CTR(Click Through Rate)とは?

スクリーンショット 2017-10-18 0.07.41

 

クリック率と覚えましょう

CTRとはClick Through Rate(クリック・スルー・レート)の略で広告の表示回数に対してクリックされた割合のことをさす。広告では日常的に使われる用語の一つでクリック率とも言われています。広告の成果を測る指標の一つで、広告が表示された人たちの中で、どのくらいの割合が反応をしてくれたか、を示します。

計算方法は
CTR=【クリック数】÷【インプレッション数(広告の表示回数)】
となります。

広告に応じてCTRを算出しておくことで、効率のよい広告かどうかが判断できるようになります。動画広告においては、動画を視聴することもアクションの一つとされているため、必ずしもCTRのみが正しい指標である、というわけではありませんが、広告の良し悪しを測ることに重要な指標の一つです。動画広告においては、クリックのみを追いかけると正しい判断ができない場合が多いため、複合的に判断することも重要です。

 

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。