動画コンテンツのメリット - 事例や活用ポイントを解説

2020年07月31日(公開: 2020年07月31日)

動画コンテンツのメリット

事例や活用ポイントを解説

動画広告や企業のプロモーション動画など動画コンテンツの活用に対する需要が増えてきています。しかし、動画コンテンツを活用するメリットや効果は本当にあるのか、どうやって活用するのが良いのか不安です。

そこでこの記事では、動画コンテンツのメリットや活用事例をご紹介します。初心者の方向けに紹介していきますので、記事を読んで目的にあった動画コンテンツの活用方法を見つけてくださいね。

動画コンテンツ市場について

動画コンテンツ市場について

まずは動画コンテンツの市場について、以下の3つの要素から解説していきます。動画コンテンツの需要はこれからは今まで以上に活発になっていくことが予想されています。

どんな業界でどんなビジネスを行っていても、動画コンテンツを制作し、販促や集客に活用して行かないと、需要の流れに乗っていくことはできません。

これから動画コンテンツの需要が加速すると予想されている理由としては、ユーザーのモバイルシフトが進み、動画配信サービスの利用者が増え、それを5Gが後押しする流れが理由になります。

それぞれの要素を詳しく解説していくので、流行に遅れないように参考にしてください。

  • モバイルシフト
  • 動画配信サービスの伸び
  • 5Gの普及

モバイルシフト

モバイルシフト

まずこれから起こることは、動画コンテンツのモバイルシフト化です。

モバイルシフト化は既に起こっていますが、これまで以上に加速していきます。

今まで広告費が使われていた市場のテレビ業界は完全に衰退し、動画配信サービスであるYouTubeやその他の動画プラットフォーム上に広告費が移行しています。

日本やアメリカなど多くの国では、まだまだ1日にテレビを見る時間が多い世代がたくさんいて、完全にテレビ業界が衰退した訳ではありません。

しかし現在の若い世代のテレビ離れや、今後5Gが普及し、より動画を身近に楽しめる環境が整うことになれば、動画をテレビではなくモバイル=スマートフォンで視聴する風になるのが必然です。

モバイル化が進めば、よりどこでも気軽に動画を見ることができるようになる為、動画コンテンツの市場はさらに拡大していくでしょう。

動画配信サービスの伸び

動画配信サービスの伸び

ネットフリックスから始まり、AmazonプライムやHulu、U-NEXTなどなど、現在では様々な動画配信サービスが登場しています。

この流れは今後も変わらずに拡大し、更に細かいジャンル毎のニッチな動画配信サービスなどが増えてくることが予想できます。

動画配信サービスを立ち上げる方法も確率されてきているので、今後は各企業が月額制の動画配信サービスを立ち上げて、マネタイズしていくことになるでしょう。

ユーザーは動画配信サービスに課金することや利用方法に慣れているので、新しいサービスが登場しても、あまり抵抗なく良いサービスであれば安定した事業に発展させていくことができるはずです。

有料課金型のネットフリックスのような動画配信サービスだけでなく、YouTubeなどの無料プラットフォームの利用者数の伸びも大きいので、今後はあらゆるジャンルの企業がYouTubeを集客やブランディングに活用して、いくことになります。

既に多くの企業がYouTubeチャンネルを立ち上げて試行錯誤していますが、YouTubeチャンネルを上手く伸ばせるかどうかが企業の成長に大きく関わってくるでしょう。

動画コンテンツを持っていない企業は今後生き残れない時代がくるかもしれません。

5Gの普及

5Gの普及最後に動画市場を拡大させる要因として最も大きい理由は、5Gの普及です。

5Gは現状の4Gの次の世代となる次世代型高速通信システムのことを呼び、超高速、超低遅延、超多数同時接続といった特徴があります。

5Gが普及すると、あらゆることが可能になり、様々な用途で動画コンテンツが利用されるようになることが予想されます。

2時間の動画が3秒でダウンロードすることができるようになると言われており、動画配信サービスの需要が増し、ストリーミングサービスの利用も増しますが、ダウンロードする需要が増えることになるでしょう。

動画コンテンツを用意していた企業は5Gの波に乗ることができ、ビジネスを拡大させることができるはずです。

動画コンテンツのメリットや効果

動画コンテンツのメリットや効果

動画コンテンツを制作して活用するメリットとして、以下の3つの点が上げられます。

動画コンテンツを制作するメリットを把握していない方は、今後の市場拡大についていけなくなってしまうので、必ずご覧ください。

テキストや画像のみでコンテンツを制作する場合より、短時間で多くの情報をユーザーに届けることができ、更に印象に残りやすく購買意欲を高める効果があります。

まだ動画コンテンツを活用したことがない方は、大きな機会損失をしているので、以下を参考に制作を始めましょう。

  • 短時間で多くの情報を伝えられる
  • 印象に残りやすい
  • 態度変容を起こしやすい

短時間で多くの情報を伝えられる

短時間で多くの情報を伝えられる

動画コンテンツを活用することで、テキストや画像コンテンツよりも短時間で多くの情報を伝えることができるようになります。

動画では画面上で表現できる情報量が多く、テキストでは表現が難しく伝えることができなかった内容も、映像では簡単に伝えることができ、内容の勘違いも起こりにくいです。

情報を伝える為に長いテキストやたくさんの画像を用意することもできますが、ただ情報量が多ければ良い訳ではありません。

ユーザーは長すぎるテキストや画像をしっかりと注視している可能性は非常に低く、短時間で情報を得ることができなければサイトから離脱されてしまい、商品やサービスが売れることはありません。

その点動画であれば、ユーザーがテキストを読み込んで頭でイメージするよりも早く、短時間で多くの情報を伝えることができるので、ユーザーを飽きさせることなく、最後まで見てもらえる可能性が高まります。

印象に残りやすい

印象に残りやすい

動画コンテンツを活用すると、テキストや画像と比べて、印象に残りやすいメリットもあります。

動画でサービス内容や商品の活用シーンを見ることで、購入後の未来をイメージすることができ、商品やサービスをユーザーの記憶に定着させることができます。

テキストや画像だけのランディングページでは先ほども解説した通り、ユーザーはしっかりと見てはいないので、多くの情報を覚えてはいません。

しかし動画では印象に残りやすいだけでなく、記憶に残る情報量もテキストよりも多い特徴があります。

更に動画コンテンツにリズミカルな音楽が使われていたり、有名な人物が出演していたりすると、よりユーザーの記憶に商品と関連して印象付ける効果があります。

テレビCMで有名俳優や女優が使われているのは、これが理由です。

態度変容を起こしやすい

態度変容を起こしやすい

ユーザーの態度変容も行いやすいメリットも動画コンテンツにはあります。

これはどういうことかというと、そもそもユーザーは正しく情報を認識していない場合が多く、商品やサービス内容を間違って解釈しているユーザーも珍しくはありません。

そういったユーザーが動画を見ることで、映像として商品活用シーンやサービス内容を理解することができることになり、動画コンテンツを見る前は購入意欲の低かったユーザーの態度を変容させることができます。

つまり動画コンテンツには情報を誤解させずに正しく伝えることができる特徴があり、購入可能性があるユーザーをとり逃さずに、販促を行うことができるということです。

また誤解を与えないということは、商品購入後の誤解によるクレームを未然に防ぐ効果もあるということにもなります。

このように動画コンテンツはユーザーの態度変容を起こしやすいので、上手く活用することができれば上記のようにメリットがある一方で、間違った印象をユーザーに与えてしまい、購入しようと思っていたユーザーの気持ちを下げてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

動画コンテンツの活用事例

動画コンテンツの活用事例

ここからは実際に動画コンテンツを活用して成果を上げている企業をいくつか紹介していきたいと思います。

これから動画コンテンツを制作して事業に役立たせようと考えている方は、大変参考になる企業ばかりなので、ご覧ください。

  • ウォンテッドリー株式会社
  • Sansan株式会社
  • レノボ株式会社

ウォンテッドリー株式会社

「出典:https://youtu.be/IWYRMPSz_9A

採用活動のプラットフォームを提供するウォンテッドリー株式会社では、実際にサービスを利用して採用活動を行った大手企業の採用担当者の方にインタビューを行い、なぜウォンテッドリーを利用したのかや、どういう点で採用活動を上手く行うことができたのかを紹介しています。

他にもウォンテッドリーを利用して求人を掲載している企業の他に、ウォンテッドリーを利用して仕事を面接を行い、実際に企業に採用された方にもインタビューを行っており、ウォンテッドリーの機能としてポートフォリオを掲載することができる点や堅苦しくないプロフィールの設定に魅力を感じて利用しているという内容の動画になっています。

優秀な人材を探している採用担当者の方から、仕事を探している方まで、この動画コンテンツを視聴するだけで、サービスの良さや、実際に採用されるかもしれない、良い人材を見つけることができるかもしれないというイメージを抱くことができると思います。

ウォンテッドリーは他にもインタビュー形式の動画を公開しており、サービスを実際に利用している方のインタビュー動画が信頼性の向上や、ユーザーのサービス理解に貢献するということがよく分かる内容になっています。

ウォンテッドリーの動画のように、サービス利用者にインタビューを行う方法は動画コンテンツ制作でおすすめの方法なので、大変参考になると思います。

Sansan株式会社

「出典:https://youtu.be/gpM_rnQBCr0

この動画コンテンツでは、音声がなく映像だけでサービス内容を表現している面白い動画で、色々な人種の男女が名刺交換を行う様子を動画にしています。

最初は手で名刺交換を行っているのですが、少しづつ人数が増えていき、最終的にはスマートフォンを取り出して、名刺をスキャンし、全員に名刺が共有され、最後に「名刺は、こうなる」というメッセージで終了する斬新な動画になっています。

動画時間も短く、ナレーションは一切なく、サービスの解説テロップも最後に一言だけというかなり凄い動画ですが、これだけでサービス内容を理解することができるのはかなり面白いです。

最初はなんだこれ?と疑問を持って視聴するのですが、不思議な映像なので、なぜか見続けてしまい、最後のメッセージでなるほど!と理解することができます。

動画の印象も頭に残りやすく、名刺交換を無駄なく楽に行うことができるEightというアプリは公開されてすぐに100万回もされたそうです。

この動画コンテンツはサービス内容を詳細に解説はしていませんが、強烈なインパクトを残すことができる動画内容なので、広いターゲットに訴求を行うテレビCMなどで、サービスの認知度向上に適している動画になります。

レノボ株式会社

「出典:https://youtu.be/adfO32D45Xs

この動画はレノボのスクリーン機能つきタブレッドを有名なYouTuberの方を使って紹介している面白い動画コンテンツの活用方法です。

登録者が多いYouTuberの広告力はとてつもなく、日本でも有名なYouTuberが紹介していた商品やサービスはあっという間に売り切れになるほどです。

世界的に有名なYouTuberともなれば、どんな方法でマーケティングを行っても決して敵わない集客力を発揮することが可能になります。

さらに頭に残るリズムの音楽による印象の植え付けも行い、このYouTube動画1本で、3000万回以上も再生させることができています。

この動画コンテンツ活用例のように、現在はYouTubeの広告市場が拡大している為、YouTube広告に動画コンテンツを出すだけではなく、あなたの商品やサービスと関連性が高い人気YouTuberに直接紹介を依頼する方法も非常に効果的です。

自社のYouTubeチャンネルを育てることにも力を入れながら、YouTube市場を効果的に利用する為にも、やはり動画コンテンツは用意しておく必要があるでしょう。 

動画コンテンツの活用ポイント

動画コンテンツの活用ポイント

動画コンテンツを活用する際のポイントを解説していきたいと思います。

闇雲にどんなコンテンツでも動画にすれば良い訳ではありません。

動画として表現した方が良いコンテンツもあれば、反対にテキストがあっているコンテンツも中にはあります。

どんな動画コンテンツなら効果を上げることができるのか?動画コンテンツを制作し、活用する上で大変重要なポイントを紹介していくので、参考にしてください。

  • 目的を明確にする
  • ターゲットを明確にする
  • 音声無しでも伝わるようにする
  • CTAを用意する

目的を明確にする

目的を明確にする

動画コンテンツを制作しようと考えた時に、いきなり撮影を行うのではなく、まずは動画の目的を明確にしましょう。

早く撮影を行い、動画コンテンツを公開したい気持ちは分かりますが、この動画の目的が明確に決まっていないと、何を伝えたい動画なのか分からなくなってしまい、ユーザーを混乱させてしまいます。

動画の活用目的によって、撮影方法も編集方法も、動画の表現方法も全く異なるので、目的を決めるのは、制作を考えた時にまず最初に行うことになります。

目的としては商品やサービスの紹介動画や、採用活動に使う動画、社内研修で利用する動画、短時間の広告として利用する動画などなど目的に応じて色々なパターンの動画が存在します。

目的毎にインタビュー動画や解説動画、セミナー動画、アニメーション動画、イメージ動画など撮影方法も変わってきます。

まずは目的を明確にして、大まかな動画構成を考えていくようにしましょう。

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にする

動画コンテンツの目的を明確に定めたら、次はターゲットを絞っていきます。

動画の場合でもマーケティング戦略は変わらず、ターゲティングをしっかりと行い、どの年齢層のどう言った人物をターゲットにして動画を制作するのかを制作担当者で話し合うようにしましょう。

ターゲティングを広く取ればとるほど、動画が与えるインパクトや購買意欲の促進力は低くなってしまいますが、その代わりに多くのユーザーに商品の認知度向上を狙えるメディアでの広告運用での活用が適しており、色々なチャネルからの集客として活用することもできます。

反対にターゲットを絞った動画を制作すれば、多くのユーザーに訴求することはできませんが、ターゲットの印象に残し、購買意欲を高めるような効果を期待することができます。

ターゲットを明確にしていない動画では、どちらの効果も中途半端になってしまい、誰の心にも響かない動画になってしまいます。

そうならないように、動画の目的と同様にターゲットも明確にしてから制作に入るようにしましょう。

音声無しでも伝わるようにする

音声無しでも伝わるようにする

動画コンテンツを制作する際のポイントとしては、動画の音声なしでも伝わる内容にすることも大切です。

これはなぜかというと、全ての人が動画の音声を出して視聴できるかは分からないことや、耳が不自由な方でも動画を理解できるようにする為です。

スマートフォンで動画コンテンツを見る場合に、音が出せない環境で再生する時は意外と多く、その際に字幕が設定されていなかったり、音声がないと分からない内容の動画では、視聴者の利便性を損ないますし、最後まで視聴されない動画になってしまいます。

必ずしも音を出せるかは分からないので、あらかじめ音声なしでも理解できる内容の動画を制作しておくことがおすすめです。

音声なしでも理解できる内容の動画を制作しておくと、ランディングページに動画を埋め込んだ際に、自動で再生される設定にすることができたり、繰り返し再生を設定できたりするので、メリットがたくさんあります。

動画コンテンツのシナリオ作成の段階で、音声なしで制作できる内容を考えるようにしましょう。

CTAを用意する

CTAを用意する

CTAはコールトゥーアクションと言って、ユーザーに何かアクションを起こさせる決めてのようなもので、YouTube動画の最後に「チャンネル登録よろしくお願いします」というのもCTAになります。

動画コンテンツを視聴したユーザーに、どんな行動を起こして欲しいかをよく考えて、動画の終わりにCTAを用意するようにしましょう。

せっかく動画コンテンツで商品やサービスの紹介を行って、ユーザーに商品を欲しいと感じさせることができたとしても、CTAがなければユーザーはすぐに購入することができずに、購買意欲を失わせてしまいます。

ランディングページに動画コンテンツを埋め込んでいる場合は、動画のすぐ近くにCTAボタンを配置するようにしたり、資料請求、お問い合わせリンクなどを目立つように配置しましょう。

CTAは回りくどい表現をせずに、直球でユーザーに伝えるようにするのがポイントです。

ユーザーに行って欲しい行動がある場合は、動画の最後に分かりやすく訴求しなければ、行動を促すことはできないので覚えておきましょう。

まとめ

今回は動画コンテンツが今後伸びる理由や、活用するメリット、活用事例を紹介しました。

動画コンテンツを活用すれば様々な用途で利用することができ、ビジネスを大きく成長させることができます。

ぜひ動画市場拡大の波に乗り遅れないように、動画コンテンツの制作を初めてみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア