CPV(Cost Per View)とは?

CPVのVはViewのV

CPVは動画広告においてよく利用される用語の一つ。Cost Per View(広告視聴1回あたりのコスト)の略で、動画広告単価の測定に使用されます。従来の動画以外のディスプレイでは、CPC(Cost Per Click)という1クリックあたりのコストや、CPM(Cost Per Mille)1,000回インプレッションあたりのコストがよく使われますが、動画広告は「どのくらい”視聴”させたか」という指標が大切なため、CPVを用いることが多いです。

 

計算方法はいたってシンプルです。
CPV=【広告に支払ったコスト】÷【動画広告の再生数】です。

下の図で例えて見ると、¥10,000の広告費に対して1,000回の再生なのでCPVは¥10と算出することができます。CPV型の動画広告では1再生ごとに設定したCPVが課金されます。

スクリーンショット 2017-10-11 12.06.13

動画の長さや媒体によって”視聴”の定義が異なる

また、動画にも様々な長さの動画があったり、Youtubeと他のSNSでは視聴環境やユーザーの動画に対するモチベーションが異なるので、それぞれ「1視聴」の定義が異なります。例えば代表的なYoutubeのTrueView広告は「完全視聴単価方式」を採用しており、30秒までの動画は途中で離脱した場合課金されません。よって無駄な広告消費を軽減することもできます。またFacebookは縦にスクロールしていくというフィードの性質上、1視聴を3秒経過時点という定義をしています。他媒体も定義がそれぞれ異なるので詳しくは調べてみてください。

スクリーンショット 2017-10-11 12.06.20

代理店実績No.1 動画広告の生成ツール

弊社では、高速PDCAが求められる広告代理店向けに開発された5G時代の動画広告自動作成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供しております。
RICHKAなら、知識不要、AIの制作サポートで、営業マンやアルバイトさんでも数百のフォーマットから「用途」と「配信先」を選ぶだけで、効果が出せる動画広告をかんたんに作成できます。
無料トライアルや資料請求ができますのでまずはお気軽にこちらからアクセスください。