活用事例PLAN

for 事業会社

導入前の課題例

  • 社内でコンテンツを作れる体制がない…
  • 外注コストが高く、PDCAが回らない…
  • やりとりの工数が重たかった割に、思ったクオリティにならなかった…

RICHKAを
導入すると?

When RICHKA is introduced...

部署を超えて
クリエイティブを
共通の社内資産に。

SNSから社内広報まで、ブランドに必要なクオリティを担保した状態で、動画の量産が可能。 制作物は資産化されていくため、ノウハウも属人化しません。

CASE1

SNS、広告の運用を内製化

運用担当者様がクリエイティブのPDCAを回すことは、
ノウハウの蓄積、効果の最大化に効果のある施策の一つです。
動画クリエイティブの複数運用で飛躍的なカイゼンが期待できます。

制作事例

CASE2

自社サイト用の動画を量産してUX向上

HP内のユーザー体験を向上させる様々な動画コンテンツを型化、
量産することで、動画時代のUXを向上させることが可能です。

制作事例

CASE3

店舗内サイネージ、
社内コミュニケーションに

コストがかかって更新が難しいサイネージの運用も、リチカなら簡単。店舗、オフィス内サイネージでのちょっとしたお知らせでけでなく、社内報やチラシの動画化でも活用できます。

制作事例

ブランド企業様の
より多くの事例をご紹介できます。

OTHER PLANSその他の活用事例