marketing

2021年05月31日(公開: 2020年08月27日)

プロモトレンドとはどんな広告?特徴や費用も解説

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

Twitterの3種類の広告の1つであるプロモトレンドとは、どんな広告なのでしょうか?プロモトレンドは目にする機会が多いので、多くのユーザーに認知されやすい広告です。

この記事ではプロモトレンドの特徴や費用、新登場のプロモトレンドスポットライトについて解説しています。

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

プロモトレンドとは?

検索タブに配信

 この方法は検索タブをクリックすると表示されるトレンドリストの最上部に配信することができます。

ハッシュタグを活用して表示させることができ、視聴者がハッシュタグを選択すると、タイムラインの1番上に表示されます。ハッシュタグの利用による拡散を促すこともできます。

プロモトレンドの特徴

特徴

 「出典:https://business.twitter.com

この方法では他の配信方法よりも多くのインプレッション数を集めることが可能です。活用方法としては新商品や新サービスの発表告知、期間限定のキャンペーン告知などで利用します。

話題性のあるハッシュタグを活用することができれば、多くの視聴者に配信することができるだけでなく、自動で拡散を促し、24時間の配信期間が終了しても効果を持続させることもできるでしょう。この方法以上に広範囲に情報を伝えることができる方法はないので、予算に余裕がある方は積極的に活用するのが良いでしょう。

また、広範囲に配信することが目的なので、配信エリアといったユーザーの概要のみを設定することが可能です。

プロモトレンドの費用

費用

この方法を活用したい場合は事前に申し込みが必要になります。Twitter社から認定を受けている方のみが活用することができるので、利用したい場合は早めに準備するようにしましょう。

費用に関しては時期やターゲットによって異なりますが、最低でも800万円〜となるので、予算のある企業は検討してみましょう。費用対効果を考えれば800万の費用でも、充分安い価格だと思います。

プロモトレンドの注意点

注意点

この方法は最も利用頻度の高いプロモツイートとは違う特徴がいくつかあります。

  • 絞り込みが細かく設定できない
  • 国ごとに利用
  • 広告名は20文字以内
  • 句読点・スペース・記号は非推奨
  • 内容は、出稿主の商品・サービスまたはブランドに関連している必要がある

誰でもすぐに出稿できる方法ではないので、上記の注意点に留意して広告内容を作成するようにしましょう。

プロモトレンドスポットライトとは?

検索タブに表示 「出典:https://business.twitter.com

テキストだけでなく、動画を掲載することができる機能で、視聴者の注目を集める効果の高い方法です。通常の方法と同じように24時間貸し切り型で表示させることができるので、使用目的も変わらず商品やサービスの販売告知や期間限定のキャンペーンなどで活用します。

プロモトレンドとの違い

他の方法との違い

違いとしては動画を活用できることです。プロモトレンドで表示されるのはハッシュタグと短い文章だけでしたが、この方法では、画像や動画、GIF画像などを掲載することができ、更に視聴者の注目を集めることができます。

テキストだけでは魅力を伝えづらかった商品も、この広告を活用することで、視聴者により具体的なイメージを届けることができ、クリックされる可能性も高まるでしょう。トレンドリストでは多くのリーチを獲得することができます。

クリックを誘導することができる画像や動画を積極的に利用するのが良いでしょう。

プロモトレンドスポットライトの効果

効果

視聴行動調査会社EyeSeeの調査結果によると、通常の広告に比べて、視聴時間が26%も長く、クリックされる確率は3倍まで高めることができる可能性があるそうです、

視聴者の注目を引きつけやすくなり、ハッシュタグを活用して会話を誘導することも可能です。費用は高額なので、充分に内容を精査してから活用するようにしましょう。

まとめ

今回はプロモトレンドについて特徴と活用方法、出稿した際にかかる費用について解説しました。

大規模な集客を行うことができる方法なので、新しい商品やサービスの告知をする際や、期間限定のキャンペーンの紹介に活用するのが効果的です。

Twitter広告について詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

Twitter広告とは?種類や効果、費用などを解説

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
・クリエイティブ動画広告が制作可能
YahooやFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮

まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


3分でわかる資料をダウンロードする

*1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

 

この記事をシェア