YouTube 効果 対策

marketing

2020年10月11日(公開: 2020年08月06日)

YouTube広告の効果は?効果が出ない場合の対策は?

動画配信となるYouTube広告は、コスパも良く効果が高いとして知られていますが、どのような効果があるのでしょうか。また、うまく効果が現れない場合にはどんな対策をするとよいのでしょうか。さっそくチェックしてみましょう。

 YouTube広告のメリット

YouTube 広告 効果

毎月20億人以上のユーザーがYouTubeを利用して、世界中のユーザーの視聴時間は10億時間以上を超えます。またモバイル端末での利用も70%以上を占めており、日常生活のあらゆるところで再生されています。

YouTube広告をうまく活用することで、商品やサービスの宣伝やブランディングの効果があり、売上に貢献するでしょう。YouTube広告についてさまざまなメリットを紹介します。

出典:(https://www.youtube.com/about/press/

テキストや静止画より印象に残る

YouTube 広告 効果

出典:(https://www.video-ad.net/power.html

バナー広告や検索広告など、さまざまなウェブ広告があります。ユーザーが広告の認知から商品購入に至るまでさまざまな手法が必要です。

テキストと画像での静止画広告と比べると、動画広告は、認知度や記憶の定着率の向上など、さまざまな効果があります。

  • 広告の認知度が65%UP
  • 内容の記憶の定着率が20%UP
  • 自社サイトへの訪問率が30%UP

ユーザーにとって、ウェブ上での動画視聴は身近にあり、広告としても動画は印象に残りやすいです。

「目」と「耳」にアプローチで興味を惹く

動画広告は静止画と比べて、文字や音声があり、さらにBGMも挿入できるので、より多くのユーザーに印象を残します。

五感のうち、目と耳の両方にアプローチをかけるので、ダイレクトに伝えることができるでしょう。

外部の業者に依頼するほか、ビデオカメラやスマートフォン、編集ソフトがあれば、自分で広告を作ることも可能です。

静止画以上に受け手に与える印象が変わるので、動画を使った広告は効果的です。

伝えられる情報量が多い

動画広告は、文章のみや静止画に比べるとより多くの情報を伝えることが可能です。文字だけではなく、アニメーションや映像も用いるので、より印象に残りやすくなります。

またユーザーにとっても、広告の認知や内容などを記憶するのに、静止画と比べて大幅に差が生まれるでしょう。

映像やアニメーション、テロップなどを使い、一度に多くの情報が取り込めるので、YouTubeでの動画広告は効果的です。

動画広告はクリック率が高い!  

動画広告は、静止画の広告と比べると、クリック率が高いことが特徴です。伝えられる情報量が多く、映像に文字や音楽を加えることで、より訴求力が増して、ユーザーに伝わりやすくなります。

またクリック率が上がると、広告の表示回数が増えるので、売り上げに貢献してくれます。ユーザーにクリックしたいと思われるような、動画広告を作ることができるかが重要なポイントです。

 実際の使用イメージを伝えられる

YouTube 広告 効果 

商品を購入してもらうためには、実際に使用イメージをユーザーに伝えることがポイントです。文章や写真だけではどうしても全部が伝わらないので、動画を使うことによりイメージが伝わります。

ただ商品を使用するのではなく、実際に使用している場面や背景も一緒に写ることで、ユーザーの購入意欲が高まるでしょう。

リアルさや使い方などが伝わる

文字や言葉で説明が難しくても、実際使っている動きだけで伝えられます。視覚的に直接伝わるので、ユーザにより理解が早まるでしょう。

例えば、ビールの泡立ちやグラスの汗、機械の使い方など、文字だけではなく映像があった方が良いものもあります。説明が難しい商品や使い方も、動画を使えば短い時間で一瞬で伝わります。

興味が無くても視てもらえる 

YouTube広告では、より多くの視聴者をターゲットに動画広告で流すことができます。YouTube動画広告に使われるインストリーム広告では、最大5秒は視聴が必須なので、興味がないユーザーにも広告を伝えることが可能です。

ユーザーのニーズと一致した広告であれば、見込み客であり購入に至る可能性もあります。

言葉がわからなくても伝えられる

動画広告を使えば、必ずしも言葉は必要ではありません。動きや表現だけで、感覚的に伝えられる場合もあるからです。

例えば、言葉がわからない外国人や文字やわからない小さな子ども、だんだんと文字が読めなくなってしまった高齢者などに効果的です。動画広告は言葉を使わなくても多くの人々に伝えられます。

視聴者とつながる

 購入に至らない場合でも、視聴者との間に話題になれば、SNSで拡散される可能性があります。そして動画は静止画の広告よりも感情の部分も伝わるので、視聴者とつながりが生まれるでしょう。

狙ったターゲットにリーチできる

YouTube 広告 効果

ただ漠然と動画広告を流すだけではなく、ターゲットにしたいユーザー層や、効果が出ているユーザー層に狙いを定める必要が出てくるでしょう。

その際に、ターゲットを決める必要な要素として、トピックやキーワード、ユーザー属性など、さまざまな項目から絞っていきます。ターゲットを定めることで、大きく認知度が変わり、成果に結びつく可能性があります。

いつでもどこでも視聴可能

YouTube 広告 効果

テレビや雑誌の広告等に比べると、いつでもどこでも視聴可能です。外出先や通勤での移動など、さまざまな場所でユーザはYouTubeを視聴しています。

ただし通信制限がされている場所や通信環境が悪い場所では、ユーザーは視聴できない欠点があるので注意してください。

スマホとの相性がよい 

 年々スマートフォンの普及率が上昇しており、通信環境も発達しています。

スマートフォンとの相性が良く、ユーザーはどこでも動画を見ることができるので、その結果視聴率が高まります。

今後もますますスマートフォンを使った動画広告は普及していくでしょう。

店内でも放映できる

スマートフォンだけでなく、店内でも動画広告が活用されば機会があります。新商品の告知やおすすめの商品などを紹介するのに、映像も加わることで、訴求力が高まるでしょう。

飲食店などではモニターを利用すれば、いつでも何回でも発信できます。

一度データを取り込めば何回でも同じ動画が流れるので、紙コストの削減にもつながります。

営業ツールとしても使える

営業ツールとしても、営業先の商談などで活用できます。パソコンやタブレットを使って、商品やサービス内容をより具体的に伝えられます。

動画の方が情報量が多いので、アピールポイントが相手にうまく伝われば、商談が成立する可能性が高くなります。

コストパフォーマンスが良い

YouTube 広告 効果

動画広告はマスメディアに比べると、低予算でわかりやすい効果が得られます。ただ動画を流すだけではなく、視聴者が気にいれば一気に拡散されることもあります。

マスメディアにはない拡散効果があるので、費用対効果が高く、最適なコストパフォーマンスを発揮できます。

数万円~の予算で始められる

YouTube広告を始めるにあたって、専門の業者に依頼する選択もあります。動画広告の政策会社は、多数あります。しかし費用の相場はピンキリで、求められるクオリティによって金額は変わってきます。

かんたんな動画制作であれば、数万円から依頼ができますが、大がかりな制作となると、数十万は想定しておく必要があります。

クリック課金式 

YouTube広告のみならず、ウェブ広告全般で共通の課金方式があります。一定の視聴時間での課金や広告からユーザーのアクションがあれば課金が発生するなど、さまざまな形態があります。ここではYouTube広告でも使われている代表的な課金方式を紹介します。

  • CPV・・・動画広告の視聴1回あたりで課金が発生。再生時間によって料金が異なる。
  • CPCV・・・CPVは1回あたりに対し、CPCVは完全視聴1回で課金が発生。
  • CPM・・・動画広告の表示回数が1000回あたりでの課金が発生。CPMはインプレッション広告とも呼ばれる。
  • CPC・・・動画広告の1クリックごとに課金が発生。

効果測定がしやすい

YouTube 広告 効果

YouTubeの動画広告は、リアルタイムで数値を把握できます。アナリティクスツールを使うことで、さまざまなデータが入手可能です。

例えば、広告の表示回数や視聴率、クリック率など、ユーザーが購入に至るまで、必要な数値を入手できます。

YouTubeなどをウェブ動画は、検証効果を数値化できるので、改善につなげられます、

Googleアナリティクスで効果を確認 

動画広告から自社サイトにどのぐらいアクセスがあったか分析でき、改善に役立つでしょう。Googleアナリティクスでは、クリック数、ユーザー特性などの基本情報が把握できます。さまざまな項目から分析して、検証結果が得られます。

その他ツールでより深い分析

 動画広告の分析するために、YouTubeアナリティクスだけではなく、Google広告(旧;Google Adwards)も活用できます。

広告の表示回数、平均費用や性別、年齢、地域など細かい情報まで入手できます。

Google広告(旧 ;GoogleAdwards)も併用することで、よりターゲットを絞ることが可能です。

配信も簡単にできる 

YouTube 広告 効果

YouTubeは、業者に依頼するのか、アカウントを開設すれば、自分の配信ができます。

撮影した動画を編集して、アップロードするだけで、動画広告の出稿ができます。撮影機材や編集ソフトをそろえるため初期費用がかかりますが、長期的に見てコストが抑えられます。

PR活動やプロモーション活動するために、YouTube広告は有効な手段です。

YouTube広告のマーケティング効果

YouTube 広告 効果

YouTube広告のマーケティング効果は大きく分けて3つのポイントがあります。それぞれ順番に解説していきます。

①認知拡大 

②購入などのアクション促進 

③ブランディング

認知拡大

YouTube 広告 効果

動画広告を流すことによって、その商品、サービスのことを知れば、新規顧客になる可能性があります。またすでに興味があり、購入してくれる高い見込み客にも効果的です。

静止画の広告よりも動画広告の方がインパクトを与えるので、ユーザーに記憶に残りやすいです。そのためYouTubeでの動画広告はより多くのユーザーに認知されます。

アクション促進

YouTube 広告 効果

見込み客が動画広告を見ることで、商品の購入や申込みができる仕組みづくりを行います。例えば、自社サイトの誘導やコンバージョンの獲得を目的とした効果があります。

広告動画に訴求力が強いメッセージやストーリー性を持たせるなど、ユーザーにアクションを促進されるのにさまざまな手法があります。

ブランディング 

YouTube 広告 効果

ブランディングで、ターゲットに自社の製品やサービスを伝えて、イメージを浸透させます。あくまで認知の拡大やブランドへの理解度を上げることでの目的としており、直接購買促進やコンバージョンの獲得にはかけ離れます。

ブランディングができれば、営業や広告で一方的に売り込みをしなくても、製品やサービスが売れていくことが可能です。

短期的な売上効果よりも長期的な成果を出すためにブランディングは必要です。

YouTube広告の効果を知るには 

YouTube 広告 効果

YouTubeの広告の効果を知るために重要な指標となるツールを紹介していきます。思ったより、集客できない、広告を出稿したのに、成果が上がらないと悩んでいる方にとって、分析に必要な項目です。

さまざまな項目を知ることで、改善に役立てることができます。ぜひ、参考にしてください。

YouTube広告でチェックすべき指標 

YouTube 広告 効果

YouTube広告の運用にあたり、チェックをすべき指標があります。制作した動画広告に対して、どれぐらいの効果があったか数値として表れ、改善にも役立ちます。

以下、6項目は重要な指標ですので、覚えておきましょう。

  • インプレッション数
  • ユニーク視聴者数
  • 視聴率
  • クリック率
  • CVR(コンバージョン率)
  • 視聴単価

インプレッション数

インプレッション数とは、動画で表示されたサムネイルが、相手の画面に表示されるたびに1カウントされます。ただし、サムネイルの表示が50%以上で、1秒以上でのカウントですので注意してください。

あくまでインプレッションがカウントされるのは、YouTubeのウェブ内で表示されたサムネイルのみで、外部のサイトや他のアプリで表示された場合はカウントされません。

ユニーク視聴者数 

ユニーク視聴者数は、動画を視聴するために訪れたユーザーをカウントします。同じユーザーが何度も訪れた場合でも1カウントです。

最大90日間で期間を指定することができ、時間の経過とともに視聴に変動があるか、参考データになります。

視聴率

動画広告の視聴した回数、またはエンゲージメント数を広告の表示された回数で割った数値です。

例えば、広告の表示回数が500回で、視聴回数が50回だとすると、視聴率は10パーセントの計算です。

各コンテンツで視聴率の分析は、広告内容の見直しや改善に役立ちます。

クリック率

動画広告がクリックされた合計数に対し、表示されたユーザー数で割った値を示します。クリック率を見ることで、動画コンテンツが自社サイトの誘導や購入ページにどのぐらい有効的であったか確認ができます。

CVR(コンバージョン率) 

CVRは「Conversion Rate」の略称。コンバージョン率、もしくはコンバージョンレートと呼ばれています。

CVRは広告をクリックしたユーザーが購入する割合を示します。

例えば、ある動画広告で1000回クリックされた場合、そのうちの10人が購入されれば、CVRは1.0%です。

つまり広告に対して、どれだけのリターンがあるか一つの目安です。

視聴単価 

視聴単価は、動画広告1回の視聴に対して、制作側が支払う費用です。視聴単価の変動は、入札単価を調整することで決まります。

時間の経過とともに、視聴単価が上がってきている場合は、コンテンツの改善が必要になる場合があります。

便利なツールで効果を測定

YouTube 広告 効果

これまでに紹介した指標の数値を上げるために、便利なツールを紹介します。Googleが提供しているツールを使うことで、ユーザーの意図を分析して、適切な改善を行います。コストをかけずにさまざまな項目で測定可能です。

Googleアナリティクス 

 主に自社のウェブサイトにYouTubeの動画を埋め込んでいれば、Googleアナリティクスを活用することでさまざまな分析結果を得られます。チェックすべき項目として、以下が挙げられます。

再生回数、視聴者維持率、ユーザー属性、再生場所、トラフィックソース、デバイス など

Google広告 ブランド効果測定サービス

 ブランド効果測定は、ブランドの認知度を測るためのサービスです。YouTubeでの動画を分析するのに、インプレッション数、クリック率、コンバージョン率などがあります。

しかしそれらはブランドの認知度が伸びているか把握できません。

例えば、測定方法にはアンケート調査があります。YouTubeでの視聴している最中に、画面がアンケート表示に切り替わり、ユーザーの回答結果を集計して、効果測定を行います。

「認知」「理解」「ブランディング」「想起」などの効果を把握でき、ブランド認知度の分析に役立てることができます。

目的別チェックすべき指標 

YouTube 広告 効果

動画広告を運営していき、購入までの成果に結びつくと、売上げを伸ばすために、認知度や購入までの行動促進など、それぞれ見直すポイントが出てくるかと思います。

これまでにYouTubeで重要となる指標を紹介しましたが、見直すポイントによって、チェックすべき指標を紹介していきます。

認知度アップが目的のとき

視聴回数、ユニークユーザー数、ブランド認知度などを指標とします。ここでは、視聴率や再生時間など、商品やサービスで購入の指標となる項目は必要ありません。

視聴回数とユニークユーザー数を比較することで、そのコンテンツが新しい視聴者を惹きつけることができたかを判断します。

またブランド認知度では、インプレッション数値が指標となり、商品やサービスを購入したかは重視しなくても、ユーザーに認知される目的では参考になります。

購入を検討させるとき

視聴率や再生時間、ブランド好感度などをチェックします。購入を検討させるときは、広告の内容を分析することができ、商品やサービスのイメージと違いがないかの参考数値となるでしょう。

例えば、視聴率は安定しているのに、再生時間が短い場合、すぐに離脱しまっている可能性があります。

ブランド好感度は、ユーザーに対してどの程度影響を与えているか。また好感度が低い場合、別のアプローチを考える必要があります。

行動促進が目的のとき

ユーザーにとってほしいアクションを伝えることで、ユーザーの行動を促します。そのためには、ペルソナをしっかり設定して、ユーザーに興味、関心をもたせることが重要です。

ユーザーにどんなことを知ってほしいか、どんな行動をしてほしいか明確に決めて広告の作成を行います。その際には、自社サイトへのアクセスや資料請求、商品の購入など具体的な行動を忘れずに伝えましょう。

効果が出ない場合の運用ヒント

YouTube 広告 効果

いざ運用を初めてみたが、思うような効果が出なかったり、目標達成ができない場合があると思います。さまざまな手段を使いながら、分析を実施して改善が必要です。

そんな時に役に立つヒントを8つに分けて紹介します。

さまざまな動画クリエイティブを活用

 

参照(URL:https://support.google.com/google-ads/answer/9128498)

広告動画を複数アップロードして見て、A/Bテストの実施をおすすめします。A/Bテストとは、複数のパターンを用意して、どちらが効果がでるか検証する方法です。

ユーザーが動画を視聴する際は、パソコンやタブレット、スマートフォンなどさまざまな端末から視聴されます。

2018年のGoogle調査では、スマートフォンやタブレット端末での視聴は、70%以上を占めています。

このことから改善の一例として、異なるアスペクト比(スクエア、縦長、横長)を用意します。縦長の動画ではスマートフォンを横向きに使用すると、フルスクリーンで大きく商品を伝えることができます。

またメッセージの表示方法も変わるので、違うメッセージの使用も検討が必要になるでしょう。

異なるアスペクト比の使用やメッセージの変更などで、複数のアップロードをおこない、反応率を見ることをおすすめします。

広告視聴単価を効果的に活用する

YouTube 広告 効果

広告視聴単価は、動画1回の視聴に対して支払う金額です。単価が上がっていたり、費用に対して、思ったような成果が出ない場合は改善の余地がある可能性があります。

改善の方法としては、入札単価の上限の変更や、低い動画視聴単価にターゲットを広げてみるなどがあります。

全体での広告視聴単価が下がったり、エンゲージメントが上昇して、新たな顧客の獲得などさまざまな効果があります。

視聴率を効果的に活用する 

YouTube 広告 効果

視聴率の改善が必要な場合は、動画広告の内容やターゲットの見直しが必要となるでしょう。動画広告は短い時間ほど、視聴率は高くなるので、無駄に長くならないよう、編集で調整しましょう。

テキストや動画の尺でのわずかな修正が、視聴率に差がでてくる可能性があります。

またターゲットが間違えている場合は、動画広告のスキップが多くなる傾向です。動画広告に最も反応率が高いユーザー層を分析して、ターゲットの調整も必要になる場合があります。

導入部分の工夫や行動を促すアクションを変えたりと、小さな調整を積み重ねることで、視聴率の変化が生まれるでしょう。

クリック率を効果的に活用する 

YouTube 広告 効果

クリック率を改善させる方法として、広告表示を変更してみるのも一つの手段です。TrueView広告は、ユーザーが視聴している動画の合間に広告が流れることで、ウェブサイトへのクリック率を向上させ、商品やサービスの購入を促進させます。

もし見込客の獲得が目的であれば、TrueViewアクション広告。ブランディングメインであれば、TrueViewリーチ広告などさまざまな表示方法があります。

ターゲットを絞り込む

YouTube 広告 効果

従来のテレビや雑誌と比べると、オンライン上での広告は、コンテンツに興味や関心を持っているユーザーにダイレクトに届けることができます。

内容をよりダイレクトに届けて、購入を検討してもらうには、ターゲットを絞り込む必要があります。

例えば、ユーザーの性別、家族構成などの特徴や、ユーザーの検索履歴や似たような商品の検索があれば、関連した広告が表示されます。

オンライン上で動画広告を活用することで、より関心が高いユーザーに届けることができるでしょう。

入札単価を改善する

YouTube 広告 効果

動画広告で改善したい目的によって、入札単価を変更していきます。例えば、広告への表示回数を増やすのであれば、TrueView広告の入札単価を見直すといいでしょう。

反対に、インストリームフォーマットへの入札単価を高くすると、再生回数、トラフィック、ブランド認知度の向上が見込めます。

動画リマーケティング

YouTube 広告 効果

動画リマーケティングでは、YouTubeチャンネルから視聴した動画や評価したことがあるユーザーをリスト化したものです。

ユーザーが評価した動画や広告として視聴したユーザーなどいろんな項目からリスト化できます。

活用方法としては、ユーザーの特徴や傾向を分析して、訪問したユーザーをより細かく絞り、見込客に対して、有効な広告を検討ができます。

キャンペーンの詳細設定 

YouTube 広告 効果

動画広告の時間帯や曜日の設定を行い、広告の表示期間を管理します。ユーザーが再度視聴するためには、コンテンツを新しくすることが重要です。

YouTubeの再生中に流れるインストリーム型広告は、長くても1ヵ月以内の期間がおすすめ。またフリークエンシーキャップの機能を使えば、広告の表示回数の制限ができます。広告を見たユーザーや新しいユーザーに広告を流したい時に役立つでしょう。

広告の搭載期間と制限を設けることで、視聴するユーザーにとって不快にならないようにすることが重要です。

まとめ

YouTube 広告 効果

YouTube広告で得られるメリットや効果。効果が出ない場合の対策を紹介してきました。

  • 動画広告は静止画広告と比べて、伝わる情報量が多い。
  • YouTube広告の運用では、重要な指標があり、認知度のアップやユーザーの行動促進など改善したい内容によって、見るべき指標が変わってくる。
  • 動画広告が思ったような効果が出ない場合は、さまざまな視点から対策を行う。

YouTube広告は、自営業やフリーランス、企業の方など、どんな業者の方でも手軽に始められ、これからもますます増え続けるでしょう。

いざ運用をしてみて、思ったような成果がでない、何か対策方法を考えるときに、本記事がお役に立てれば幸いです。

YouTube広告について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

YouTube広告は本当に効果があるのか?特徴・種類・メリットを探る

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア