インプレッション(Impression)とは?

スクリーンショット 2017-10-20 20.01.15

広告が掲載されたページの表示回数のこと

インプレッションとは、Web広告が掲載されたページの表示回数を指す言葉です。「imp」「imps」とも略され、閲覧者に広告が1回表示されると「1imp」としてカウントされます。紙媒体やテレビCMでは広告が実際に目に触れた回数を数えることはできないので、Web広告特有の用語です。

スクリーンショット 2017-10-20 20.05.30

広告効果を測る指標

インプレッションが用いられる指標は「CPM」など複数あります。

CPM(Cost Per Mille)とは?

eCPM(effective Cost Per Mille)とは?

CTR(Click Through Rate)とは?

広告が表示されなければその広告をクリックされることもありません。その意味で、インプレッションは広告効果を測るうえで大切な指標であるといえます。

「その広告はどれぐらいのインプレッション数があり、CTRはどんな数値だったのか、それは別の広告と比較してどのような結果だったのか」などを分析することにより、「どのようなターゲットに対して広告を打つべきか」などより効果的な広告出稿を考えることができます。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。