marketing

2019.07.24

Instagram広告の出稿方法とは?広告出稿に向けて押さえておきたいポイント紹介

  • Instagram広告

Instagramにおける広告は、一般ユーザーが投稿している動画や画像のように掲載されるため、ユーザーが広告と知らずに自然に目に入る広告です。
しかも、利用ユーザーは10代・20代の若年層が多いので、若い世代への広告効果は絶大と言えます。
そのため、最近はInstagram広告を利用する企業も増加しているのです。
そこで、今回は、Instagramへ広告を出稿する方法や、出稿にあたって押さえておきたいポイントを紹介していきます。

Instagram広告の概要

\n\nInstagramにて広告を出稿するにあたり、まずは広告の種類や料金形態などの基本概要を知っておかなくてはなりません。\n\n目的かつ費用に合った広告を出稿できるように、基本概要から押さえていきましょう。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>Instagramにて広告を出稿するにあたり、まずは広告の種類や料金形態などの基本概要を知っておかなくてはなりません。
目的かつ費用に合った広告を出稿できるように、基本概要から押さえていきましょう。

広告のフォーマットは4種類

\n\nInstagram広告のフォーマットは、「写真広告」「動画広告」「カルーセル広告」「ストーリーズ広告」の4種類です。\n\n写真広告は静止画、動画広告は動画をユーザーのタイムライン上に自然に表示させることができます。\n\n説明文にはリンクを記載することもでき、コールトゥアクションボタンも写真下に配置できます。\n\nカルーセル広告は複数の写真をスライド式に表示させることができる広告で、ストーリーズ広告はフルスクリーン表示が可能となる広告です。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>Instagram広告のフォーマットは、「写真広告」「動画広告」「カルーセル広告」「ストーリーズ広告」の4種類です。
写真広告は静止画、動画広告は動画をユーザーのタイムライン上に自然に表示させることができます。
説明文にはリンクを記載することもでき、コールトゥアクションボタンも写真下に配置できます。
カルーセル広告は複数の写真をスライド式に表示させることができる広告で、ストーリーズ広告はフルスクリーン表示が可能となる広告です。

料金形態

\n\nInstagram広告における料金形態は、CPM・CPC・CPIの3種類です。\n\nCMPは広告が1,000回表示されると課金が発生し、CPCではクリック単価になるので広告のコールトゥアクションボタンがクリックされると課金が発生します。\n\nまた、CPIはアプリ広告にのみ適用され、広告経由でアプリがインストールされると課金が発生します。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>Instagram広告における料金形態は、CPM・CPC・CPIの3種類です。
CMPは広告が1,000回表示されると課金が発生し、CPCではクリック単価になるので広告のコールトゥアクションボタンがクリックされると課金が発生します。
また、CPIはアプリ広告にのみ適用され、広告経由でアプリがインストールされると課金が発生します

Instagram広告の出稿方法

\n\nInstagram広告に出稿するには、Facebookのアカウントがあれば出稿することができます。\n\nしかし、Instagramのアカウントもある方が広告の運用には適しているので、まずはアカウント作成から始めましょう。\n\nもちろんアカウントがなくても出稿することができます。\n\n広告出稿方法は、広告マネージャーとパワーエディタのどちらで出稿するかによって変わります。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>Instagram広告に出稿するには、Facebookのアカウントがあれば出稿することができます。
しかし、Instagramのアカウントもある方が広告の運用には適しているので、まずはアカウント作成から始めましょう。
もちろんアカウントがなくても出稿することができます。
広告出稿方法は、広告マネージャーとパワーエディタのどちらで出稿するかによって変わります。

広告マネージャーとパワーエディタの違い

\n\n広告マネージャーは広告作成ツールとなり、デスクトップとモバイルのどちらにも対応しています。\n\n広告の全てを一括設定したりできるので、手軽に広告を出稿する方法になります。\n\n一方で、パワーエディタはデスクトップ限定になります。\n\nその分、キャンペーンを細かく設定したり、一度に複数の広告を作成したりすることができます。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>広告マネージャーは広告作成ツールとなり、デスクトップとモバイルのどちらにも対応しています。
広告の全てを一括設定したりできるので、手軽に広告を出稿する方法になります。
一方で、パワーエディタはデスクトップ限定になります。
その分、キャンペーンを細かく設定したり、一度に複数の広告を作成したりすることができます。

広告マネージャーより出稿する場合

\n\n①Instagramのアカウントがある場合は、ビジネスマネージャーに追加もしくはページ設定から追加します。\n\nアカウントがない場合には、Facebookページを広告元に使用できます。\n\n②広告作の目的を設定する\n\n③広告のターゲットや配置、掲載期間や予算など細かい詳細を設定\n\n④広告プレビューのセクションで、Instagramにチェックが入っていることを確認\n\n⑤注文を確定"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>①Instagramのアカウントがある場合は、ビジネスマネージャーに追加もしくはページ設定から追加します。
アカウントがない場合には、Facebookページを広告元に使用できます。
②広告作の目的を設定する
③広告のターゲットや配置、掲載期間や予算など細かい詳細を設定
④広告プレビューのセクションで、Instagramにチェックが入っていることを確認
⑤注文を確定

パワーエディタより出稿する場合

\n\n①広告のキャンペーンを作成\n\n②広告セットを作成する\n\n広告のターゲットや予算など詳細を設定し、配置のセクションでInstagramを選択する\n\n③広告を作成する\n\n広告名を入力して作成をクリックし、素材など広告の詳細を入力して【変更を確認】ボタンをクリックする\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>①広告のキャンペーンを作成

②広告セットを作成する
広告のターゲットや予算など詳細を設定し、配置のセクションでInstagramを選択する

③広告を作成する
広告名を入力して作成をクリックし、素材など広告の詳細を入力して【変更を確認】ボタンをクリックする

Instagram広告出稿へのポイント

\n\nInstagram広告の出稿自体は難しいものではありません。\n\nしかし、広告を効果的にするには発信するユーザーに適した広告である必要があります。\n\nInstagram広告で成功するためのポイントを紹介します。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>Instagram広告の出稿自体は難しいものではありません。
しかし、広告を効果的にするには発信するユーザーに適した広告である必要があります。
Instagram広告で成功するためのポイントを紹介します。

ビジュアル訴求力に力を入れる

\n\nInstagramはSNSの中でも写真や動画などクリエイティブが発信されるSNSです。\n\nそのため、広告においても魅力的なクリエイティブでなければユーザーの目に留まることはありません。\n\n『インスタ映え』という言葉があるように、色使いや世界観、画質などの工夫が必要となります。\n\nまた、インパクトや面白さがあるものも注目される傾向にあります。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>InstagramはSNSの中でも写真や動画などクリエイティブが発信されるSNSです。
そのため、広告においても魅力的なクリエイティブでなければユーザーの目に留まることはありません。
『インスタ映え』という言葉があるように、色使いや世界観、画質などの工夫が必要となります。
また、インパクトや面白さがあるものも注目される傾向にあります。

目的とユーザーに合ったクリエイティブ制作を

\n\n広告の目的に合ったクリエイティブの制作は当たり前のことですが、広告の目的が認知なのか商品販売なのかなど目的はさまざまです。\n\n広告の目的を念頭においてクリエイティブを作成し、ユーザーのことも念頭に置かなくてはなりません。\n\nモバイルでInstagramを見る人が多いですが、モバイル向けに作成することも大切です。\n\nまた、Instagramのユーザーは物質的な価値よりも経験的価値に魅力を感じます。\n\n商品やサービスのスペックよりも、商品やサービスによって生活がどれだけ豊かになるかを訴求した方が大切なのです。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>広告の目的に合ったクリエイティブの制作は当たり前のことですが、広告の目的が認知なのか商品販売なのかなど目的はさまざまです。
広告の目的を念頭においてクリエイティブを作成し、ユーザーのことも念頭に置かなくてはなりません。
モバイルでInstagramを見る人が多いですが、モバイル向けに作成することも大切です。
また、Instagramのユーザーは物質的な価値よりも経験的価値に魅力を感じます。
商品やサービスのスペックよりも、商品やサービスによって生活がどれだけ豊かになるかを訴求した方が大切なのです。

まとめ

\n\nInstagramはこれから更に進化を遂げることが期待されますし、ユーザーも更に増加していくことが予想されています。\n\nだからこそ、企業にとってInstagramの広告を活用しない手はないと言えるでしょう。\n\n紹介した広告の概要とポイントを押さえておけば、広告の出稿自体はとても手軽にできます。\n\n出稿することよりも、クリエイティブの制作に力を注いで『インスタ映え』と認知されるような広告制作を心掛けましょう。\n\n"}” data-sheets-userformat=”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>Instagramはこれから更に進化を遂げることが期待されますし、ユーザーも更に増加していくことが予想されています。
だからこそ、企業にとってInstagramの広告を活用しない手はないと言えるでしょう。
紹介した広告の概要とポイントを押さえておけば、広告の出稿自体はとても手軽にできます。
出稿することよりも、クリエイティブの制作に力を注いで『インスタ映え』と認知されるような広告制作を心掛けましょう。

 

この記事をシェア