marketing

2019.06.04

Facebookのオーディエンスネットワークを利用してデジタル広告を効率的に出稿する

  • Facebook広告

デジタル広告の出稿にあたり、全世界で圧倒的なユーザーを誇るFacebookへの出稿は外すことのできない選択肢となるでしょう。
2014年にFacebookがリリースした「Audience Network(オーディエンスネットワーク)」は、Facebookだけでなく傘下のInstagramなどまとめて出稿することができる便利なアドネットワークです。
効率的に出稿できるオーディエンスネットワークについて、詳しく理解していきましょう。

オーディエンスネットワークとは

\n\n現在、スマホやインターネットの普及と同時にSNSが生活に定着化しており、広告媒体としてSNSはテレビや雑誌広告を凌ぐ勢いとなっています。\n\nその中でもFacebookやInstagramは利用ユーザーも多く、2015年よりSupership社とFacebookがパートナー契約したことでよりオーディエンスネットワークが注目されるようになりました。\n\nオーディエンスネットワークとはどういったアドネットワークなのでしょうか?\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>現在、スマホやインターネットの普及と同時にSNSが生活に定着化しており、広告媒体としてSNSはテレビや雑誌広告を凌ぐ勢いとなっています。
その中でもFacebookやInstagramは利用ユーザーも多く、2015年よりSupership社とFacebookがパートナー契約したことでよりオーディエンスネットワークが注目されるようになりました。
オーディエンスネットワークとはどういったアドネットワークなのでしょうか?

オーディエンスネットワークの特徴

\n\nオーディエンスネットワークとは、Facebook社が提供するサービスやFacebook社と提携するモバイルアプリに対して広告配信することができるサービスです。\n\nFacebookのターゲティング機能といえば精度が高いことでも知られていますが、そのターゲティング機能を生かして広告配信することができます。\n\nそのため、広告主はリーチを伸ばすことができ、サイト側は収益を得ることができるという仕組みになっているのです。\n\n特に動画広告は高い効果を上げており、動画インプレッションのうち3分の2以上が10秒以上再生されているという結果を出しています。"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>オーディエンスネットワークとは、Facebook社が提供するサービスやFacebook社と提携するモバイルアプリに対して広告配信することができるサービスです。
広告の配信先

\n\nオーディエンスネットワークを利用すると、Facebookを筆頭にInstagramやメッセンジャーなどの広告配信することができます。\n\nまた、アプリ開発に力を入れているSupership社と提携しているので、「乗換案内」や「グノシー」といった人気アプリにも自動で広告配信が可能です。\n\n1つのアプリに広告配信するのではなく、一度にまとめて幅広いアプリユーザーにアプローチできるので、広告主側の出稿の手間を省ける便利なサービスとなります。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>広告の配信先

オーディエンスネットワーク広告を利用するメリット

\n\nオーディエンスネットワークを既に利用して広告を出稿している企業も多いですが、オーディエンスネットワークを利用することでどんなメリットが得られるのでしょうか?\n\nメリットを知って、オーディエンスネットワークへの理解を更に深めていきましょう。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>オーディエンスネットワーク広告を利用するメリット

手軽に一括配信・管理ができる

\n\nオーディエンスネットワークを利用するメリットは、まず簡単に広告の一括配信や管理ができるという点です。\n\n通常であれば、配信したいと考える広告枠を持つ複数のアドネットワーク会社にて管理者画面などの各種設定を行い、入札単価を調整しなくてはいけません。\n\nしかし、オーディエンスネットワークであれば、Facebookと連携しているネットワーク内のものは広告マネージャにて一括管理することができます。\n\nFacebookで既に広告を出稿している場合であれば、その動画広告や画像広告をそのまま使用することも可能なのです。"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>手軽に一括配信・管理ができる

Facebookの精度の高いターゲティング機能が利用できる

\n\nオーディエンスネットワーク広告は、Facebookのターゲティング精度をそのまま生かすことができるというメリットがあります。\n\nFacebookのターゲティング機能は、デジタル広告媒体の中でも非常に優れていることで知られています。\n\n性別や居住地、年齢だけではなく、趣味や関心、利用者の行動や繋がりを詳細にターゲティングすることができるのです。\n\nそして、オーディエンスネットワークを利用すれば、外部サイトであってもFacebook広告におけるデータが活用できるので、かなり大きなメリットと言えるでしょう。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>Facebookの精度の高いターゲティング機能が利用できる

人単位による効果測定ができる

\n\nオーディエンスネットワークでは、他のアドネットワークとは違い、ユーザーが各デバイスでログインをします。\n\nそのため、Cookieに依存することなく人単位での効果測定が可能なのです。\n\n従来であればCookieが存在しないアプリで広告測定を行うことは困難とされていましたが、ログイン情報を活用することで追跡が可能となり、モバイルアプリでも広告測定ができるようになったのです。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>人単位による効果測定ができる

アドネットワークにおける不透明性も解決へ

\n\nアドネットワークの広告において不透明性が問題視されており、オーディエンスネットワークにおいても不透明性が問題とされていました。\n\nFacebookが自動配信にて出稿場所を決めているので、具体的な掲載場所が分からない状態だったのです。\n\nしかし、広告の透明性向上に向けた取り組みが実施されるようになり、配信先が開示されるようになったので、デメリットであった不透明性においては解決方向に向かっていると言えるでしょう。\n\nただし、どの程度のボリュームで配信されたのかなどは確認することができません。\n\nそのため、今後も更なる改善が必要といえますが、不透明だった配信場所を知ることができるようになったのは大きな一歩であると言えます。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>アドネットワークにおける不透明性も解決へ

オーディエンスネットワークを活用してみよう

\n\nFacebookは既に巨大なデジタル広告市場となっていますが、オーディエンスネットワークを利用することで、より多くのアプリに広告配信をすることができます。\n\n不慣れな広告出稿であったとしても、複数のアドネットワークを利用するよりも遥かに手軽で簡単と言えるでしょう。\n\nデジタル広告の出稿の際には、オーディエンスネットワークの利用を検討してみてください。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>オーディエンスネットワークを活用してみよう

この記事をシェア