davinci resolve 音声

marketing

2021年01月12日(公開: 2021年01月12日)

shotcutで動画をカットするには?特徴や基本的な使い方も紹介!

完全無料ながら高性能な動画編集ソフト「shotcut」は、4K動画の編集ができ、複数ファイルの連結・合成やエフェクトなど、多彩な機能が人気の秘訣です。
ここでは、「shotcut」の特徴や、動画をカットして編集する方法などを紹介します。

shotcutとは

とは

「出典:https://shotcut.org

shotcutは無料で使用できる動画編集ソフトで、海外の動画クリエイターを中心に多くの方が使用しています。無料の動画編集ソフトの中には強制的にロゴが表示されてしまったり、機能がほとんど制限されていて有料バージョンに変更しなければ使い物にならない場合が多いです。

完全無料で使用することができ、追加費用の発生や機能の制限など一切ありません。有料のソフトと比べても全く劣らない高機能編集を行うことができるのも魅力です。

完全無料の高性能動画編集ソフト

ソフト

基本的な編集はもちろん、高度なエフェクト編集や、テキストアニメーション、4K動画の編集などをサクサク行うことができます。無料の編集ソフトでここまで高度な編集を行うことができるのはshotcut以外に他にないでしょう。

デフォルトで多くのテンプレートが搭載されているので、エフェクトを外部ソフトから追加しなくても、数秒でエフェクトを追加できます。

パソコンのOS全てに対応可能

可能

全てのOSに対応しており、shotcutを使うためだけにパソコンを制限されることはありません。また、OS関係なく使用できることから動画プロジェクトを共有しやすく、複数の動画編集者で作業を分担することも簡単です。

ただし使用できるパソコンスペックには制限があるので、どのOSを使用した場合でもshotcutが推奨しているスペックは最低でも確保するようにしましょう。

shotcutでできること

できること

行える編集は以下の通りです。インストールした方は実際に以下の編集を試してみてください。

  • 複数の動画・画像・音声ファイルを連結合成
  • フェードイン・アウト
  • トランジション
  • テキスト合成
  • 明るさ調整
  • 彩度調整
  • 透明度調整
  • クロマキー合成
  • モザイク合成
  • 映像の回転・反転
  • クロッピング
  • 音声ノーマライズ
  • 音量ゲイン

高度な編集を行えるソフトですが、中には「使い方が分からなくなりそう・・」と不安になる方もいるかと思います。しかしその点は全く気にする必要はありません。全世界で使用している方がたくさんいて、多くのブログ記事や編集チュートリアル動画がネットに公開されています。

編集方法が分からなく場合でも、ネットで検索すればすぐに答えを見つけることができるでしょう。

shotcutで動画をカットする方法

方法

動画をカットする方法を解説します。カット編集は動画編集に置いて最も多く行う作業なので、効率よくカットできるように以下を参考にしてください。

  • 必要な部分をカットする
  • 不要な部分をカットする

基本的には必要な部分をカットしてからタイムラインに配置するか、タイムラインに追加した後に不要な部分をカットして削除するかのどちらかになります。どちらも頻繁に使用する方法なので、覚えておきましょう。

必要な部分をカットする

必要な部分をカットする方法は以下の手順で行います。

  1. 動画ファイルの読み込み
  2. 切り出す範囲を選択
  3. タイムラインに追加
  4. 切り出す範囲を確認・調整
  5. 動画を保存

1.動画ファイルの読み込み

1.動画ファイルの読み込み

まずはカットしたい素材をshotcutに読み込みます。画面上部の「ファイルを開く」を選択して素材を選択します。ひとつの動画プロジェクトで使用する素材はひとつのフォルダにまとめておくと読み込む際に素材を探す時間がかからないので便利です。

2.切り出す範囲を選択

2.切り出す範囲を選択

次に読み込んだ素材の必要な部分を残すようにカットします。方法は簡単で、プレビュー画面下部にあるシーケンスバーという「▶︎」始点と「◀︎」終点をスライドさせるだけです。素材を一度再生してから必要な部分が範囲内になるようにスライドさせて調節します。この方法の注意点は素材の前後2箇所残したい場合など複数必要箇所が分かれている場合では行えません。その場合は以下で解説している不要部分をカットする方法で行いましょう。

3.タイムラインに追加

3.タイムラインに追加

必要な部分だけを残したら、画面下部のタイムラインにドラック&ドロップで追加します。プレビュー画面でシーケンスバーを調節しても、タイムラインに追加しなければ保存できません。

4.切り出す範囲を確認・調整

一度タイムラインに追加した後でも切り出す範囲を確認したり調節することは可能です。再生ヘッドをクリップの先頭に移動させて一度再生させます。切り出す範囲を調節したい場合はもう一度プレビュー画面下部のシーケンスバーをスライドさせてください。

