DSP(Demand Side Platform)とは?

DSPの仕組み

DSPは広告主の味方

DSPとは、Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)の略で、広告主の広告主の広告効果最適化を目的としたプラットフォームです。媒体の広告枠販売や収益最大化を目的としたSSPと対になるツールです。

広告主は、DSPを導入することで広告枠を複数のアドネットワークアドエクスチェンジに一括して配信・管理ができるようになり、効率的に効果の高い広告配信ができます。DSPは、複数のSSPとRTBで接続しているため、広告枠にインプレッションが発生する度にリアルタイムで配信できるかの入札が行われます。

機能として、予算管理、入稿管理、掲載面の管理、クリエイティブ分析、ユーザ属性に基づいた広告枠の選定などができます。簡単に言うと、広告の配信から分析まで、広告主側の大変な作業を行ってくれるツールと言えるでしょう。DSPのお陰で、広告主は広告運用の作業において、ターゲットの選定やクリエイティブの制作、配信プランの設計などの作業に集中することが可能になります。

 

関連記事:SSP(Supply Side Platform)とは?

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。