日本最大級のスマホアドネットワーク「nend」で動画広告が開始!

10月11日より「動画リワード広告」「動画インタースティシャル広告」の提供開始

スマートフォン向けアドネットワーク国内最大級の「nend(ネンド)」で「動画リワード広告」と「動画インタースティシャル広告」が10月11日より利用できることになることを、運営元であるファンコミュニケーションズが発表しました。

 

動画リワード広告は、ユーザが広告の定める成果ポイントまで到達した場合にユーザに報酬を与える広告です。動画インタースティシャル広告は、画面遷移時に表示されるスマホの全画面を覆う広告の種類です。

関連記事:

リワード広告とは? | コマケンby movico

インタースティシャル広告とは? | コマケンby movico

 

nend_20171011_1

nend_20171011_2

動画メディエーションサービスである、アドフリくん、Ad Generation、adstir、viidle、Admob、GENIEEと連携される予定です。

13万のアプリメディアパートナーに向けて、動画広告が配信できるようになります。メディア側としては、収益性の高い動画のメニューが加わったことでさらなる収益性のアップが期待されます。特にインタースティシャル広告は、アドネットワークにより仕様が異なるため、広告主としては、国内最大級のスマホアドネットワークに向けて広告が配信可能になり、これまでリーチしていなかった層にもアプローチができるようになります。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。