CPCV(Cost per Completed View)とは?

1回の再生に掛かった完全視聴コスト

CPCVとは、Cost per Completed Viewの略で、動画広告を配信する際のコストに関する指標です。再生された動画広告が最後まで完全に視聴された場合に発生するコストです。完全視聴完了の1再生当たりでコストを支払います。

CPCVの計算式

計算式は
CPCV=【広告に支払ったコスト】÷【完全視聴完了数】
となります。

¥10,000の広告費に対して1000回の再生なのでCPVは¥10と算出することができます。

CPVとの違い

似たような指標としてCPVがあります。広告視聴1回あたりのコストのことです。どちらも動画マーケティングにおいてよく使われる指標です。CPVが視聴回数を指標としているため、多くの人に届けること、認知してもらうために有効であるのに比べ、CPCVは動画広告を最後までしてもらうことを目的としているため、商品理解やブランディングに有効な指標となります。代表的な媒体は、YoutubeのTrueView広告です。

CPVとCPCVの違い

関連記事:
今さら聞けない?Youtubeの動画広告TrueViewとは
CPV(Cost Per View)とは? | コマケンby movico

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。