無料トライアル

動画広告の効果とは?プロモーション成功に必要なポイントを解説

スマホやインターネットでの動画視聴の普及によって、動画広告市場は急成長をしています。そのため自社製品や自社ブランドを宣伝しようと動画広告を利用する企業も急増しており、動画サイトやソーシャルメディア、あらゆるWEB上で動画広告が配信されています。しかし、動画広告の効果や戦略を理解しないで配信しているケースも多く、広告効果を得られていない企業も多くいます。そこで、動画広告の効果を最大限に生かせるように必要なポイントを解説していきます。

1.動画広告の効果は目的別によって異なる

「動画はこれから伸びる!」と思い、動画広告を配信しようと考える企業は多いですが、動画広告を打つ目的によって効果を得られているのかどうか測る指標が異なってきます。どういった目的別で動画広告が配信されるのか見ていきましょう。

①:ブランディング

企業や商品の世界観を表現することで、ブランドとしての価値を高めることがブランディングです。ブランディングによって企業や商品はユーザーから共感され、信頼感を得る事で購買に繋がります。ブランディング動画では、ストーリー性のある動画にすることが大切です。企業価値を高めるのであれば、企業理念やビジョンに沿ったストーリーにし、商品価値を高めるには商品のイメージやサービスをショートストーリー動画にします。

②:販売促進

一般的な販売を促進することを目的とした動画で、テレビコマーシャルと同じようなタイプになります。テレビCMと違う点は、長い時間で情報を伝えられることです。しかし、視聴を最後まで見てもらうには、短い時間でインパクトを与える必要があるでしょう。

③:認知拡大

商品やサービスの認知度を高めるための動画広告であり、他社商品との違う自社のメリットをユーザーに認識してもらいます。FacebookやInstagramなどのSNSでシェアされるような動画広告が最適であり、自然と拡散されることがメリットになります。インパクトや面白さ、華やかさなどユーザーを楽しませる内容が必用です。

2.最適な動画広告で効果を得るためには?成功のポイント

動画広告を配信するのであれば、広告効果を得て成功させたいものです。動画広告を成功させるために押さえておきたいポイントを紹介していきます。

①:適切な配信メディアを選ぶ

動画広告といっても配信するメディアは多数あります。YouTubeのような動画サイトもあれば、SNS、WEBサイトなどメディアの数は非常に多いのです。その中でも有名なサイトを選べば視聴するユーザーも多いため、効果を得られると考えられがちですが、決してそうではありません。目的やターゲット年齢層、ユーザーの関心に合わせた配信メディアを選ばなくては動画視聴には繋がらないのです。もし動画を視聴しない層に公告したいのであれば、インバナー広告が最適です。

②:目的を明確にする

上述したように、動画広告は目的によって配信するメディアも動画広告内容や利用する動画広告の種類も異なります。目的が明確になっていなければ、ユーザーに伝えたいメッセージが届きません。どういった目的で動画広告を制作し、その動画広告に期待する効果を数値で表す必要があります。

③:ユーザー目線の動画広告制作

動画広告で失敗する理由によくあるケースが、ユーザーの目線に立てていないということです。企業の主張ばかりの動画広告となってしまい、ユーザーからすると視聴しても心が動かされないのです。ユーザーの目線に立ち、心を動かせる動画広告こそが購買や視聴回数などに繋がり、目的に合った効果を得られるのです。

3.主要媒体のメリットとデメリット

動画広告は、配信する媒体に合った動画広告を制作する必要があります。そのためには、配信する媒体を決めてから制作にあたる必要があります。主要媒体のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

①:YouTube

YouTubeといえば、全世界の人が視聴する最大の動画視聴サイトです。国内だけでも5000万人近いユーザーを抱え、1日の再生回数は40億回を超えるほどです。年代は10~50代となっており、大規模にリーチしたい際に最適です。動画広告をしっかりと視聴してもらうことができながらも、広告費用を抑えられることがメリットです。一方で、WEBサイトに誘導できないのでクリック誘導したい場合には向いていません。

②:Facebook

タイムラインで自動再生されるので、広告と気付かずに視聴するユーザーも多いです。地域や年齢、関心、性別など細かくターゲットを絞って配信することができ、WEBサイトへの誘導も出来る点がメリットです。動画内容をしっかりと見せたい場合には向いていません。

③:Instagram

写真や動画を投稿する最大ソーシャルメディアであるInstagramは、20~30代の男女のユーザーが多くなっています。手頃に広告を打つことができ、スマホユーザーに訴求することができます。動画はしっかりと見せられないので、ブランディングしたい場合に向いているでしょう。

4.まとめ

動画広告は、どんなメディアにどんな形で配信しても効果を得られるというわけではありません。プロモーションを成功させるためには、もう一度広告したい商品や企業の目的を明確にして、配信するメディアを検討しましょう。

RICHKAならクリエイター不要で簡単に動画を内製化!

弊社では誰もが編集ソフトや知識不要でプロクオリティの動画を簡単に内製化できるサービスを提供しております。
低コストかつスピーディーに動画制作を内製化することで、スムーズに動画広告や動画コンテンツでPDCAを回し、成果がでる動画制作が可能になります。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。

無料のトライアルで
動画制作を体験しましょう

  • チャットサポートあり
  • 電話サポートあり

サービス資料で
RICHKAをもっと詳しく

  • 特徴
  • 利用シーン
  • VSEO対策
  • 料金プラン

お問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。
担当者から24時間以内に返信いたします。

電話でのお問い合わせ

03-5452-4313

(平日10:00 - 18:00)