Twitter広告の特徴とは?有効活用する方法を知ろう!

最近ではテレビや雑誌などの広告を上回る広告媒体となっているのが、SNSの広告です。
広告が高いだけではなく、簡単に誰でも出稿できるという点からも活用する企業が増えています。
その中でもTwitterは利用者も多く、情報拡散も可能です。
今回は、Twitter広告の特徴やメリットを知って、Twitter広告が有効活用するための方法を解説します。

Twitter広告の特徴とは

Twitterは、タイムリーに状況や考えなどを呟くことができ、芸能人など有名人なども利用している人気の高いSNSです。全世界で3億人以上のユーザーが利用し、日本国内でも5000万人近い人が利用しています。
Twitterでは利用者がつぶやいたり画像・動画を投稿するだけではなく、企業が広告を出稿することも可能です。
Twitterにおける広告の特徴を見ていきましょう。

若年層のターゲティングに強い

Twitterを利用しているユーザーは、若年層が多いです。
10・20代の若年層が50%近くを占め、30・40代が20%ほどとなるため、Twitter広告は若年層にアプローチすることができるのです。
しかも、Twitterであればフォロワーだけではなく、リツイートされた投稿が不特定多数に届くので幅広く拡散されていきます。

二次拡散が狙える

Twitter広告の料金形態は、成果報酬型の課金方式です。
ユーザーが閲覧や返信など行動を起こすことで、課金が発生するのです。
しかし、この課金は一時拡散にのみ発生するため、それ以降の二次拡散以降は料金が発生することはありません。
つまり、二次拡散されるほど広告コストが抑えられることになります。

Twitter広告の種類や表示場所

Twitter広告は、動画を含め5つの種類があります。
広告内容やユーザーへの効果などは種類によって違いがあります。
Twitterにはどのような広告があり、どういった場所に表示されるのか解説していきます。

プロモアカウント

プロモアカウントは、「おすすめユーザー」やキーワード検索の結果でタイムラインやユーザー欄に表示されます。
そのため、フォロワー数を増やしたい場合や、ブランドの認知度を上げたい場合に向いている広告の種類です。
料金形態はオークション制ですが、フォローされた時点で課金が発生します。

プロモツイート

プロモツイートはタイムラインに表示され、一般ユーザーのツイートのような形態で表示されます。
そのため、自然と目に入りやすいことが特徴です。
また、目的に応じた幅広いツイートを配信することができ、目的によって課金対象が変化します。

プロモトレンド

プロモトレンドは、トレンド欄と呼ばれる「その日話題になっているキーワードや#(ハッシュタグ)ツイート」が表示される部分に表示される広告です。
一般ユーザーのツイートのように表示されるだけではなく、トレンド欄は多くのユーザーが目にするため認知度を高めることができます。
ただし、1日1社の出稿と決まっているので競争率は高く、広告費も高額になります。

プロモビデオ

プロモビデオは、プロモツイートを利用した動画広告です。
投稿内容が動画であるだけで、基本的な部分はプロモツイートと変わりはありません。
しかし、動画なので、画像や文字だけの広告よりも強い印象を残すことができます。
課金方法は2種類あり、動画の50%以上が表示された状態で2秒経過した場合、もしくは動画全体が画面に表示されて3秒経過した場合になります。

インストリーム動画

インストリーム動画は、ユーザーがTwitter上で再生しようとしている動画の前に再生される動画広告です。
動画の本編前に再生されるので、ユーザーの目に必ず入ります。
広告が6秒以上ある場合には、6秒を経過してからユーザーの判断でスキップできるようになっています。
課金対象は、プロモビデオと同様です。

Twitter広告の有効的な活用方法とは

Twitter広告の特徴や種類を紹介してきましたが、Twitterの特徴やメリットを生かした上で広告目的に合った活用をしなくてはいけません。
Twitter広告を有効的に活用する上で、押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

ターゲット層に合った広告・商品であるか?

Twitterを利用しているユーザーは冒頭でも述べたように、10~30代が中心となる若年層になります。
これらのターゲット層の男女に合った広告内容や商品でなくては、広告を出稿しても拡散や効果を得られる可能性が低くなります。
反対に言えば、ターゲット層に合った広告であれば、有効的にプロモーションできると言えるでしょう。

二次拡散を狙えるかどうか

Twitter広告の最大の特徴、そしてメリットとも言えることは「二次拡散」です。
二次拡散になるほど広告としての効果が高まります。
しかし、二次拡散されるためには、話題性やインパクトがなくてはなりません。
もし商品自体に話題性などがなくても、広告キャンペーン次第で話題やインパクト性を高めることは可能です。

Twitter広告だからこそキャッチーな「言葉」が重要

Instagramなどの他のSNS広告や、YouTubeなどの動画広告と比べると、Twitterは「言葉」がとても大切です。
短い言葉でタイムリーにユーザー達が呟く場所であるからこそ、広告においてもキャッチーでインパクトや面白さのある言葉が重要になります。
他の広告に出稿するよりも、よりキャッチコピーに力を入れる必要があるでしょう。
また、広告らしさだけではなく、ユーザー目線で共感のできる文章も大切です。

まとめ

Twitter広告は、低価格ながらも若いユーザーに認知度を高めることができる広告です。
タイムリーさが求められるTwitterだからこその言葉選びや、話題性を意識して広告制作を行いましょう。
Twitterユーザーにはまる広告になれば、多くの人達から認知されるだけではなく、購買や契約に繋がる可能性も高まります。

 

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。