教育 動画

marketing

2020年11月09日(公開: 2020年10月30日)

Twitter広告とは?種類や効果、費用などを解説

Twitter広告は、タイムラインや検索結果に配信することができ、さまざまなターゲットに届けることができる広告です。

この記事では、Twitter広告の種類や特徴、ターゲット設定、利用できるクリエイティブ、活用方法を紹介します。

Twitter広告とは?

パソコン

Twitter広告の活用を検討されている方はまず、どんな特徴があるのかを把握していきましょう。

Twitterは全世界で3億2000万人を超える巨大SNSで、幅広い世代の男女が世界中で利用しています。日本国内だけでも4500万人もおり、頻繁に利用する方の数も多い特徴がある人気のSNSです。

日本国内だけに広告を出稿しても良いですが、世界中の利用者を狙って販促できる商品であれば更に広告効果を高めることができます。

そんな利用者数が非常に多いTwitterに広告を出稿すれば、拡散させることができ、費用をあまりかけなくても高いこうかを上げられる可能性があるでしょう。

情報が拡散されやすいことや、利用者分析を細かく設定することができること、豊富な広告配信形式があることなど、様々な特徴があるので、費用相場も合わせて詳しく解説していきます。

Twitter広告の種類

種類

以下の3種類の配信形式があり、自由に選択することができます。

広告の最終的な目的によって、どの配信形式が良いかは変わってくるので、それぞれ詳しく解説していきます。

Twitter広告にはどんな種類があるのか?メリットや仕組みも解説

プロモツイート

投稿画面

まずこの形式は最も活用されていて、通常の投稿一覧上に掲載することができ、商品やサービスの認知度向上から販促まで様々な用途で利用することができます。

この広告は通常の投稿と同様の作りになっており、小さく広告と表記される以外は何も変わりません。

違和感なく利用者に 配信することができるので、拡散されやすく内容の良い広告を配信することができれば短時間で多くのリーチを獲得することができます。

最も工夫次第で色々な使い方ができるので、活用する際は過去の成功事例などをたくさん確認して参考にするようにしましょう。

プロモツイートとは?効果的な運用方法も解説

プロモアカウント 

投稿画面

この形式は投稿一覧上や検索画面に、フォローを促す形で配信することができます。

この形式も広告の表記は掲載されるのですが、視聴者はワンタップでフォローすることができるので、適切な利用者分析を行った場合高確率でフォロワーを増やすことが可能です。

活用する場合はアカウントを作成して運用することになるので、フォロワーを増やすことは長期的な集客に大きく貢献することができます。

利用者分析を精度高く行うことができるTwitter広告と、この形式は非常に相性が良いので、積極的に活用するべき広告形式です。

プロモアカウントとはどんな広告?特徴や費用も解説

プロモトレンド

投稿画面

この形式は検索画面に、おすすめ表示やトレンド表示することができます。

24時間という時間設定で配信することができ、幅広い利用者に対して商品やサービスの認知度向上を主な目的で活用します。

多くの利用者にアプローチすることができるので、配信先を細かく設定せずに広い範囲に配信するようにしましょう。

多くのリーチを獲得することができる可能性が高い分、費用も高くなります。

プロモトレンドとはどんな広告?特徴や費用も解説

Twitter広告の特徴

効果

特徴は以下の通りです。

  • 若年層の視聴者に強い
  • 二次拡散が狙える

この2つの特徴を最大限に活かして内容を作成すれば、高い確率で効果を上げることができるはずです。

特に二次拡散が狙える特徴を上手く活用することができれば非常に費用対効果高く運用することができるでしょう。

Twitter広告に期待する効果

若年層のターゲティングに強い

若年層に強い

Twitterを利用している方は日本国内だけでも約4500万もいて、世界では3億2000万も利用しています。

さらに、日頃から頻繁に利用している利用者の数も多く、広告を出稿するには最適なSNSであると言えます。

利用者の多くは10代〜30代の若年層が多く、若者を配信先にした商材をPRする場合に非常に役立ちます。

若年層が多いということは、その分データも蓄積されており、視聴者分析を行った際に精度の高い絞り込みを行うことができるでしょう。

また、次の特徴にも繋がりますが、若者の利用者が多いので情報の拡散スピードが早く、短期間で多くのリーチを獲得することが期待できます。

二次拡散が狙える

二次拡散が狙える

投稿を自分のタイムライン上に再度投稿することができる機能があり、広告を出稿した際には、この機能を狙って内容を作成することで大きな成果を上げられる可能性があります。

いいねなど、投稿に何らかのアクションが行われたタイミングで課金されるクリック課金があるのですが、広告がリツイートされて、その先でさらにリツイートされても費用は発生しません。

これが二次拡散と呼ばれるもので、二次拡散を狙って配信することで、費用を抑えて多くの方に広告を見てもらうことができるようになります。

狙って拡散を起こすには、それなりに運用の知識が必要になりますが、過去に拡散されている広告や一般の投稿内容を分析することで、傾向を掴むことができます。参考にしながら拡散を狙って広告を作成してみてください。 

Twitter広告のターゲット設定

設定

配信先の設定では利用者の年齢や性別、エリアなどの基本的な情報から行動履歴に到るまで様々な要素で分類を行うことができます。

広告運用の最終的な目標に合わせて配信先を設定することで、視聴者の反応を獲得しやすくなったり、内容に関心がない視聴者をあらかじめ除外して出稿することができるようになります。

また、一度WEBサイトに訪問した方に絞って出稿できたり、反対に成果に至らなかった方を除外することも可能です。

商材の想定利用者が明確になっていればいるほど成果を上げやすくなるので、事前調査をしっかりと行い、想定利用者を定めてから運用を始めるようにしましょう。

利用者分析を正確に行うことができると、広告の費用対効果が高まり、無駄な広告費をかけずに売上を上げることができるので、予算の少ない方ほど分析に力を入れて運用するのがおすすめです。

Twitter広告のターゲティング設定方法や種類を解説|費用対効果を高めよう

Twitter広告のクリエイティブ

形式

様々な配信形式を活用することができます。

あなたが扱っている商材によって、どの形式で配信すれば良いかは違って来るので、各形式の特徴について紹介していきます。

普段から利用している方はなんとなく分かるかもしれませんが、利用していない方は参考にして、あなたの商材に最適な形式を考えてください。

文字のみのツイート

文字のみ

Twitterは主にテキストメインのSNSであり、画像や動画を活用して投稿することができても、多くの方がテキストオンリーで投稿しています。

一般の利用者のほとんどは拡散される内容を意識して投稿してはいないので、テキストのみで配信していますが、広告として配信する場合はテキストだけだとインパクトに乏しくなるので、視聴者の注目を集めづらく、拡散させることが難しくなります。

テキストは140字までの文字数制限があり、伝えたい情報がたくさんある場合はテキストでは伝えきることは難しいでしょう。

画像つきツイート

画像つきツイート

テキストにプラスして画像を掲載して広告を出稿することも可能です。

画像を掲載するだけでも視聴者の注目を引きつけることができるので、広告として活用する場合はテキストだけよりも画像付きを選ぶようにしましょう。

画像は最大で4枚まで掲載することができるので、情報量は動画に匹敵するくらい多くを伝えることも可能です。

動画つきツイート

動画つきツイート

画像以外にも動画をプラスして広告を出稿することも可能です。

動画つきの広告では視聴者に多くの情報を視覚的に届けることができるので、視聴者は商品やサービスの利用イメージを持つことができます。

画像よりも多くの情報を伝えることができますが、画像よりもスルーされやすくなってしまうので、動画の前半で重要な情報を伝えるようにして、少しでも長く見てもらえるように作成しましょう。

プロモビデオってどんな動画広告?特徴はなにか

Twitterカード

Twitterカード

この形式では広告をクリックした場合に全画面で表示させたり、動画を見やすく表示することができます。

画面の占有率が高くなるので、より視聴者に注目させることが可能です。

この形式の特徴を活かすには広告をクリックしてもらう必要があるので、アクションを促すような内容で作成するのがポイントになります。

Twitterウェブサイトカードとは?種類や特徴を解説

Twitter広告の費用

費用

費用は設定した運用目的によって課金されるタイミングが変わってきます。

WEBサイトの集客を目的に配信した場合はリンクがクリックされた場合、アプリの販促ではインストールされた場合などが課金されるタイミングです。

他にも動画が再生された場合やフォローされた場合など用途によって様々です。

Twitter広告の有効的な活用方法とは

有効的な活用方法とは

有効的な活用方法は、以下の3つがポイントです。

  • 利用者層に合った広告・商品であるか?
  • 二次拡散を狙えるかどうか
  • キャッチーな「言葉」が重要

実際に活用する場合はこの3つのポイントを忘れずに運用を行ってみてください。 

ターゲット層に合った広告・商品であるか?

商品であるか?

様々な配信形式を選ぶことができ、配信先も細く設定することができるので、利用者層に合った内容で広告を配信しなければなりませんし、適した商品でなければ売れることはありません。

運用を開始する前に、商品やサービスの利用者について時間をかけて研究し、どんな内容の広告が最も利用者に刺さるのかを考えるようにしましょう。

利用者を詳細にイメージすればするほど、適した広告内容が理解できるようになると思うので、利用者の情報収集からしっかりと行うことが大切です。

運用する前に、この利用者の理解ができていなければ、成果に結びつく内容の広告を作成することは決してできないことは知っておきましょう。

二次拡散を狙えるかどうか

二次拡散を狙えるかどうか

広告内容では二次拡散を狙うことができるかどうかも非常に重要です。

全く拡散されずに成果を上げることもできますが、コストが膨大になってしまうので、予算が少ない場合は厳しいでしょう。

解説した通り、二次拡散に広告費用はかからないので、積極的に拡散を狙った運用を行っていく必要があります。

拡散される広告や投稿はある程度法則性があるので、視聴者がシェアしたくなるような情報や面白い内容、魅力的な画像や動画など工夫を凝らして作成するようにしましょう。

拡散さえさせることができれば利用者分析で多少の間違いがあっても充分結果を出すことができるはずです。

Twitter広告だからこそキャッチーな「言葉」が重要

キャッチーな「言葉」が重要

 Twitterはテキストで140字まで記載することができるテキストメインのSNSなので、画像や動画で注目を集めることができても最終的に視聴者はテキストを見てからアクションを起こします。

視聴者の行動を促すような魅力的なキャッチコピーやセールスライティングが大切です。

140字の中で上手く情報を伝えるのには経験が必要ですが、何度も改善を繰り返して、視聴者の行動を促すことができるテキストを作成できるように取り組んでみてください。

まとめ

今回は広告の種類や効果、費用などを総合的に解説していきました。

Twitter広告はSNS広告の中でも非常に情報を拡散させやすい特徴や、豊富な利用者数が魅力なので、ぜひこの記事や当メディアを参考にして、活用してみてはいかがでしょうか。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア