フジテレビオンデマンド(FOD)がスマホ向けドラマ「スマドラ」を開始!

(出典:スマドラ
連休などの長いお休みは家でゆっくりしたい方も多いはず。そんなときに利用したいのが、定額制動画配信サービス。
動画元年と言われた2016年は「打倒他社サービス」で、無料期間を設けたりポイントバックを始めたり、様々なアピール方法でユーザーを集めていました。
ここまで来るとあとはサービスや料金の格差と決めがちですが、フジテレビオンデマンド(以下FOD)は違いました。スマートフォンが動画サイズに合わせるのではなく、なんとスマートフォンの規格に合わせたのです。
それこそが「スマドラ」。
名前からしてスマートフォン重視なのがよく分かりますよね。
今回はそんなスマドラについてご紹介します。

フジテレビオンデマンドとは?

FOD
(出典:フジテレビオンデマンド

動画配信、ライブ配信、電子書籍を一括した総合エンターテイメントサイト。
インターネットにつなぐことができる、パソコン、スマートフォン、タブレットから利用することができます。
フジテレビで現在放送されている番組の見逃し配信や過去に放送された名作、他にもFODオリジナルのバラエティー番組やアーティストのLIVEなど、様々なジャンルのプログラムが揃っているのでフジテレビをよく観る方はもちろん、観ない方でも楽しめるラインナップです。
更に話題の漫画や小説まで読むことが出来るので、子供から大人まで世代を超えて玩味出来るのもFODの特異性と言えるでしょう。
月々の利用料金は888円のFODプレミアム、350円のアニメ見放題、競馬予想TVの1000円から選べ、その他ポイントコースを選ぶことで電子書籍を読むことが出来ます。
ポイントコースは300円から2000円の幅があるので、少しだけ試してみたい方は300円、がっつりみたいという方は初めから2000円で登録可能です。他にも500円、1000円などがあるので、ご自身の生活スタイルから選ぶと良いでしょう。

スマドラの特徴

スマドラ
(出典:スマドラ
さて、今回のトピックでもある「スマドラ」。
言葉通りスマートフォンに特化していることは分かりますが、一体他の番組と何が違うのでしょうか?
まず、このスマドラはいわゆるタテ型動画を採用しています。又、劇中の出来事がまるで自分のスマートフォンで起こっているような仕掛けやWebと3次元を連動する仕様など、スマートフォンだからこそ出来る体験が味わえそうです。
更に、このドラマは10分前後で1話が終わるので、通勤通学中やお昼休み、また寝る前にくつろぎながらサクサクと観れてしまいます。
連続ドラマを観るのが億劫な方や、長い時間テレビに拘束されるのが嫌いな人にもオススメです。

今回スマドラが注目される理由

スマホ普及
なぜスマドラが注目されるのか、それはテレビ番組ないしドラマの視聴率が徐々に下がり始めていることにあります。各局は近年、人気俳優や女優を起用しても10%を下回るドラマが頻繁にあることを苦悩としているのが現状です。
若手アイドルを主役に置いたり番組編成を大きく変更したりと打開策を捻り出してはいるものの、昔のように視聴率20%以上を安定して取れるような時代ではなくなりました。
その代わりスマートフォンで観られる動画配信が視聴率を奪っています。
個人のライブ配信、無料の動画配信サービスなどが台頭し、視聴者はそちらに流れてしまったとも言えるでしょう。
しかし、視聴者がそこにいるならばドラマをそこで放送すれば良いのではないか…という逆転した発想の一つがこのスマドラのような、動画提供サービス限定の番組なのです。
フジテレビオンデマンドはスマドラの他に38番組を限定オリジナル作品として配信。
多くはまだスマドラのような仕掛けや縦型動画には対応していませんが、スマドラの評価によっては今後増えていく可能性もあります。

まとめ

フジテレビオンデマンドのオリジナルドラマ「スマドラ」は、スマートフォンの機能を最大限に活かしたエンターテイメント。
近頃、動画は縦型で観る人の割合が大きいため、スマドラも縦型動画を採用しています。
超短編オムニバスで普段ドラマを観ない人も気楽に観られるような仕様です。ユーザーの反応によっては、今後このようなスマートフォン連動型の番組が増えていくかもしれません。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。