コンバージョン(Conversion)とは?

スクリーンショット 2017-10-23 18.37.41

コンバージョンとは「最終的な成果」を指す言葉

コンバージョン(Conversion)とは日本語で「変換」「転換」という意味ですが、Webマーケティングの分野では「最終的な成果」を指す言葉として使われます(「見込み顧客」から「顧客」への転換という意味)。

全ての広告は、何かしらのコンバージョンを得るために行われていますが、目的に応じてその内容は様々です。主だったものとしては「商品購入」「問い合わせ」「資料請求」などがあります。

コンバージョンには種類がある

広告効果を測定する上で、コンバージョンの獲得数は非常に重要な指標となります。

コンバージョンしたユニークユーザー数をカウントする「クリックスルーコンバージョン」や、広告が表示されてから30日以内に別のルートでコンバージョンしたユーザ数をカウントする「ビュースルーコンバージョン(VTC)」があります。

動画広告についてはイメージ広告として用いられることが多いため、VTCが指標としてよく用いられています。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。