Twitter広告のクリエイティブで利用できる画像・動画のサイズ

marketing

2021年03月23日(公開: 2020年08月27日)

Twitter広告のクリエイティブで利用できる画像・動画のサイズ

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

Twitter広告では画像や動画を活用できますが、サイズがオーバーして余計な手間がかかったことはことはないでしょうか?Twitter広告では、配信形式ごとに利用できるサイズが決まっています。この記事ではクリエイティブの種類や特徴、利用できるサイズを確認することができます。

Twitter広告とは

仕組み

Twitter広告とは、タイムラインや検索結果などに掲載できる広告です。さまざまなターゲティングが設定できるので、目的に合わせた広告の配信ができます。

Twitterの利用者は全世界で3億2000万人、日本国内だけでも4500万人もおり、頻繁に利用する方の数も多い人気のSNSです。世界ではFacebookやInstagramの方が利用者が多いですが、国内ではLINEに次いで利用されています。他のSNSと比較すると、特に10代・20代の若年層の利用者が多い点が特徴です。

日本国内だけに広告を出稿しても良いですが、世界中の利用者を狙って販促できる商品であれば更に広告効果を高めることができます。

Twitter広告について詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

Twitter広告とは?種類や効果、費用などを解説

Twitterで利用できる広告の種類

Twitterで利用できる広告は、以下の3種類です。

  • プロモツイート
  • プロモトレンド
  • プロモアカウント

プロモツイートは、通常の投稿と同じように、タイムライン上に配信される広告です。左下にプロモーションと表示される以外は、通常の投稿と何も変わりません。タイムラインに自然に配信できるので、視聴者に違和感なく情報を届けることが可能です。

プロモアカウントは、視聴者にフォローを促すことができる広告です。「フォローする」というCTAが設置できます。フォロワー数が多いと、投稿する度に多くのインプレッションを獲得することが可能です。

プロモトレンドは、検索タブのトレンドリストに配信することができる広告です。ハッシュタグの利用による拡散を促すこともできるので、商品やサービスの認知度向上に利用できます。配信は24時間限定で、トレンドリストに掲載されると、短時間で多くのリーチを集めることができます。

Twitter広告の出稿方法

出稿方法

「出典:https://business.twitter.com/en/advertising/get-started.html?ref=gl-tw-tw-twitter-ads-rweb

Twitterに広告を出稿する手順は以下の通りです。

  1. Twitter広告を設定する
  2. 広告キャンペーンの設定
  3. 広告グループの作成
  4. クリエイティブを作成

出稿方法は、まず運用しているアカウントのプロフィールページから「Twitter広告」を選択して、上の画像の広告マネージャーにアクセスします。広告マネージャーで作成や運用を行って行くことになります。

Twitter広告の費用

費用

費用については運用する目的に応じて配信方法や課金形式が変わってきます。課金タイミングについては以下のようなものがあります。

  • アカウントがフォローされた時
  • WEBサイトがクリックされた時
  • いいねやリツイートなどエンゲージメントがされた時
  • アプリがインストールされた時
  • 1000回広告が表示された時
  • 動画が再生された時

キャンペーンで設定した目的に応じて最適な課金タイミングが設定されて、費用が発生します。上記の課金タイミングで発生する費用については、1日の予算額や総予算額、入札方法を選択することで、予算の範囲で広告を表示させることができます。

入札方法には以下の3種類あります。

  • 自動入札
  • 上限入札単価
  • 目標入札単価

簡単に説明すると、自動入札単価では設定したターゲティングによって自動で最適な金額を設定することができる入札方法で、入札単価の相場が分からない、初心者の方におすすめの方法です。

次に上限入札単価は入札額の上限を設定することができ、上限を超えて配信されることがないので、予算を超えて費用が発生することを防ぐことができます。目標入札単価はエンゲージメントを獲得した際の目標入札額を設定することができ、目標の範囲で獲得することができるユーザーに広告を配信することができる方法です。

費用は上記の課金タイミングと、入札方法によって変わるので、知っておきましょう。

Twitter広告のメリット

良い点

 広告を活用するメリットは以下の4種類です。

  • 目的が達成された時だけ課金
  • リツイートによる2次拡散効果
  • 潜在ニーズへのアプローチ
  • 若年層に対して最適

Twitterは国内だけでも約3300万人ものユーザー数がいるSNSで、実名必須のFacebookと違い、匿名で利用することができるので、情報の拡散力が非常に高い特徴があります。

Twitterはインスタグラムのように画像や動画がメインのSNSではないのですが、テキストやTwitterカードを活用することで、あらゆる目的に対応した運用を行うことが可能です。

Twitter広告のターゲット設定

Twitter広告のターゲット設定

「出典:https://ads.twitter.com/campaign/18ce5585aib/new/campaign/setup?objective=4

ターゲティング設定は、キャンペーン内のグループ毎に設定することができ、一つの商材で複数の設定を使い分けることが可能です。Twitterの利用者数は非常に多いので、しっかりとユーザーを絞り込んで配信することが大切です。

Twitter広告のターゲティングではユーザーの基本的な情報と、興味関心に合わせて分類することができるので、精度の高い絞り込みを行うことができます。

基本情報では年齢や性別、エリアなどの情報、興味関心では検索したワードや投稿内容、フォローしているユーザーなどの情報を活用します。また、過去に反応したことがある視聴者に限定して配信することも可能です。

Twitter広告で利用できるターゲティングの種類は以下の通りです。

  • テイラードオーディエンス(ウェブ)
  • モバイルオーディエンスターゲティング
  • アプリテイラードオーディエンス(リスト)
  • 性別
  • 年齢
  • 場所・言語・テクノロジー
  • 地域
  • キーワード
  • イベント
  • 興味関心
  • 映画とテレビ番組
  • ツイートに反応があったユーザーをリターゲティング
  • オーディエンスを広げる

Twitter広告のクリエイティブの種類と特徴

種類と特徴

Twitter広告ではテキストだけの投稿だけでなく、 画像や動画を掲載した投稿やTwitterカードを利用することができます。それぞれの活用方法や特徴について紹介していきます。

あなたがTwitter広告を活用してPRした商材によって、適してた配信形式は変わってくるので、どの方法が最適なのかを考えてご覧ください。

Twitter広告で利用できるクリエイティブの種類は以下の通りです。

  • 画像付ツイート
  • 動画付ツイート
  • プロモビデオ
  • ビデオウェブサイトカード
  • イメージウェブサイトカード
  • イメージアプリカード
  • ビデオアプリカード
  • カンバセーショナル広告

画像・動画付ツイート

画像・動画付ツイート

「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

画像や動画付きのツイートはテキストだけの広告と比べて、ユーザーの注目を集めやすい特徴があります。

伝えたい情報があっても、テキストだけでは限界があり、タイムラインを流し見しているユーザーに、しっかりとテキストを読んでもらうことはできません。なので、画像や動画を活用して視覚的にユーザーに情報を伝えることが大切です。

まず画像付きの投稿では4枚の画像まで選択することができ、動画と比べてユーザーにファーストインパクトを与えることができたり、じっくりと画像を見てもらえます。

動画付きのツイートでは最長で2分20秒までアップすることができ、商品やサービスの使用イメージを伝えやすい特徴があり、その点では画像よりも優れています。画像と比べてファーストインパクトは弱くなりがちなので、動画の前半で伝えたい情報を持ってくるようにして、途中で離脱される可能性を低くしましょう。

Twitterカード

カード

「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

Twitterカードにはウェブサイトカードとアプリカードの2種類の配信形式があります。まずウェブサイトカードは広告でWEBサイトへのアクセスを目的とする場合に有効です。ユーザーが広告をクリックすることで、全画面でWEBサイトを表示させることができる機能です。

WEBサイトのURLを掲載するだけでは、クリック率を高めることができないので、ウェブサイトカードを活用するのが効果的です。

次にアプリカードでは広告内にアプリのインストールボタンを表示させることができ、ユーザーの行動を自然に促すことができる機能です。アプリの紹介をしたい場合は非常に効果的な配信形式なので、活用するようにしましょう。

クリエイティブ別の利用できる画像・動画のサイズ

クリエイティブ別の利用できる画像・動画のサイズ

 クリエイティブ別に利用することができる画像や動画のサイズについて紹介していきます。既に活用する配信形式が決まっている場合は、間違って違うサイズで作成しないように、それぞれ確認してください。

特に動画のファイル形式や動画の長さが間違っていると配信することができなくなるので、確認必須です。

画像付ツイート

画像付ツイート

「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

画像付きのツイートでは画像のアスペクト比や、画像サイズ、画像ファイルサイズ、画像形式について紹介します。

【1枚画像の場合】

アスペクト比 モバイル16:9、デスクトップ16:9
画像サイズ モバイル1200×675px以上、デスクトップ横1200px以上
画像ファイルサイズ 3MB以下
画像形式 JPG、PNG、GIF

【複数画像の場合】

アスペクト比 モバイル=枚数によって変更、デスクトップ=1:1
画像サイズ モバイル1200×628px以上、デスクトップ横1200px以上
画像ファイルサイズ 1048KB以下
画像形式 JPG、PNG

【アニメーションGIF画像】

アスペクト比 モバイル16:9、デスクトップ16:9
画像サイズ モバイル1200×628px以上、デスクトップ横1200px以上
画像ファイルサイズ 3MB以下
画像形式 GIF

画像付きツイートでは1枚または最大で4枚まで画像を掲載することができ、枚数によってアスペクト比が変わります。上記のサイズは推奨されている大きさなので、作成する際の参考にしてください。

画動画付ツイート

画動画付ツイート

「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

画像と動画を合わせてツイートすることもできます。

【画動画付きの場合】

アスペクト比 モバイル=枚数によって変更、デスクトップ=1:1
画像サイズ モバイル1200×628px以上、デスクトップ横1200px以上
画像ファイルサイズ 1048KB以下
画像形式 JPG、PNG、GIF

プロモビデオ

プロモビデオ

「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

動画を活用した投稿の場合は動画ファイルサイズや動画サイズ、動画尺、動画形式など適した動画でないと表示させることができないので、以下を参考にしてください。

【プロモビデオの場合】

動画の最大尺 2分20秒
動画解像度 720×180(縦長)、1280×720(横長)、720×720(正方形)
動画ファイルサイズ 1GB以下
動画ファイル形式 MP4、MOV
動画コーデック H.264
動画フレームレート 30FPS

ビデオウェブサイトカード

動画つきカード

「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

 動画を使ってWEBサイトへの誘導を促すことができる広告で、ユーザーが動画をクリックすると、画面上部で動画が再生されながらWEBサイトを見ることが可能です。

【ビデオウェブサイトカードの場合】

動画の最大尺 2分20秒
動画解像度 720×180(縦長)、1280×720(横長)、720×720(正方形)
動画ファイルサイズ 1MB以下
動画ファイル形式 MP4、MOV
動画コーデック H.264
動画フレームレート 29.97FPSまたは30FPS

イメージウェブサイトカード

画像つきカード

「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

ユーザーに広告をクリックされた場合にWEBサイトを全画面で表示させることができる機能で、WEBサイトのイメージ画像を使ってクリックを促すことができます。

【イメージウェブサイトカードの場合】

アスペクト比 1.9:1または1:1
画像サイズ

800×418px(アスペクト比1.9:1の場合)

800×800(アスペクト比1:1の場合)

画像ファイルサイズ 3MB以下
画像形式 JPG、PNG

イメージアプリカード

イメージアプリカード

「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

スマホアプリのインストールボタンを表示させることができる機能で、アプリのインストールを促すことが可能です。利用するにはアプリストアと連携させてアプリの情報を取得しなければなりません。

他にも、ユーザーの行動を促すためのCTAを設置することができ、アプリのインストール以外にも以下の文言を選択することが可能です。

  • インストール
  • 起動
  • プレイ
  • 購入
  • 予約
  • 接続
  • 注文

アプリ内のキャンペーンやイベントの集客にも活用することができます。

【イメージアプリカード】

アスペクト比 1.9:1または1:1
画像サイズ

800×418px(アスペクト比1.9:1の場合)

800×800(アスペクト比1:1の場合)

画像ファイルサイズ 3MB以下
画像形式 JPG、PNG、GIF(静止画のみ)

ビデオアプリカード

ビデオアプリカード

「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

イメージアプリカードと同様にアプリの集客を行うことができる機能です。画像ではなく動画を活用するので、ゲームアプリなどプレイ動画を掲載することで、ユーザーはイメージを持ちやすくインストールまでのハードルを下げることができます。

動画を活用した方が画像よりも多くの情報を伝えることができるので、アプリの集客に最適な方法です。

【ビデオアプリカードの場合】

動画の最大尺 2分20秒
動画解像度
  • 720×180(縦長)
  • 1280×720(横長)
  • 720×720(正方形)
動画ファイルサイズ 1GB以下
動画ファイル形式 MP4、MOV
動画コーデック
  • H.264
  • ベースラインプロファイル
  • メインプロファイル
  • ハイプロファイル
動画フレームレート 29.97FPSまたは30FPS

カンバセーショナル広告

カンバセーショナル広告

 「出典:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

画像もしくは動画を活用して、ハッシュタグを使ったユーザー選択型の広告を投稿することができます。ユーザーがハッシュタグを選択することで、タイムラインに引用リツイートされ、自然と広告の拡散を促すことが可能です。画像と動画は併用することはできないので、どちらか選択して利用しましょう。

【カンバセーショナル広告】

動画を使用する場合はプロモビデオと同様

アスペクト比 1.9:1
画像サイズ 800×418px
画像ファイルサイズ 3MB以下
画像形式 JPG、PNG、GIF(静止画のみ)

Twitter以外のSNSで利用できる広告のサイズ

サイズ

 Twitter広告を、別のSNS広告で再利用することはできないかと考える方は多いかと思います。他のSNS広告では、どの広告サイズを使用することができるのかを紹介していきます。

Instagram広告

Instagram広告

 インスタグラム広告はテキストメインのSNSではなく、画像や動画を投稿するSNSです。画像や動画がメインになるので、1投稿の画面占有率が高く、魅力的な内容の広告であればユーザーに見てもらえる可能性が高いでしょう。

利用できる配信方法はフィード広告とストーリーズ広告の2種類です。フィード広告は投稿のタイムラインに表示される広告で、画像や動画を活用して配信することができます。

【フィード広告の場合】

画像を使用した場合

アスペクト比 1:1(推奨)
画像サイズ 1080px×1080px(推奨)
画像ファイルサイズ 30MB以下
画像形式 JPG、PNG

動画を使用した場合

アスペクト比 1:1(推奨)
動画の最大尺 60秒
動画解像度 1080px×1080px(推奨)
動画ファイルサイズ 4GB以下
動画ファイル形式 ほとんど全てに対応

ストーリーズ広告は全画面の動画または画像を表示させることができるので、ユーザーに多くの情報を伝えやすく、再生してもらえる可能性が高い広告です。

【ストーリーズ広告の場合】

画像を使用した場合

アスペクト比 9:16(推奨)
動画の最大尺 5秒以下
画像サイズ 1080px×1920px(推奨)
画像ファイルサイズ 30MB以下
画像形式 JPG、PNG

動画を使用した場合

アスペクト比 9:16(推奨)
動画の最大尺 15秒以下
動画解像度 1080px×1920px(推奨)
動画ファイルサイズ 4GB以下
動画ファイル形式 MP4、MOV

Facebook広告

Facebook広告

 Facebook広告はTwitter広告と形式が似ており、テキストメインの投稿に画像や動画をプラスして掲載することができます。

Facebook広告の配信形式はフィード広告やストーリーズ広告、メッセンジャー広告、インスタント広告、マーケットプレイス広告などたくさんありますが、Twitter広告やインスタグラム広告と同様に利用頻度の高い配信方法について紹介します。フィード広告はインスタグラム広告と同様に投稿のタイムラインに配信することができる広告で、テキストに画像や動画を合わせて配信することができます。

【フィード広告の場合】

画像を使用した場合

アスペクト比 9:16
画像サイズ 1200px×628px(推奨)
画像ファイルサイズ 30MB以下
画像形式 JPG、PNG

動画を使用した場合

アスペクト比 9:16
動画の最大尺 240分以下
動画解像度 1200px×628px(推奨)
動画ファイルサイズ 4GB以下
動画ファイル形式 ほとんど全てに対応

ストーリーズ広告はインスタグラム広告と同様に全画面で動画や画像を表示させることができます。

【ストーリーズ広告の場合】

画像を使用した場合

アスペクト比 9:16(推奨)
動画の最大尺 6秒間
画像サイズ 1080px×1920px(推奨)
画像ファイルサイズ 30MB以下
画像形式 JPG、PNG

動画を使用した場合

アスペクト比 9:16(推奨)
動画の最大尺 15秒以下
動画解像度 1080px×1920px(推奨)
動画ファイルサイズ 4GB以下
動画ファイル形式 MP4、MOV

まとめ

今回はTwitter広告で使用することができる画像と動画のサイズ、ファイル形式について解説しました。

Twitter広告の画像や動画を作成する際は、完成してからアップできないなんてことにならないように、充分気をつけて作成してください。Twitter広告で使用した広告素材は、多少修正を加えるだけで再利用することができるので、この記事や当メディアを参考にして活用してみましょう。

リチカ クラウドスタジオを使えば、だれでも簡単に理想の動画をつくれるんです。

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーさんの事例だと、動画制作コストを下げ、仮説検証を爆速でまわせたことによって、ROASを110~120%くらい改善できています。

クリエイターの方が制作コストを下げ、スピーディーに仮説検証をできるのがRICHKAなんです。

AIによる細かな調整サポート、スタッフによるお客様への徹底したサポートをしていますので、ご安心してお使いいただけます。

動画広告の仮説検証を高速でまわせずにお悩みの方はぜひRICHKAのことをもっと知ってください^^

3分でわかる資料をダウンロードする

この記事をシェア