対してナチュラルに閲覧してもらうことができます。

運用型のインフィード広告の特徴とは

TikTokでテスト配信されている運用型のインフィード広告が他の純広告と違う点は、広告の配信アルゴリズムにAIを活用しているという点です。 ユーザーがどういった視聴を好んで見ているのか個人の嗜好を予測して広告を配信することができます。 そのため、特定のユーザーにピンポイントでアプローチすることができるようになり、ランディングページへと誘導もしやすくなります。

インフィード広告のテスト配信の結果

TikTokのインフィード広告のテスト配信は、さまざまな業種の企業が参加していました。 今後のTikTokにおける動画広告の拡大に向けて必要なテスト配信であったため、その結果がどのようになったのか注目されています。

効果的なクリエイティブで作成

TikTokの動画広告では、「TikTok風にする」「広告メッセージを優先させる」「その中間」という3パターンのクリエイティブによって作成されます。 どのパターンが有効かはブランドや商材、また広告の目的によっても異なるため、最適なクリエイティブで作成する必要があるのです。 TikTok風にするということは、多くのユーザーが投稿しているような内容に寄せたフォーマットとなり、TikTok風にすることでCTRを高めることができることが分かりました。 一方で、広告メッセージを優先させると、CVRが高くなる傾向にあったのです。 反応を見ながらどのクリエイティブに重点を置くか判断して配信マネジメントをすることが重要なのです。

アルゴリズムを最大限に生かす

TikTokといえば、やはり優秀なアルゴリズムが特徴といえます。 目標獲得単価に合わせて配信することができるアルゴリズムは、最適化機能を持っているので最大限に生かすように配信設計が組まれています。 アプリのインストールキャンペーンにおいては目標CPIを超える配信はなく、ブランディング目的の広告においてもCTRは平均で1%以上になったとTikTokサイドは発表しています。 このことからも、豊富な訴求表現が広告効果に素晴らしい影響を与えると言えるでしょう。

今後のTikTokにおける動画広告の展望

TikTokはこれまで10代に人気のイメージが強かったのですが、2018年の調査によると日本国内の新規ユーザーの30%以上が26歳以上だったそうです。 このことからも、今後は若年層から20代・30代へと年齢層が高まっていくことが期待されます。 ユーザーの変化によってTikTokにおける動画広告も需要が一層高まることが予測されています。 しかも、TikTokのユーザーは広告に対しても一般の投稿と同様に「いいね」やコメントをつける傾向にあります。 つまり、広告として捉えるというよりもコンテンツとして捉えているため視聴して広告自体をユーザーが楽しんでいるのです。 このことからも、コンテンツとして違和感のないクリエイティブが広告として成功する可能性を感じられます。 今後さらにTikTokの動画広告が進化することにより、TikTokのトレンドを掴みながらクリエイティブを表現していく必要があるでしょう。

まとめ

2019年もTikTokは進化を続け、動画広告としても更なる拡大市場となることが期待されます。 TikTokの運用型広告とその他の広告を組み合わせながら、運用型広告の運用自動化を進めることでスピーディーに対応することがキーポイントとなりそうです。 また、流行りに敏感なTikTokだからこそ流行りを読み取ってクリエイティブに生かしていくことが必要とされます。 InstagramやYouTubeの動画広告とは違ったTikTokならではの適用力を求められることとなるでしょう。

参考:TikTok広告の活用法・効果は?セプテーニ「TikTok LAB」の研究結果から見えてきたこと

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。