YouTube 広告 成功事例

marketing

2021年03月23日(公開: 2020年09月28日)

YouTube広告の成功事例6選一覧と、効果的な動画制作のポイントを紹介

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

動画なので効果があるとされているYouTube広告ですが、成功している広告は、どのように目的や内容で作られているかをご存じですか。

ここでは、YouTube広告の成功事例と、効果のある動画制作のコツについてご紹介します。

YouTube広告の成功事例6選一覧

YouTube 広告 成功事例

YouTube広告にはさまざまなメリットがあり、企業によってそれぞれ目的や宣伝方法が違います。ここでは成功事例6選を紹介します。

事例1:リスティングと YouTube 広告で認知拡大・ブランディングに成功【株式会社ウエイブワン「カペルミュール」】

出典:https://www.youtube.com/watch?v=evYTkr2ZlQE

カペルミュールは主にサイクルウエアを取り扱うお店です。これまでは、テレビのCMや雑誌などの紙媒体を使った広告を使い宣伝していました。

その方法では自転車に興味、関心があるユーザーに宣伝はできますが、本来のターゲットであるライトユーザーには情報を届けることができませんでした。広告出稿後の反応が乏しく、認知度の拡大も思うような成果が得られませんでした。

そこでYouTube動画広告を使って、宣伝することにしました。これまで不可能だったアプローチを踏まえて、「散歩」「アニメのタイトル」など幅広くキーワード選定。また動画素材やBGMなど、これまでのテレビCMに使われていた広告を見直して、リニューアルを手がけました。

その結果、サイトへの流入が約8倍まで増加して、売上も2倍に増加。また「カペルミュール」というブランドでの検索ボリュームも伸びていき、認知されるようになりました。

ネットショップの売上も伸びていき、一時期は商品が売れすぎて生産が追いつかないことも。もともと30代、40代の男女をターゲットに定めていましたが、Googleの分析から50代、60代男性のクリック率が高い傾向です。

事例2:オンラインとオフラインの連動で売上増を実現【株式会社夢職人「MISOKA」】

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ZjHCYtLRgHg

MISOKAの主力商品は歯ブラシです。発売した当初は、新聞やラジオなどオフラインを中心として宣伝を行っていました。そして着々と成果を出していき、得られた利益は、さらなる認知度向上、ブランディングのため、続けて宣伝を行っていましたが、2年ほどで頭打ちになりました。

そこでオンラインを使った広告を実施。オフラインとオンライン広告を効率よく連動させ、オフラインで認知度向上、オンラインで自社サイトに誘導させました。

また一度訪問したユーザーにはリマーケティング機能を使うことで、再度広告を出すことで、誘導を図り、成約につながるケースもありました。

その結果、試作後のPV数は1500%上昇、売上も伸ばし、客単価も約150%向上という成果が出ました。オンライン店舗だけではなく、オフラインの実店舗にも売上の向上が得られました。

事例3:RPG風の動画でリクルート対策【株式会社ダンボール・ワン】

出典:https://youtu.be/0gyXz851OjE

1978年の創業以来、ダンボールや梱包材の製造や販売を中心に事業を展開しています。石川県の中でも屈指の優良企業ですが、新卒採用の人材確保に課題としてありました。知名度としてまだ十分でないのと、若者が都心部への流出してしまうため、地方での採用は容易にはいきません。

当初は大手の求人メディアを使って、人材確保を検討しましたが、高額で使える予算が限られているため、YouTube広告を活用することで、活路を見出しました。

ターゲットとなる石川県の20代に向けて、事業や取り組みを伝え、知名度向上を図るとともに、ホームページから応募がくるようなコンテンツを制作しました。

その後、わずか15日間で約47万円のユーザーに、168万回の広告を表示させることができました。

そして広告経由で28人の応募者がくるようになり、結果として3名までしか内定は出せませんでしたが、動画広告の成果は十分得られました。従来の広告形式より少し視点を変えるだけで、思わぬ成果が得られます。

事例4:リアルを体感できる動画で、毎年25%の売上増【Majestic Heli Ski】

出典:https://youtu.be/wf-UMK7YCc4

事業内容は、ヘリコプターを使って観光地まで行き、スキーを滑ったり、宿泊場所まで案内する観光事業で、観光客誘致のために、動画広告を活用しました。

動画には宿泊場所となるロッジや食事の風景だったり、スキーの様子も盛り込むことで、雰囲気が伝わるような内容です。そしてターゲティングの効果で、年齢別、スキーが活性化している地域に絞り込むことができました。

その結果、5年で顧客基盤が400%以上拡大して、YouTube広告を導入してから売上は約25%増加しました。

事例5:2万人の難聴・聴覚障がい者に聴こえる喜びを【LSTN ヘッドフォン】

出典:https://youtu.be/A0QQWfJsixA

YouTube動画がきっかけでLSTNのブランドが立ち上がりました。動画広告を活用することで、会社の紹介やユーザーに共感を得られるような宣伝方法が可能です。

質の高い商品を作るだけではなく、難聴や難聴障がい者を多くのユーザーに知ってもらい、視聴回復の支援に充てる基金を集めたいと考えています。そして動画広告を活用したことにより、世界中で2万人以上のユーザーに届けることができました。

事例6:日本のアニメを世界共通語として使用【YKK株式会社

出典:https://youtu.be/4naaQixZSfM

TKK株式会社はファスナー、スナップ、ボタンなどを手がける事業で、エリアを6つのブロックに分けて、約70の国と地域でグローバル展開されています。

YouTube、YOUKUなどの動画メディアで、アニメーションを公開。世界に発信して、ストーリーテリングの要素を絡ませたブランディング効果が狙いです。

YouTube広告を成功させるポイント

YouTube 広告 成功事例

YouTube広告を成功させるには、下記のポイントが挙げられます。それぞれ順番に解説していきます。

  • ユーザーのペルソナ設定
  • 伝える情報の整理
  • 誇張表現は避ける
  • 他広告との連動を図る
  • KPIを明確にしておく
  • 定期的な効果測定

ユーザーのペルソナ設定

YouTube 広告 成功事例

ペルソナとは、商品やサービスを利用する理想的な顧客モデルを表します。主に、性別、年齢、収入、職業、学歴などを設定します。またそれらのデモグラフィック要素だけではなく、生活様式、嗜好などのサイコグラフィック要素も細かく設定していきます。

ペルソナを設定する目的は、ステータスや生活様式などを抽出して見込み客について、深く理解するために作成します。理解が深まると、企画やコンテンツ作成などで、顧客側の目線から効果的なアプローチが可能です。

ペルソナを上手に設定するコツは、詳細な情報を収集することです。そのためにリサーチやアンケートを実施したり、場合によってはインタビューを行ったりします。情報収集が少なくて、分析や思いこみに頼ると、単なる仮定となってしまいますので、注意してください。

伝える情報の整理

YouTube 広告 成功事例

動画は最初の5秒がもっとも重要で、何を伝えるかが重要になります。広告は表示されても、興味がなければユーザーにスキップされてしまいます。

商品やサービスについて伝えなければいけない情報は多くありますが、1つに絞りましょう。他の情報も伝える必要があれば、別で動画を作成していきます。

認知度の向上やブランディング、購買促進などさまざまな広告の目的を定めないと、訴求内容がブレてしまい、何を伝える広告なのか分からなくなります。伝える情報を整理して、動画制作を行っていきましょう。

誇張表現は避ける

YouTube 広告 成功事例

訴求内容を考えるうえで、誇大表現は避けるようにしてください。情報が多様化している中、誇大表現はユーザーには敏感で、商品やサービスそのものに疑いの目を持たれてしまいます。発信したい内容は、実際使用するとどんな効果が得られるか、そして評判や口コミなども重要です。

根拠のない情報や事実でない情報で宣伝すると、その後のユーザーとのトラブルになる可能性があります。必要以上に誇大表現は避けるよう十分注意してください。

他広告との連動を図る

YouTube 広告 成功事例

YouTube広告では、Googleの検索履歴やサイトへの閲覧履歴からターゲティングにすることが可能です。そして検索広告の補完する役割も持っています。動画広告と検索広告を連動することで、コンバージョンの向上が見込めます。

ウェブで使われる広告形式にはディスプレイ広告、リスティング広告があります。YouTubeの訪問者以外にも効果的なアプローチができ、サイトを訪問して、検索意図が定まっていないユーザーに向けて発信することで、認知度向上、購入につながります。

KPIを明確にしておく

YouTube 広告 成功事例

動画広告を運用していくためには、KPIを明確する必要があります。例えば認知度アップを視聴回数や視聴率など指標です。購入促進であれば、クリック率やコンバージョン数などの指標が必要です。

指標には、視聴回数やユニーク視聴者数、クリック率、コンバージョン率などがあります。わかりやすい指標を基準となってしまわないように、何を伝えるための広告なのか明確にして正しく運用していきましょう。

定期的な効果測定

YouTube 広告 成功事例

動画広告で成果を出すためには、出稿後の運用で、定期的に効果測定が必要です。そして測定した結果から次の改善になるように、PDCAを行いましょう。きちんと目標が達成できるか検証して、達成させるための対策を考えることが重要です。

そのためにYouTubeアナリティクス、Googleアナリティクス、Googleのレポート機能などさまざまな手段があります。視聴回数、視聴率、クリック率など測定するのに十分な機能が備わっているので、積極的に活用していきましょう。

まとめ

YouTube 広告 成功事例	   

これまでに積極的にYouTube広告を活用することで、集客や販売に成功した企業を紹介しました。YouTube広告にはテレビや新聞などでは得られない効果があり、今後も活用する企業が増えていくことでしょう。

YouTube広告を成功させるためにペルソナの設定やKPIを明確にしてから運用していき、指標となる数値が得られるので、定期的に見直しを行い、改善を実施することで、成果が出ます。宣伝、PRの実際する際は、ぜひ動画広告で出稿してみてはいかがでしょうか。

YouTube広告について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

YouTube広告は本当に効果があるのか?特徴・種類・メリットを探る

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

  • ・クリエイティブ未経験でもかんたんに動画広告が制作可能
    1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
    ・YahooとFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮
  • まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


    3分でわかる資料をダウンロードする

    *1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

     

    この記事をシェア