VPAIDとは?

VPAIDとは

VASTとVPAID

VPAIDとは、動画プレイヤー広告インターフェース定義(Video Player Ad-Serving Interface Definition)の略称で、動画広告の規格の1つです。読み方はブイペイドです。どの広告を再生するのか、いつ広告を表示するのか、広告の長さ、クリック後のURL、一時停止などの仕様を決定します。VPAIDで広告を配信するには制作した動画をVPAID対応に変換させる必要があります。2012年にアメリカのインタラクティブ広告業界団体のIAB(インタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー)によって提唱されはじめました。

 

動画広告の規格といえば、VAST(バスト)が標準規格でしたが、広告の効果測定と動画上にボタンを置くなどのインタラクティブな表現ができるというメリットがあるので、近年はVPAIDが採用されています。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。