LinkedInを活用した動画広告が今注目されている!!

LinkedInは、世界最大級と言われるビジネスに特化したSNSです。
日本ではまだまだ知名度が高くないかもしれませんが、全世界で5億人を超えるビジネスパーソンが利用しているというFacebookやTwitterよりもユーザーが多い巨大なネットワークを持つSNSなのです。
日本でも徐々に広がりを見せるLinkedInをいち早く動画広告で利用する企業も増えてきており、今LinkedInにおける動画広告が注目されています。
LinkedInにおける動画広告とはどういったものとなり、どのような効果を得られることが期待できるのでしょうか?

LinkedIn とは

LinkedInは、ビジネスパーソンが自分の経歴などをアピールしたり、各業界の情報を収集することができるSNSです。
LinkedInが世界的に有名なビジネス特化型SNSとは言え、日本においては定着していないので詳しく知らない人も多いでしょう。
まずは、LinkedInについて紹介していきます。

 LinkedIn のユーザー層

LinkedInはビジネスに特化しているということもあり、利用しているユーザーは30~50歳という働く社会人を中心に構成されています。
ユーザーの71%はアメリカ以外の国に居住していて、フランスやイギリス、オーストラリア、カナダなど先進国での利用者が多い傾向となっています。
ユーザーの57%は企業利用していることから、企業での利用も多いことが分かります。
そのため、LinkedIn経由でのBtoBマーケティングを行う企業が盛んとなっているのです。

LinkedIn における動画広告とは

LinkedInは徐々に成長を見せているSNSであり、成長と共に広告収入も成長しています。
2015年から2016年にかけては30%も近くも上昇し、2018年にも20%近くの成長率となり少しずつ堅実に成長をしています。
そして、これまで通常投稿のみでしか動画をニュースフィードに流すことができませんでしたが、2019年に動画広告も導入されるようになりました。
どのような動画広告が可能になったのか紹介していきます。

LinkedIn における動画広告とは

LinkedInは徐々に成長を見せているSNSであり、成長と共に広告収入も成長しています。
2015年から2016年にかけては30%も近くも上昇し、2018年にも20%近くの成長率となり少しずつ堅実に成長をしています。
そして、これまで通常投稿のみでしか動画をニュースフィードに流すことができませんでしたが、2019年に動画広告も導入されるようになりました。
どのような動画広告が可能になったのか紹介していきます。

これまでのLinkedIn における広告

動画広告のサービス開始までは、テキスト広告やスポンサードコンテンツ、ダイナミック広告などがメインとなっていました。
テキスト広告は、ユーザーのフィード右側に常に表示される広告で、小さなサムネイル画像と説明文で更生された基本的な広告です。
スポンサードコンテンツは通常の投稿ですが、ユーザーに通常の広告よりも多く目を留めてもらえる広告です。
こちらも画像と文章で更生され、ビデオも投稿することができます。
また、ダイナミック広告は、ユーザー個々に適した広告を表示させる仕組みの広告です。
コンテンツやプロフィール画像がターゲットによって変化させることができます。

動画広告

LinkedInにおける動画広告は、LinkedInフィールドに表示されるスポンサードコンテンツ広告になります。
表示されると同時に動画が再生されますが、最初は音声がオフの状態になっています。
長さ3~30秒の動画までが可能となり、ターゲティング機能によって役職や業界などを設定することができます。
2017年以降から広告主に対してテスト導入したところ、通常広告の3倍以上のエンゲージメントが高まったという結果が出ています。
ブランドの認知や製品やサービスのデモなどを目的に利用することができます。

会社ページ上における動画配信

LinkedInでは、個人のページだけではなく会社のページを持つことができます。
会社ページでは、会社概要や社風などを公表して、訪問者に会社について知ってもらうことができるようになっているのです。
その会社ページでも動画が公開できるようになり、より会社について直感的に理解してもらいやすくなったのです。
動画広告だけではなく、会社ページにおいて動画配信をすることで訪問者と会話に繋げる確率を高めることができます。

LinkedIn にて動画広告を始めるメリット

SNSといえばFacebookやInstagramなどもある中で、特異性のあるLinkedInにて動画広告を始めることにメリットはあるのでしょうか?
今LinkedInの動画広告が注目されている理由がメリットにあります。

BtoBマーケティングに強い

ビジネス特化型のSNSだからこそ、他のSNSにはないビジネスパーソンの登録数の多さが魅力になります。
そしてLinkedInの最大のメリットといえば、BtoBマーケティングに活用できるサービス展開に力を入れていることもあり、BtoBマーケティングに強いことがメリットです。
LinkedInでは個人だけではなく企業にも辿りつくことができ、意志決定者を特定しやすくなっています。

詳細なターゲティングによるアプローチ

LinkedInではアカウントが名刺代わりになるため、自身のスキルや経歴など詳しい情報を記載します。
この詳しい情報を元に、LinkedInの広告では詳細なターゲティングでより適したユーザーへとアプローチをすることが可能になるのです。
業種や会社のつながりなどかなり細かいターゲティングが、他のSNSとは違う部分であると言えます。

動画広告の成長が期待できるLinkedIn

LinkedInは動画広告のフォーマットが追加されたことにより、これまで以上に注目度が高まっていることは確かです。
グローバル化に向けて日本の企業が利用することも増え始めていますし、今後国内認知度も高まることが期待できます。
だからこそ、先駆けとして他社が参入する前にLinkedInの動画広告を利用してみましょう。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。