簡単にできる!!Facebook広告の出稿方法とは?

SNSの中でもユーザー数とターゲティング精度の高さからFacebook広告を利用する企業はとても多く、高い広告効果を得られると評判です。
そのため、Facebook広告に出稿してみようと考える人も多いでしょう。
しかし、いざ出稿するとなるとどのように出稿すべきなのか、どのような広告を準備すべきなのか悩んでしまうものです。
そこで、今回は簡単にFacebook広告を配信する方法を紹介します。

Facebook広告出稿前に準備しておきたいもの

Facebook広告に出稿する前に準備すべきことがいくつかあります。
出稿する際に、慌ててしまったりスムーズに進まないということがないように、事前準備はしっかりとしておきましょう。

Facebookのアカウントを作る

Facebookに広告を出稿するには、Facebookアカウントとページが必要になります。
Facebookページは個人アカウントとは異なり、複数人で管理することやインサイト閲覧が可能になります。
そしてFacebookページは、広告元となる企業や商品のページです。
広告を見てユーザーがページを訪れる可能性もありますし、日々の投稿やユーザーのコメントへのアクションなども起こして交流を深めることができる場でもあるので、情報発信できるページを作り込みましょう。

Facebookの広告ポリシーを把握する

WEB広告では、各広告の出向先によって決められたルールがあり、出稿の際に審査があります。
Facebookにも広告ポリシーが設けられており、Facebook内で広告を配信するには審査に通らなくてはなりません。
審査に落ちてしまえば、再び広告の作り直しが必要になってしまいます。
そのため、広告作成に入る前にFacebookの広告ポリシーを把握してから、審査落ちしないように広告を作成していきましょう。
審査に落ちる原因の代表的なものは、テキストが広告画像内の面積を20%以上占めてしまっている場合です。
広告画像内のテキストが20%を超えてはならないというルールがあるだけではなく、他にもFacebookならではのルールもあるので注意しましょう。

Facebook広告の出稿方法とは

Facebook広告の出稿方法は、とても簡単です。
初めて出稿するという場合でも、難しい作業はありませんので、広告文やターゲット設定に少し時間がかかる程度でしょう。
Facebookに広告配信する方法を順番に説明していきます。

キャンペーン目的の設定

Facebookページの右上にある▼マークをクリックして「広告を掲載」をクリックすると、広告マネージャと呼ばれるFacebookの広告管理画面に遷移します。
まずは、キャンペーンの目的を選択します。
キャンペーンの目的とは広告を配信する目的のことで、この目的によって広告フォーマットが変わります。
もし広告の目的で「コンバージョン」を選択した場合には、コンバージョンとFacebookピクセルが次の広告セットの設定段階で必要になります。

広告セットの設定(ユーザー層のターゲティング設定)

次に、広告を配信するユーザー層を設定します。
広告を配信するユーザーと予算のことを「広告セット」と呼び、Facebook広告ではユーザーのターゲティングが詳細にできることが魅力です。
広告を配信するユーザー層のことを「オーディエンス」と呼び、カスタムオーディエンスから配信地域や年齢や性別、ユーザーの関心や属性など細かく設定できます。

広告セットの設定(配置や予算などの設定)

広告セットでユーザー層を設定した後は、広告の配置場所や予算、広告の掲載期間を設定します。
まず配置ですが、Facebook広告で出稿するとFacebookだけではなくInstagramやオーディエンスネットワークなどにも配信することができます。
自動配置で配信することも可能ですので、Facebookの自動最適化システムに任せることもできます。
次に、広告の予算と掲載期間を設定します。
予算と掲載期間はオプション設定も可能なので、詳細設定も慣れれば変更することができます。

広告を作成する

キャンペーンと広告セットを設定した後は、広告の作成に入ります。
広告の作成では、画像とURLと広告文を設定します。
まず画像は、静止画1枚だけではなく複数枚使用することや動画も配信が可能です。
URLは、広告をユーザーがクリックした際のリンク先URLを準備します。
広告文の作成に関しては、自動的に作成されたものを使用することもできますが、ユーザーが広告を判断する部分でもあるので出来る限り作成した方がいいでしょう。

支払方法の設定

広告を作成するとエラーが表示されるので、エラー表示の最後に記載されている「支払い方法を追加」をクリックします。
すると、支払い方法の入力画面が立ち上がるので、支払い情報を入力して「次へ」を選択すれば支払情報が登録されて手続き完了となります。
この後、審査が終われば広告はいつでも配信できるようになります。
尚、広告の編集などは広告マネージャより変更や追加が可能です。

まとめ

Facebook広告の出稿方法を紹介してきましたが、多くのステップは必要ないので慣れれば20分ほどで手続きをすることができます。
出稿よりもやはり広告で使用するバナー作成が重要になるので、ユーザーの関心・興味を引くようなインパクトのあるバナー制作に力を入れましょう。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。