5.動画を保存

5.動画を保存

最後に画面上部の「書き出し」を選択して、動画を保存することで必要部分だけカットされた動画になります。しかし素材ごとに保存作業を行っていては大変時間がかかってしまうので、全ての編集作業が終わった時だけ書き出しを行ってください。

不要な部分をカットする

次に不要な部分をカットする方法の手順は以下の通りです。

  1. 動画の読み込み
  2. カット範囲の分割
  3. 不要範囲のカット

 不要部分をカットする方法はタイムラインに素材を追加してから行う方法で、必要部分を残すカット方法よりも使用頻度は多くなるでしょう。素材の必要部分が複数ある場合でも、以下の方法では問題なくカットできます。

1.動画の読み込み

1.動画の読み込み

まずは動画の読み込みを行います。先ほどと同じように「ファイルを開く」から素材を選択して追加します。追加した素材はタイムラインにドラック&ドロップを行っておきましょう。

2.カット範囲の分割

2.カット範囲の分割

次に再生ヘッドと呼ばれる▼マークをスライドさせて、不要な部分の前後に持ってきます。そしてタイムライン画面上部にある「再生ヘッドで分割」を選択して素材を分割します。不要部分が少ない場合は、不要部分の前後を分割しておきましょう。

3.不要範囲のカット

3.不要範囲のカット

分割した素材の上で右クリックを行うと画像の項目が表示されるので、「削除」を選択して素材を消します。クリップが不要部分だけになるように、前後を分割しておくと削除作業が行いやすいです。

shotcutそのほかの便利な機能

機能

shotcutにはカット編集以外にも便利な機能がたくさんあるので、一部紹介します。

  • 複数動画を結合する
  • 動画にフィルタをかける

複数動画を結合してタイムラインに追加する方法や動画にフィルタをかける方法は頻繁に行う編集なので、以下を参考にしてください。非常に簡単に行えるのですぐに覚えられるはずです。

複数動画を結合する

複数動画を結合する方法は以下の手順で行います。

  1. 複数動画の読み込み
  2. タイムラインへの追加

shotcutではまとめて動画を読み込むだけで、ファイルにNo.を記載する必要なく簡単に結合して配置することができます。

1.複数動画の読み込み

まずは結合して配置した動画をshotcutで読み込みます。読み込むには「ファイルを開く」ではなく、「プレイリスト」を選択します。複数動画や複数素材をまとめて読み込みたい場合は、この方法で行いましょう。

1.複数動画の読み込み

そしてまとめて素材をドラック&ドロップするには、素材をクリックした状態でカーソルをスライドさせて、項目を全て選択してから追加します。もしくはMacの方なら「⌘」、Windowsの方は「Ctrl」を押しながら選択していくことで複数選択できるようになります。

2.タイムラインへの追加

2.タイムラインへの追加

shotcutに読み込んだ動画をまとめてタイムラインに追加します。まとめてドラック&ドロップする方法は同じです。この方法で追加すると素材を選択した順番で自動的に結合されて配置されるので、ひとつずつ配置するよりも速く行えます。

動画にフィルタをかける

動画にフィルタをかける方法は以下の手順で行います。

  1. タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択
  2. ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック
  3. フィルタリストの左下にある+をクリック
  4. パラーメーターを調整

1.タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択

1.タイムライン上で、フィルタをかけたいクリップを選択

クリップにフィルタを追加するには、フィルタを適用したいクリップをクリックして選択します。選択ができている状態では画像のように素材の周りに赤いラインが表示されます。

2.ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック

2.ツールバー上の「フィルタ」ボタンをクリック

クリップが選択されている状態で、画面上部の「フィルタ」を選択します。クリップが正しく選択されている状態でないとフィルタは適用されないので、注意してください。

3.フィルタリストの左下にある + をクリック

3.フィルタリストの左下にある + をクリック

「フィルタ」を選択すると画面左側にフィルタリストが表示されるので、「+」マークをクリックして、フィルタを表示させます。shotcutで追加できるフィルタは以下の通りです。

  • ぼかし
  • 色温度の調整
  • ホワイトバランス
  • セピア調
  • レトロ(ほこり、傷、映写機、粒子)
  • クロマキー
  • フェードイン/フェードアウト

4.パラメータを調整

4.パラメータを調整

最後に追加したフィルタの強さや各種調節を行うために、パラメーターを調節します。パラメーターはクリックした状態でスライドさせるだけで簡単に調節できます。また、ひとつのクリップに複数のフィルタを適用させることもできるので、その場合はもう一度「+」をクリックして追加してください。

まとめ

今回は無料で使用できる高性能動画編集ソフトのshotcutで、カット編集を行う方法について解説しました。カット編集は動画編集で最も頻繁に行う作業なので、なるべく効率的に速く行うことがおすすめです。この記事で解説した、必要な部分をカットするか、不要な部分をカットする方法のどちらかで行うのが効率的なので、参考にしてください。

 

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア