YouTubeの動画広告の特徴とは?動画広告の出稿方法を紹介

YouTubeといえば、世界中で多くの人が利用している動画共有サービスです。 世界最大といえる規模であり、10億人以上ものユーザーが利用しています。 そのため、動画広告としても注目度が高く、利用しない手はありません。 YouTubeの動画広告の特徴を知って、自社にあったスタイルの動画広告でYouTubeに動画広告を出稿しましょう。

YouTubeとは

YouTubeの動画広告について解説する前に、知っている人も多いかもしれませんが簡単にYouTubeについて知っておきましょう。 YouTubeはアメリカのYouTube社が運営をしている動画共有サービスです。 全世界に10億人以上のユーザーが利用しているとされ、パソコンやスマホで気軽に動画を楽しむことができます。 日本国内においては、ユーザーは年々増加傾向にあたり、2018年においてはネット人口の8割が視聴している動画コンテンツにまで発展しています。 ニールセン社の調査によると、スマホでYouTubeを利用している日本国内のユーザーは毎月4500万人にも上り、動画市場においてトップを誇っています。

YouTubeにおける動画広告とは

YouTubeが日本でもユーザー数が多く、その分動画広告においても大きな効果を期待できることが分かります。 そのため、年々YouTubeの動画広告に介入している企業は増加傾向にあります。 そこで、YouTubeにはどういった動画広告があるのか特徴を知っておきましょう。

TrueViewインストリーム広告

TrueViewはYouTubeの提供する動画広告のフォーマット名称となり、インストリーム広告とは動画の再生前後もしくは途中で再生される広告になります。 TrueViewインストリーム広告は、投稿された動画に挿入される形の動画広告となるため、ユーザーの目に留まりやすくなっています。 しかも、再生開始から5秒経たなければユーザーはスキップ出来ないため、確実に視聴してもらうことが出来るのです。 料金の課金は、ユーザーが30秒間視聴すると課金される仕組みなので、30秒以内の視聴であれば課金されません。

TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告は、インディスプレイ広告のことです。 YouTubeにおける検索結果の一部や関連動画の横などに表示されるタイプの広告となり、ユーザーが動画を探している場面にて表示されます。 ユーザーがサムネイルをクリックしなければ動画は再生されず、クリックして動画を視聴することで課金が発生します。

バンパー広告

バンパー広告は、TrueViewインストリーム広告と同様で、動画の再生前後や途中に広告が再生されます。 ただし、TrueViewインストリーム広告との違いは、動画広告の長さです。 TrueViewインストリーム広告は30秒以上の長編動画広告となりますが、バンパー広告は6秒以下の短編動画広告になります。 そのため、ユーザーはバンパー広告をスキップすることは出来ず、視聴に繋がることがメリットです。 広告が1000回表示されるたびに課金が発生します。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告はモバイル専用の広告になるため、スマホやタブレットユーザーに向けて発信されます。 アウトストリーム広告の場合、YouTube以外の外部WEBサイトやアプリなどで表示されます。 そのため、YouTube以外のユーザーへのアプローチもすることができ、さまざまな場所に掲載してリーチ拡大することができます。 料金としては、動画広告の面積の50%以上が2秒以上視聴された場合に課金されます。

YouTube動画広告を出稿する方法

YouTubeにおける動画広告の種類を紹介してきましたが、いざ作成した動画広告を出稿するのはどうすればいいのか知らない人も多いものです。 YouTubeにどのように動画広告を出稿すればいいのか手順を紹介します。

Google広告から作成する

YouTube動画広告の作成をするには、Google広告のホームページから行います。 そのため、事前にGoogle広告のアカウントを作成しておく必要があります。 ログインすると、「キャンペーン」内の「+」をクリックして、「新しいキャンペーンを作成」を選択します。

目的と詳細入力

次に、広告で達成したい目的やキャンペーンタイプを選択します。 達成したい目的によって選べる広告の種類が変わるので、動画広告の場合はキャンペーンタイプに「動画」があるものを選びます。 そして、配信する広告の管理名となるキャンペーン名や、予算、広告の開始日と終了日、言語など細かい詳細を入力していきます。 その次に、広告グループの作成をして入力作業は終了します。

動画広告を作成する

細かい設定などを入力したら、いよいよ配信するYouTube動画を指定していきます。 あらかじめ作成しておいた動画広告を検索して選択すると、プレビュー画面が映し出されます。 そして、動画広告のフォーマットやリンク先URLや広告名などの各項目を入力し、「保存して次へ」をクリックします。 正しく全てが入力されていれば、キャンペーンが整ったことを知らせるページが表示されます。 そして、「キャンペーンに進む」ボタンをクリックすれば、動画広告が配信されるようになるのです。

まとめ

YouTubeは動画共有サービスにおいて世界でも最大手なので、動画広告においては最も大きな成果を期待することができます。 出稿が難しそうだと考える人もいるかもしれませんが、Google広告を通じてYouTube以外の場所でも出稿できるのでメリットも非常に大きくなっています。 まずは、コンセプトから考えて動画広告を作成してみるところから始めてみましょう。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。