Facebookのストーリーズ広告とは?Facebookで動画広告を始めよう

Facebookといえば世界最大のソーシャルネットーワークと言われ、日本を含め世界中の人が利用しています。
そのため、企業宣伝や広告媒体としても注目されてきたFacebookですが、2018年9月よりFacebookストーリーズにおける広告配信が可能となり、ますます広告媒体としての注目度が高まっています。
ストーリーズ広告とはどのような広告であり、どうやって活用すれば良いのでしょうか?

Facebookストーリーズ広告とは

Facebookにおける広告はインフィード広告のみでしたが、ストーリーズ広告が導入されることによってFacebookにおける広告効果の幅が広がりました。
ストーリーズ広告の特徴や、従来のインフィード広告との違いについて見ていきましょう。

ストーリーズ広告の特徴

ストーリーズ広告は、Facebookのニュースフィード上部にあるストーリーズ部分に出稿することができる広告です。
縦長のフルスクリーンを利用して、動画広告を配信することができます。
全画面で動画広告を配信できることから、ユーザーの関心を高めてアクションに繋げることができる広告なのです。

インフィード広告との違い

Facebookに従来からあるフィード広告は、ニュースフィードに表示されるもので、一般投稿と同じように表示されることから自然と目に入りやすいことがメリットとされていました。
しかし、ストーリーズ広告は表示される場所はストーリーズ部分なので異なりますし、仕様も全く異なります。
ストーリーズ広告は、5~15秒の動画で瞬間にキャッチできる広告を配信することができます。

ストーリーズ広告を活用するメリットとは

これまでのインフィード広告とは違った新しい広告媒体としてストーリーズ広告が注目されている理由は、ストーリーズのシェア数はFacebook上においてフィードでのシェア数を2019年中に超えることが予想されているという点があります。
ストーリーズ広告を活用することで得られるメリットについて見ていきましょう。

ユーザーに直感的なアプローチができる

ストーリーズ広告を活用することで、ストーリーズ広告ならではの効果が期待されることが最大のメリットです。
ストーリーズ広告では動画によって、商品やサービスを映像や音を組み合わせてアプローチすることができます。
そのため、ユーザーに商品やサービスについて分かりやすく知ってもらうことができ、静止画のインフィード広告よりも多くの情報を短時間で届けることができるのです。
しかも、ストーリーズ広告はスキップすることもできますが、動画再生時間が短いのでユーザーはスキップする前に広告を見終われるようになっています。
つまり、他の媒体であれば関心のない動画広告はスキップされてしまいますが、ストーリーズ広告ではユーザーに広告自体を最後まで見てもらうことができやすいのです。

ユーザーをアクションに繋げやすい

ストーリーズ広告では、動画の中にランディングページへのリンクを埋め込むことができます。
そのため、ストーリーズ広告を見て関心を持ったユーザーは、検索することなくそのままアクションすることができるのです。
そのため、ユーザーにとっても面倒な手間がなく、手軽にアクションへと繋がります。
Facebookによれば、ストーリーズ広告で関心を持った58%の人は、詳細を見るためにWEBサイトを閲覧していますし、その半数が購買などのアクションに繋がったと回答しています。
このことからも、ストーリーズ広告は他の動画広告と比べても、具体的なアクションが期待できる広告媒体と言えるでしょう。

精度の高いターゲット機能

ストーリーズ広告では、Facebookだからこその精度の高いターゲット機能を活用することができます。
Facebookにおける繋がりを活用したリーチや、ユーザーの趣味や関心によるターゲティングなどによって、より効果的に適切なユーザーへと配信することができるのです。
また、広告効果測定ツールを利用すれば、さまざまな指標を用いて今後のキャンペーンに向けたインサイトを得られます。

ストーリーズ広告の出稿方法

Facebookのストーリーズ広告を出稿するには、Instagramのストーリーズ広告と同様に、広告マネージャーを使用して出稿します。
そのためには、FacebookアカウントとFacebookにおけるページが必要になるので、事前に準備しておきましょう。
広告マネージャーからは目的やターゲット、配置を設定すれば手軽に出稿することができます。
ただし、動画広告は以下の要件を満たしていなくてはいけません。

・再生時間 最大15秒
・アスペクト比 16:9~1.91:1
・ファイルサイズ 最大4GB
・動画の幅 最長500px
・動画タイプ mp4、.mov
・動画画質 H.264圧縮、正方形ピクセル、固定フレームレート
・音質 ステレオAAAオーディオ圧縮

これらの要件を満たしていない場合には、広告配信に問題が発生する可能性があります。

作成した広告はプレビューにて表示確認することができます。

 

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。