CPC(Cost Per Click)とは?

スクリーンショット 2017-10-12 13.51.15

スクリーンショット 2017-10-12 13.51.23スクリーンショット 2017-10-12 13.51.34

1クリックあたりいくら?を計算する手法

CPCとはCost Per Clickの略で動画だけではなくバナー広告などのインターネット広告全般で、「1クリックあたりの広告料金」を計算する方法です。バナー広告などではCPCによって広告が高いor安いなどの判断基準になることが一般的です。広告の妥当性を判断する指標のため、重要な指標の一つです。

 

計算式は
CPC=【広告を支払ったコスト】÷【その広告でクリックされた数】
で算出することができます。

広告では広く一般的なのですが、動画においてはCPCだけで広告の良し悪しを判断することが難しい部分もあります。動画広告を視聴すること自体が、認知の獲得やブランディングを兼ねている部分もあり、クリックしたかどうかだけでは正しく評価できない可能性が高いためです。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。