marketing

2020年10月24日(公開: 2019年01月17日)

動画広告ならアドネットワーク?初心者でも分かるアドネットワークについて

テレビや雑誌の広告から、今ではインターネットでの動画広告が主流の時代に変わってきています。動画広告などインターネットで広告を打つ際に、「アドネットワーク」という言葉をよく耳にすると思います。

アドネットワークとは、広告媒体のWEBサイトをたくさん集めて広告配信ネットワークを作り、それらの媒体にまとめて広告を配信する仕組みです。利用するアドネットワーク傘下のメディアに一気に出稿できる、ジャンルを絞って関連性のあるWEBサイトに配信できるといったメリットがあります。

この記事では、初心者でも分かるようにアドネットワークについて解説していきます。

アドネットワークとは?

アドネットワークとは、広告媒体のWEBサイトをたくさん集めて広告配信ネットワークを作り、それらの媒体にまとめて広告を配信する仕組みです。WEBサイトやSNS、ブログなどを多数の媒体を集めているため、一括して広告が配信できます。
アドネットワーク業者も存在しているので、動画広告などWEB上で広告を出したい時には広告の掲載処理も一括して任すことができるので利便性の高さも魅力です。

アドネットワークの歴史

アドネットワークが登場する前は、広告をWEB上で出すにも、それぞれの倍体へ個別に広告出稿の依頼をしなくてはいけませんでした。
つまり、ブログやWEBサイトなど広告を出したい媒体へ1件1件依頼するため、媒体を選定する手間や掲載までの手間がかかっていたのです。
しかも、媒体毎に規定も異なりますし、広告掲載が終わってからも提供されるデータが違うため広告主やメディアにとっては頭を悩ませることばかりだったのです。
しかし、アドネットワークの仕組みが登場し、アドネットワーク業者が持っているアドサーバーで一括掲載ができるようになったのです。

アドネットワークを利用するメリット・デメリット

アドネットワークを利用することで、広告主も媒体側であるメディア側にもメリットがたくさんあります。
どういったメリットが生じるのか見ていきましょう。
また、デメリットも生じる場合があるので、アドネットワークを利用する前に知っておきましょう。

広告主側のメリット

アドネットワークを利用することで発生する広告主側のメリットは、やはり入稿もしくは入札するだけで利用するアドネットワーク傘下のメディアに一気に出稿できるという点です。
これによって広告主側は、時間と手間を省くことができます。
しかもメディアのジャンルがカテゴリ分類されているので、ジャンルを絞って関連性のあるWEBサイトに配信することができます。
また、インプレッションやクリック数、コンバージョン、CTR、CVRなどの効果測定データをまとめて見ることができることもメリットです。

メディア側のメリット

アドネットワークを利用してメリットが発生するのは広告主だけではありません。
広告を配信するメディア媒体側にもメリットが生じるのです。
まずは、ネットワークに加盟することでWEBサイトの規模の大きさ関係なく顧客の獲得ができます。
つまり、小さなWEBサイトであってもアドネットワークに加入することで売り上げを伸ばせることが期待できるのです。
また、自分のWEBサイトにタグを張り付けるだけなので手間もなく、1つの広告枠に複数の広告を掲載することができます。

広告主・メディアに共通するデメリット

広告主にとってもメディアにとってもメリットが多いアドネットワークですが、もちろんデメリットも生じる場合があります。
1つのアドネットワーク業者だけではなく、複数の業者を利用する場合には課金や効果測定方法が業者毎に異なります。
そのため、利用するアドネットワーク業者毎に管理や分析が必用になります。
しかし、複数利用することで、より多くのメディアへ広告を出稿することができ、メディア側は多くの顧客を得られる可能性が高まります。

おすすめのアドネットワーク業者

日本国内だけでなく、世界中に多数のネットワークを保有するアドネットワーク業者はいくつかあります。
その中でも代表的な会社を紹介していきます。

Google Display Network

Googleが運営するアドネットワークで、世界最大規模のネットワークを保有しています。
200万以上のメディアと65万種類以上のアプリに掲載することができるようになります。
動画広告であれば、YouTubeやビッグローブなどが主な掲載先になります。

GDN動画広告についてもっと知りたい方はリンク先で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

https://richka.co/times/7860/

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク

Yahoo!が運営するアドネットワークで、Yahoo!ニュースなどYahoo!Japan内のコンテンツや、さまざまな大手掲載パートバーのWEBサイトに広告を出稿することができます。
動画広告をYahoo!ニュースに掲載できる他、ニコニコ動画やYahoo!関連サービスに掲載することができます。

YDN動画広告についてもっと知りたい方はリンク先で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

https://richka.co/times/7857/

アプリ向け動画広告ネットワーク

スマートフォンアプリなどを利用するユーザーに対して動画広告を提供するネットワークサービスを紹介します。

maio(マイオ)

maioは、国内最大級の広告主数を誇るアイモバイルが提供するネットワークサービスです。アイモバイルが提供しているスマートフォンアプリを利用するユーザーに対して、フルスクリーンの動画広告を提供できます。主な主力の動画広告フォーマットは動画リワードです。

Vungle(バングル)

Vungle(バングル)は、モバイルデバイスに最適化された動画広告をグローバルに提供しているアプリ内動画広告のプラットフォームです。

まとめ

アドネットワークについて解説してきましたが、アドネットワークについて理解することはできましたか?
広告を出稿するにあたって、アドネットワークは非常に便利なシステムなので利用しない手はありません。
自身の手間などを省くためにも、アドネットワークを利用して動画広告を出稿しましょう。

アドネットワーク以外の動画広告についてもっと知りたい方はリンク先で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

【2020最新】動画広告の一覧、媒体おすすめ比較8選

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア