動画を埋め込む方法まとめ

marketing

2021年05月11日(公開: 2020年10月08日)

YouTube以外の動画を埋め込む方法

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

Webページに動画を埋め込むには、YouTube動画を埋め込む方法とYouTube以外の動画を埋め込む方法があります。現在は、YouTube動画を利用する方法が一般的です。

この記事では、WebサイトにYouTube以外の動画を埋め込む方法について解説します。

【Web】YouTube以外の動画を埋め込む方法

YouTube以外の動画を埋め込む方法

WebサイトにYouTube以外の動画を埋め込む方法は2つあります。

  • WordPressを使う
  • videoタグを使う

それぞれの特徴を見てみましょう。

WordPressを使う

WordPressを使う

「WordPress(ワードプレス)」は、世界で最も人気があるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。
CMSとは、サイト作成システムのこと。
WordPressを使えば、HTMLやCSSといった専門知識がなくても、動画を扱うことができます。

WordPressにはYouTube動画を埋め込むこともできますが、サーバーにオリジナルの動画をアップロードして埋め込むことも可能です。

videoタグを使う【HTML5】

【HTML5】videoタグを使う

2014年に公式発表された「HTML5」では、「videoタグ」が実装されたことによって、動画を手軽に扱うことができるようになりました。
HTMLファイルの中で、

<video src="動画ファイルのパス"></video>

という形で記述するだけで動画を埋め込むことができます。

YouTubeを埋め込む場合と同じように、動画の表示方法、再生方法などをカスタマイズすることも可能です。

まとめ

この記事では、WebサイトにYouTube以外の動画を埋め込む方法を紹介しました。

5Gの普及に伴い、動画はさまざまなシーンで利用されています。videoタグを使用した動画を埋め込む方法やPDF、QRコード、Twitterなどに動画を埋め込む方法が知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

【保存版】HTML5・videoタグでHPに動画を埋め込む方法まとめ

リチカ クラウドスタジオはマーケティングに特化した、動画クラウドサービスです。

誰でもかんたんに、動画広告や動画コンテンツをつくれます。 広告・メディア業種で2年連続シェアNo.1を獲得。(*1)大手企業や広告代理店、制作会社を中心に、400社以上に導入されています。

1本あたり数千円、最短数分で動画広告が作り放題
・クリエイティブ動画広告が制作可能
YahooやFacebookの公認パートナー、専門ノウハウがフォーマットに凝縮

まずは、無料トライアルでリチカ クラウドスタジオを体験してみませんか?


3分でわかる資料をダウンロードする

*1「法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版」2019年度、2020年度見込https://mic-r.co.jp/mr/01930/

この記事をシェア