無料トライアル

VAST(Video Ad Serving Template)とは?

VASTとは

VASTとは

VASTとはVideo Ad Serving Template(ビデオ アド サービング テンプレート)の略で動画広告掲出テンプレートとのことです。インストリーム動画広告において広告サーバーと動画のプレイヤー間でどのようなデータをやりとりするのかを決める規格です。どのURLの広告動画を再生するのか、クリックされた際の遷移先のURLはどこか、再生数・クリック数のデータはどこに送信するのかの仕様を定めています。

米国のネット広告業界団体であるインタラクティブ広告協議会(IAB)が策定した米広告業界標準規格で、Google、Microsoft、Yahoo! 、ソニー、AT&Tなどが関わっています。現在は2015年11月にリリースされたVAST4.0が最新です。

VASTで以下のようなデータを収集できます。

●動画広告のインプレッション数
●動画広告の再生数
●動画広告が中間点まで再生された回数
●動画広告が最後まで再生された回数
●動画広告が一時停止/再開された回数
●動画広告がミュート/ミュート解除された回数
●動画広告のクリック数

VASTが対応する広告フォーマットは、リニア広告(プリロール、ミッドロール、ポストロール)、ノンリニア広告(オーバーレイ)、コンパニオン広告に対応しています。

 

RICHKAならクリエイター不要で簡単に動画を内製化!

弊社では誰もが編集ソフトや知識不要でプロクオリティの動画を簡単に内製化できるサービスを提供しております。
低コストかつスピーディーに動画制作を内製化することで、スムーズに動画広告や動画コンテンツでPDCAを回し、成果がでる動画制作が可能になります。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)