インスタグラムのストーリーズ広告に出稿する方法は?

SNSの中でもユーザー数の増加によって多くの企業がInstagramに注目しています。
最近ではストーリーズ広告を活用することで成果を得ている企業も多いため、出稿したいと考えている人も多いでしょう。
そこで、Instagramのストーリーズ広告がどういった広告であり、どのように出稿するのか詳しく解説していきます。

Instagramのストーリーズ広告とは

Instagramといえば、SNSの中でも写真や短い動画を気軽に投稿することができるので世界中で人気を誇るSNSです。
ハッシュタグによって関心のあるユーザーに注目してもらうことも絞れることから広告媒体としてもターゲットを絞りやすいとされています。
Instagramにおけるストーリーズ広告とはどういったものなのか見ていきましょう。

ストーリーズ広告

Instagramのストーリーズとは通常のタイムラインの上部に表示される投稿で、24時間で消えるという特徴があります。
写真や動画、そしてライブ配信までが可能となり、世界中の人が利用しています。
そして、ストーリーズは一般投稿だけではなくストーリーズ広告として企業や商品の広告も投稿することができるのです。
ストーリーズ広告は、ストーリーズの投稿と投稿の間に差し込まれることになります。
ストーリーズ自体がスマホでのみ利用できる機能なので、ストーリーズ広告もスマホユーザーに向けた配信になります。

ストーリーズ広告の特徴

ストーリーズ広告は、ユーザーがフォローしているユーザーの投稿したストーリーズとストーリーズの間に差し込まれるので自然と閲覧することになります。
そのため、広告という概念を持たれることなく自然にブランドイメージや訴求が可能になります。
また、広告に興味がないユーザーはスワイプで広告をスキップできるため、ユーザーにとってもストレスがないものとなるのです。
ストーリーズ広告は、タイムライン上の広告とは違ってフルスクリーンで再生されることも特徴でしょう。
そのため、ユーザーに深く印象付けることができます。

ストーリーズ広告に出稿する方法

入稿する方法

Instagramのアカウントも企業や商品として持っている場合には、簡単に入稿することができます。
アカウントにログインをし、広告マネージャーに移動します。
「ガイドツールによる作成」もしくは「クイック作成」を選び、次に広告の目的を選びます。
広告の目的は現在7項目あり、「ブランドの認知度アップ」「リーチ」「動画の再生数アップ」「コンバージョン」「アプリのインストール」「リード獲得」「トラフィック」の中から広告の目的を選びます。
そして、配属セクションにて「自動配置」もしくは「配置を編集」を選択します。
最後に、画面説明に従って広告を完成させるだけで完了します。

フォーマットに沿った動画制作を

ストーリーズ広告を利用するには規定のフォーマットに該当する動画でなくてはいけません。
動画作成前に、しっかりとフォーマットについて確認しておきましょう。
動画だけでなく静止画でも可能ですが、どちらの場合も全面縦型広告であり、推奨解像度は1080×1920(最小600×1067)になります。

・動画のフォーマット

ファイル形式 … .mp4もしくは.mov
サイズ … 最大4GB
時間 … 最大15秒
コーデック … H.264、VP8

・静止画のフォーマット

ファイル形式 … jpgもしくはpng
サイズ … 最大30MB
時間 … デフォルトは5秒表示

自動配置の活用

FacebookやInstagramなどSNSは連動できるような機能がありますが、広告においても連動することが可能です。それは、「自動配置」と呼ばれる機能で、Facebookで掲載している広告をInstagramに掲載することができます。
自動配置することで、システムが自動で広告の良い場面を選別して掲載するという便利な機能になっています。自動配置を利用することで、効率よく低単価で成果を上げられることが期待できるので、利用する企業も増加しています。

カルーセル広告でより広告の自由度を高める

ストーリーズの通常投稿は、複数の写真や動画などを組み合わせて投稿することができますが、ストーリーズ広告は1つの静止画もしくは動画1本のみの配信でした。
しかし、カルーセル広告のサービスが提供されるようになり、静止画3本と動画3本の選択が可能になったのです。
静止画と動画の組み合わせも自由なので、自由度の高い訴求ができます。
ただし、必ず3本は設定しなくてはいけないということと、自動配置では設定ができないのでストーリーズのみのキャンペーンを作成しなくてはいけません。
これらの条件をクリアすることができれば、これまで以上にストーリーズ広告を自由にストーリー仕立てて活用することができます。

まとめ

Instagramはユーザーが増加しているだけでなく、ビジネスとしても活用されている場です。
広告の配信からビジネス機能まで充実してきているので、ストーリーズ広告は企業や商品にとって魅力的な広告媒体としての利用価値があります。
広告の配信を検討している場合には、ぜひ新しい手段として利用してみてください。

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。