facebook 広告 問い合わせ

marketing

2020年10月11日(公開: 2020年08月06日)

Facebook広告の問い合わせ先一覧!困ったらここに連絡

Facebook広告を利用していると、ヘルプの情報だけでは解決できない問題に直面することがあるかもしれません。「広告アカウントが停止された」、「広告アカウントが追加できない」など―。

そんな時に可能な解決方法と問い合わせ先や手順をあわせて解説していきます。

Facebook広告の問い合わせ先

問い合わせ

自分では解決できない問題が起きてしまい、Facebook運営に直接質問したいけど、問い合わせ先が見つからなくて困っている方も多いかと思います。

結論から言えば、Facebookには直接電話できるコールセンターや問い合わせフォームは存在しません。

無料で利用できるSNSだからこそ、世界中のユーザーから送られてくる問い合わせにすべて対応することはコストがかかってしまい難しいからです。

これはFacebook社の傘下であるInstagramでも同様の対応になっています。

だからと言って、一切対応してくれないというわけではありません。

Facebookで用意されているいくつかの問い合わせ方法や解決策を紹介します。

ヘルプセンター

ビジネスヘルプセンター

基本的には、問い合わせには時間がかかってしまうため、FacebookもInstagramでも自力で解決することが望ましいです。

Facebookは、2004年に設立され長期に渡って運営されてきたノウハウがあります。そして、これまでに多くのユーザーの声に耳を傾け、現在では充実した情報が「ヘルプセンター」にストックされています。

この「ヘルプセンター」には、Q&A形式のよくある質問や各カテゴリに応じたマニュアルが用意されているため、多くの悩みは記事を見つけることで解決できることが多いです。

Facebook広告などビジネス面での問題解決には「ビジネスヘルプセンター」を活用すると良いでしょう。

ご意見・ご提案

ご意見・ご感想

Facebookにフィードバックを送ることができる「ご意見・ご感想」フォームが存在します。

このフォームは、”機能に関するもの”と”ヘルプセンターに関するもの”2種類のに分かれています。

あくまでフィードバックなので、全ての意見・提案に対して返信が帰ってくる保証はありませんが、内容によっては問題解決のための改善が進む場合があります。

ヘルプコミュニティ

ヘルプコミュニティには、Yahoo知恵袋のようなユーザー同士が質問したり答えたりするQ&A掲示板があります。

ヘルプコミュニティを活用すれば、すでに自分と同じ悩みを解決しているユーザーが回答してくれる可能性があります。

問い合わせの手順

ステップ1では、「設定」や「ニュースフィード」、「ログイン」など質問したいカテゴリをプルダウンで選択し、質問内容を入力します。

ステップ1

ステップ2では、入力した質問内容と関連する記事(Facebookヘルプセンター内)が表示されたり、すでに回答済みの質問ではないか確認することができます。

ステップ2

ステップ3では、ステップ2で自分が知りたい回答がなかった場合、質問の詳細を記入して掲示板に投稿します。

ステップ3

あとは、回答されるのを待ちます。

電話

Facebook 支社

Facebookは世界中で利用されているSNSです。本社はアメリカのカリフォルニア州に構え、世界中70都市に支社があります。

日本にも支社がありますが、電話番号は一般公開されていないため、電話での問い合わせをすることはできません。

唯一、本社であるアメリカでは電話番号が公開されておりますが、問い合わせ専用でないため、自動音声で対応しています。

ただし、条件を満たした広告主はマーケティングエキスパートによる電話サポートが受けられる可能性があります。

マーケティングエキスパートとは

Facebookマーケティングエキスパート

直接、広告に関する戦略的アドバイスをしてくれるFacebook担当者のことです。

しかし、利用するにはFacebookからの完全招待制となっているため、一部の広告主にしか利用することができません。招待される条件は非公開となっています。

公式では今後、提供範囲を拡大する予定だと発表していますので、今は提供されるまで気長に待つしかありません。

Facebookサポートの評判

Facebookサポートの評判をまとめてみました。

対応の遅さが目立つツイートも多いですが、内容によっては迅速に改善に努めていることもわかります。

Facebook広告のサポート対応悪すぎん?

Facebookの投稿が編集できない問題、先週から全く改善されないんだけど、いつになったらエラー解消されるの……号泣
サポートセンター対応はよ!!!

Facebookの広告マネージャで困ったことがあったんだけど、サポートセンターの担当の方が迅速かつ丁寧な対応をしてくれたのでうれしかった。(問題は解決はしなかったけど理由はわかったのでよかった)

まとめ

以上、Facebook広告の問い合わせ先と解決策を紹介しました。

結論、Facebookには公式のコールセンターや問い合わせフォームが存在しないため、できる限り自力で解決することが望ましいです。

しかし、ヘルプコミュニティやフィードバックを送ることでFacebook側も想定していなかったイレギュラーな問題については返信がくる可能性があります。

困ったことが自分だけで解決できないようであれば、周りの人にも相談すると良いでしょう。

Facebook広告について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

【保存版】Facebook広告とは?仕組みから運用方法まで徹底解説

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア