Twitter広告を始めるための設定と注意点

marketing

2021年03月23日(公開: 2020年08月27日)

Twitter広告を始めるための設定と注意点

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

Twitter広告を始めようとしたら設定が複雑なので、きちんと設定できているか不安になってはいないでしょうか?Twitter広告は、詳細な設定をすることができて広告を効果的に運用することができますが、その分設定する必要がある項目が非常に多くなっています。

この記事ではTwitter広告を始めるための設定を、最初の登録から配信するまでの手順と、広告を運用する際の注意点まで解説しています。

Twitter広告とは

仕組み

Twitter広告とは、タイムラインや検索結果などに掲載できる広告です。さまざまなターゲティングが設定できるので、目的に合わせた広告の配信ができます。

Twitterの利用者は全世界で3億2000万人、日本国内だけでも4500万人もおり、頻繁に利用する方の数も多い人気のSNSです。世界ではFacebookやInstagramの方が利用者が多いですが、国内ではLINEに次いで利用されています。他のSNSと比較すると、特に10代・20代の若年層の利用者が多い点が特徴です。

日本国内だけに広告を出稿しても良いですが、世界中の利用者を狙って販促できる商品であれば更に広告効果を高めることができます。

Twitter広告について詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

Twitter広告とは?種類や効果、費用などを解説

Twitterで利用できる広告の種類

Twitterで利用できる広告は、以下の3種類です。

  • プロモツイート
  • プロモトレンド
  • プロモアカウント

プロモツイートは、通常の投稿と同じように、タイムライン上に配信される広告です。左下にプロモーションと表示される以外は、通常の投稿と何も変わりません。タイムラインに自然に配信できるので、視聴者に違和感なく情報を届けることが可能です。

プロモアカウントは、視聴者にフォローを促すことができる広告です。「フォローする」というCTAが設置できます。フォロワー数が多いと、投稿する度に多くのインプレッションを獲得することが可能です。

プロモトレンドは、検索タブのトレンドリストに配信することができる広告です。ハッシュタグの利用による拡散を促すこともできるので、商品やサービスの認知度向上に利用できます。配信は24時間限定で、トレンドリストに掲載されると、短時間で多くのリーチを集めることができます。

Twitter広告の費用

費用

費用については運用する目的に応じて配信方法や課金形式が変わってきます。課金タイミングについては以下のようなものがあります。

  • アカウントがフォローされた時
  • WEBサイトがクリックされた時
  • いいねやリツイートなどエンゲージメントがされた時
  • アプリがインストールされた時
  • 1000回広告が表示された時
  • 動画が再生された時

キャンペーンで設定した目的に応じて最適な課金タイミングが設定されて、費用が発生します。上記の課金タイミングで発生する費用については、1日の予算額や総予算額、入札方法を選択することで、予算の範囲で広告を表示させることができます。

入札方法には以下の3種類あります。

  • 自動入札
  • 上限入札単価
  • 目標入札単価

簡単に説明すると、自動入札単価では設定したターゲティングによって自動で最適な金額を設定することができる入札方法で、入札単価の相場が分からない、初心者の方におすすめの方法です。

次に上限入札単価は入札額の上限を設定することができ、上限を超えて配信されることがないので、予算を超えて費用が発生することを防ぐことができます。目標入札単価はエンゲージメントを獲得した際の目標入札額を設定することができ、目標の範囲で獲得することができるユーザーに広告を配信することができる方法です。

費用は上記の課金タイミングと、入札方法によって変わるので、知っておきましょう。

Twitter広告のメリット

良い点

 広告を活用するメリットは以下の4種類です。

  • 目的が達成された時だけ課金
  • リツイートによる2次拡散効果
  • 潜在ニーズへのアプローチ
  • 若年層に対して最適

Twitterは国内だけでも約3300万人ものユーザー数がいるSNSで、実名必須のFacebookと違い、匿名で利用することができるので、情報の拡散力が非常に高い特徴があります。

Twitterはインスタグラムのように画像や動画がメインのSNSではないのですが、テキストやTwitterカードを活用することで、あらゆる目的に対応した運用を行うことが可能です。

Twitter広告のターゲット設定

Twitter広告のターゲット設定

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/campaign/setup?objective=4

ターゲティング設定は、キャンペーン内のグループ毎に設定することができ、一つの商材で複数の設定を使い分けることが可能です。Twitterの利用者数は非常に多いので、しっかりとユーザーを絞り込んで配信することが大切です。

Twitter広告のターゲティングではユーザーの基本的な情報と、興味関心に合わせて分類することができるので、精度の高い絞り込みを行うことができます。

基本情報では年齢や性別、エリアなどの情報、興味関心では検索したワードや投稿内容、フォローしているユーザーなどの情報を活用します。また、過去に反応したことがある視聴者に限定して配信することも可能です。

Twitter広告で利用できるターゲティングの種類は以下の通りです。

  • テイラードオーディエンス(ウェブ)
  • モバイルオーディエンスターゲティング
  • アプリテイラードオーディエンス(リスト)
  • 性別
  • 年齢
  • 場所・言語・テクノロジー
  • 地域
  • キーワード
  • イベント
  • 興味関心
  • 映画とテレビ番組
  • ツイートに反応があったユーザーをリターゲティング
  • オーディエンスを広げる

Twitter広告のクリエイティブ

クリエイティブ

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/campaign/setup?objective=4

クリエイティブでは過去に反応が良かった投稿を広告として再利用することができます。

過去に投稿した内容を検索して使用することができるので、新規で内容を作成しなくても運用を始めることが可能です。また、利用頻度は低いかもしれませんが、Twitterアプリ以外にも配信することができる機能もあるので、予算がある方は試してみてください。

Twitter広告で利用できるクリエイティブの種類は以下の通りです。

  • 画像付ツイート
  • 動画付ツイート
  • プロモビデオ
  • ビデオウェブサイトカード
  • イメージウェブサイトカード
  • イメージアプリカード
  • ビデオアプリカード
  • カンバセーショナル広告

Twitter広告を始めるための設定

始めるための設定

Twitter広告を活用して売上を向上したい方向けに、広告の設定手順を分かりやすく設定項目毎に解説していきます。

現時点で何から手を付ければ良いか全く分からない方も、ひとつずつ解説していくので、手順に従って設定してください。最初は慣れない設定ですが、一度やり方さえ覚えれば、今後も利用する際に役立ちますのでこの機会に覚えてしまいましょう。

大きく分けて以下の4項目を設定していきます。

  • Twitter広告を設定する
  • 広告キャンペーンの設定
  • 広告グループの作成
  • クリエイティブを作成

Twitter広告を設定する

広告を設定する

Twitter広告を利用するにはアカウントのプロフィールから「Twitter広告の設定」をしなければなりません。まだ作成していない方は、先にアカウントを作ることから始めてください。

プロフィールページの設定から「もっと見る」を選択すると、上の画像のように「Twitter広告」と表示されるので選択しましょう。すると以下のTwitter広告マネージャーのページにリンクします。

マネージャー

「出典:https://business.twitter.com/en/advertising/get-started.html?ref=gl-tw-tw-twitter-ads-rweb

このページで「広告を作成する」を選択すると以下の画像のように、国とタイムゾーンの設定を行うことができるので、日本でビジネスを行う場合は以下のように設定して「行こう」を選択しましょう。

マネージャー

「出典:https://business.twitter.com/en/advertising/get-started.html?ref=gl-tw-tw-twitter-ads-rweb

「行こう」を選択すると以下の画像のように、目的を選択する画面に移行します。あなたが広告を利用する目的を正しく選択しましょう。

後ほど変更することは可能ですが、一度設定してから目的を変更すると、それまでのデータが失われる可能性もあるので、正しい目的を選ぶように注意してください。

利用する目的

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/campaign/setup?modal=create_campaign&onboarding=true&ref=gl-tw-tw-twitter-ads-rweb&modal=create_campaign

目的を設定するとアカウントのページに移行します。次に費用を支払うためのクレジットカードを登録していきましょう。

クレジットカードを登録

クレジットカードを登録

「出典:https://ads.twitter.com/billing/18ce5585aib/payment_methods/

右上のアカウント名を選択し、「新しいお支払い方法を追加」を選択します。すると上の画像のように「ビジネス」と「個人」の選択肢が表示されるので、「ビジネス」を選びます。

その後は会社情報を入力し、「次へ」を選択します。

クレジットカードを登録

「出典:https://ads.twitter.com/billing/18ce5585aib/payment_methods/

すると上の画像のように「VAT IDをお持ちですか?」と「広告代理店が広告主に代わって購入していますか?」と表示されるので、どちらも「番号」を選びます。日本でビジネスしている場合は「はい」を選択しないように気をつけてください。

クレジットカードを登録

「出典:https://ads.twitter.com/billing/18ce5585aib/payment_methods/

最後にカード情報を入力したら「保存する」を選択してクレジットカードの登録が完了です。

広告キャンペーンの設定

費用を支払うクレジットカードの登録をすることができたので、ここからはキャンペーンの設定を行っていきます。キャンペーンとは目的に応じて設定するもので、同じアカウントでも広告の目的が変われば作成し直す必要があります。

1つのキャンペーンでひとつの目的になるように作成します。

目的に合わせてキャンペーンを選択

目的に合わせて選択

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/campaign/setup?objective=5

先ほどアカウントを作成する際に選択した目的でキャンペーンが作成されているので、もし変更したい場合は再度「目的」を選択して、選び直すようにしましょう。目的によって作成する必要があるので、くれぐれも間違って選択しないように注意が必要です。

広告キャンペーンの詳細を入力

詳細を入力

 「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/campaign/setup?objective=5

詳細では以下の項目を設定していきます。

  • キャンペーン名
  • 1日あたりの予算
  • 総予算
  • 開始日
  • 終了日

キャンペーン名は分かりやすいように任意で設定します。担当者の方が複数人の場合は共通して分かる名称で設定しましょう。1日あたりの予算と総予算は自由に設定することができます。総予算の設定は任意になりますが、費用が増えすぎない為に念のため予算の範囲で設定しておくのがおすすめです。

広告開始日が決定している場合は設定しておきましょう。期間限定の商品やサービスの場合は終了日も設定しておき、期間を超えて配信されないようにしておくと良いでしょう。

広告グループの作成

次にグループを作成していきます。グループはキャンペーン内に複数設定することができ、異なるターゲティングを設定し、使い分けることなどが可能です。キャンペーンでは商品やサービス毎に使い分けて、グループでは商品のターゲティングや配信形式で使い分けると言うイメージです。 

広告グループの設定

グループの設定

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/adgroup/0/details?objective=5

グループの設定では以下の項目を設定していきます。

  • 広告グループ名
  • 開始時間
  • 終了時間
  • 広告グループの合計予算
  • 入札タイプ
  • 入札額

グループ名も分かりやすい名前で設定します。開始時間と終了時間については任意で設定することが可能です。効果が期待できない夜の時間などを除外して配信するなどが可能です。

グループの合計予算については設定しない場合は、キャンペーンでの予算が自動で適応されます。グループを複数使い分ける場合は効果検証の為にも設定しておくのがおすすめです。

入札タイプは自動入札・目標コスト・上限入札単価の3つから選択することができ、Twitter広告を始めて利用する方は自動入札を選択しておくようにしましょう。目標コストと上限入札単価の設定はTwitter広告運用の経験がある方でないと効果的な設定をすることができないので、簡単な自動入札がおすすめです。

最後に入札額は入札タイプで目標コストと上限入札単価を選択した場合のみ表示されます。1クリックの広告単価を設定することができます。全ての項目を設定したら、画面右上の「次へ」を選択して、ターゲティングの設定を行います。

ターゲティングの設定

絞り込み設定

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/adgroup/0/details?objective=5

ターゲティングの設定は最も重要な項目です。

あなたの商品やサービスを利用するユーザーを充分に理解している場合は、絞り込みの設定も迷うことなく決めることができると思いますが、分析をまだ行えていない場合は、先に分析をしっかりと行うようにしてください。

この設定は成果に直結する大切な内容なので、適当に設定するのではなく、時間をかけて考えてから設定するようにしましょう。ちなみに別の記事で詳細に解説しているので、ここでは設定項目の概要を説明します。

まずは上の画像の「オーディエンス設定」を行います。オーディエンスの設定ではユーザーをどのように分類するかを設定することができます。

絞り込みの設定

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/adgroup/0/details?objective=5

次に「人口統計」のターゲティングを設定します。

  • 性別
  • 年齢
  • 場所、言語、テクノロジー
  • エリア 

の項目を設定します。ユーザーを大まかに分類することができます。

の設定

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/adgroup/0/details?objective=5

最後にオーディエンスの機能では、キーワードやイベント、興味関心など設定した条件でユーザーを絞り込むことができます。また、ツイートに反応したことがあるユーザーを除外したり、配信ユーザーを多くしたりすることも可能です。

設定が全てできたら画面右上の「次へ」を選択して、広告クリエイティブを作成していきます。

クリエイティブを作成

クリエイティブの作成では、広告内容の部分を詳細に設定していきます。非常に重要な部分になるので、設定したユーザーに刺さる内容で作成しましょう。

内容には既にツイートしている投稿を使用するか、新規のツイートを作成する方法のどちらかを選ぶことができます。 

オーガニックツイートを使用

オーガニックツイートを使用

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/adgroup/0/details?objective=5

既存のツイートを使用する場合は、検索窓から投稿の検索をかけて、選択します。複数の投稿を選択することも可能です。また、画面右側では配信先を選択することもできます。

オーガニックツイートを使用

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/adgroup/0/details?objective=5

Twitter上にのみ広告を表示させたい場合は、配信先の設定の中から「Twitterオーディエンスプラットフォーム」のチェックを外すようにします。Twitterに関連するアプリなどに表示させることができる機能ですが、効果の測定やターゲティングなど行いづらくなるので、特別な理由がない限りは外しておきましょう。

広告用に新規のツイートを作成

新規のツイートを作成した場合は、フォロワーには表示されずターゲティングで設定したユーザーにのみ表示させることができます。広告用ツイートの作成では通常の投稿の際と同じように、140字までのテキストと画像や動画、ウェブサイトカード、アンケート機能を活用することができます。

広告用のツイートでは左下にプロモツイートの表記がされるので、チェックボックスにチェックが入っているのを確認して、ツイートを行いましょう。内容を作成することができたら、クリエイティブの画面右上の「次へ」を選択して、キャンペーンの開始と編集画面に進みます。

広告キャンペーンの開始と編集

開始と編集

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/adgroup/0/details?objective=5

最後にここまで設定した内容を確認して、キャンペーンを開始します。内容を編集したい場合は、この画面から行うことができます。

キャンペーンの目的から編集する場合は少ないですが、グループを追加して別ターゲットに向けて配信することなどはよくあるはずなので、ここからグループの追加を行えることは知っておきましょう。

広告キャンペーンの内容を確認して開始

内容を確認したら、「キャンペーンを開始」を選択することで配信を始めることができます。キャンペーンの確認では、1日の予算が間違って設定されていないか?ターゲティング設定は間違っていないか?新規ツイートは拡散されるような魅力的な内容でできているか?などをチェックします。

配信してからも停止することはできますが、1日の予算などには特に注意して確認するようにしましょう。

広告キャンペーンの内容を編集

内容を編集

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/adgroup/0/details?objective=5

内容を確認して開始をすると、管理画面から作成したキャンペーンのダッシュボードを表示させることができます。1度運用を開始してからでも、キャンペーンを選択して、グループの追加や編集を行うことは可能です。

効果が出ていないグループの改善を行ったり、新しい施策でグループを追加したい時は、このダッシュボード画面から行うようにしましょう。

広告レポートを確認

レポートを確認

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/adgroup/0/details?objective=5

効果の検証を行うには、先ほどのダッシュボード画面右上の「期間の設定」を選択し、表示させたいデータの期間を選びます。レポートの確認では、期間やグループ、オーディエンス毎にデータを表示させることができるので、効果が良くないオーディエンスを改善したり、削除することが可能です。

運用を始めることは簡単ですが、成果を出す為にはレポートから改善点を導き出して、PDCAを回していかなければなりません。

Twitter広告を設定する際の注意点

設定する際の注意点

ここまで解説した内容でTwitter広告を始めることは充分できるでしょう。最後に設定を行う際の注意点を紹介していきます。

間違って設定してしまうと、無駄なコストがか掛かってしまうだけでなく、成果を上げることもできなくなります。よくある間違いを3つ紹介するので、設定する際は気をつけてください。

数字に関する設定

数字に関する設定

まず数字に関する設定間違いは非常に多いです。数字の入力ミスが多い箇所は、1日の予算や総予算の項目です。

1日の予算の設定を桁ひとつ間違ってしまうだけでも、かなりのコストが掛かってしまうので、ダブルチェック、トリプルチェックまで行ってから運用を開始するようにしてください。入札タイプで自動入札以外を設定した場合は入札額の入力もあるので、適切な金額になっているかをよく確認してください。

ターゲティング機能

ターゲティング機能

 ターゲティングの設定では以下の2つのポイントに気をつけるようにしましょう。

  • オーディエンス条件を設定しすぎて対象ユーザーが少ない
  • 広告単価が高いユーザーにのみ配信してしまい、費用対効果が低くなる

まず、オーディエンス条件を設定しすぎてしまうと、配信されるユーザーが極端に少なくなってしまい、ほとんど成果を上げることができない場合があります。配信ユーザーが少ない場合はオーディエンスを広げる設定などを行い、配信範囲を広くするようにして改善しましょう。

次に精度の高い絞り込みをしすぎてしまうと、商材に興味があるユーザーに配信することはできますが、入札単価の高いユーザーにのみ配信することになるので、費用対効果が低くなってしまいます。

予算が豊富にある場合や、入札単価と比較しても効果があると判断できる場合は問題ありませんが、そうではない場合は、見込み客だけでなく潜在層にもアプローチできるように設定を変更するか、グループを新たに作成するようにしましょう。

管理しやすい設定

管理しやすい設定

 複数のキャンペーンを運用する場合や、担当者が複数人いる場合は、管理しやすい設定で作成するように注意しましょう。キャンペーンやグループの名称はもちろん、各グループの目的、ターゲットユーザーなど担当者で認識の共有を行えるようにしておきましょう。

例えば複数のグループを運用しているのに、ユーザーにあまり違いが無かったり、目的と内容にズレが生じているのであれば問題があるので、管理しやすいように内容の見直しと修正を行いましょう。

クイックプロモートとは

クイックプロモートとは、簡単な操作と短時間で広告を配信できる仕組みです。ツイートを選んで、配信先と広告費用を設定するだけの少ない手順で広告を配信できます。

参考:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/quick-promote.html

オートプロモートとは

オートプロモートとは、1カ月9,900円でTwitter広告を運用できる機能です。自分がつぶやいたツイートが自動的に広告として配信されるため、広告を運用する手間がかかりません。

参考:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/twitter-promote-mode-help.html

まとめ

今回はこれからTwitter広告を活用し始める方向けに、広告設定の手順と使い方を解説しました。広告アカウントから直感的な操作で簡単に作成し、運用を始めることができます。

簡単に始めることができても、成果を上げることができるとは限らないので、この記事で解説した注意点や、当メディアで解説しているターゲティングの設定方法などを確認して、効果が出せるように運用してみてください。

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア