【ガイドライン】Yahoo!広告の入稿規定まとめ|確認事項も

marketing

2020年10月26日(公開: 2020年10月26日)

【ガイドライン】Yahoo!広告の入稿規定まとめ|確認事項も

Yahoo!広告には、一定の品質を信頼性を確保するためにさまざまなガイドラインが設けられています。この記事では、Yahoo!広告のガイドラインの中でも「入稿規定」について詳しく解説してきます。各フォーマットの要件や注意点、入稿前に必ずチェックしておきたいポイントも紹介しているので、ぜひ最後までご覧になってください。

Yahoo!広告のガイドラインとは?

Yahoo!広告のガイドラインとは?

Yahoo!広告にはいくつかのガイドラインがあり、細かくルールが決まっているので、広告内容の作成前に必ず確認しておくようにしてください。Yahoo!広告に広告を出稿する広告主の方が多い理由は、ガイドラインが明確に定まっており、質が担保されているからです。

Yahoo!広告の入稿規定

Yahoo!広告の入稿規定

 「出典:https://promotionalads.yahoo.co.jp/

Yahoo!広告の入稿規定はYahoo!広告ヘルプの入稿規定ページで詳しく確認することができます。大きく分けると以下の項目ごとに規定があるので、広告作成前に必ず確認しておきましょう。

  • 文字や記号に関する注意点
  • ディスプレイ広告の入稿規定
  • 検索広告の入稿規定

検索広告とディスプレイ広告では広告運用の方法が異なるので、それぞれ活用する広告形式を確認してください。

文字や記号に関する注意点

文字や記号などが原因で掲載不可になる例は以下の通りです。

  • ユーザーに不快感を与える文字列:orz、DQN
  • 意味不明な文字の羅列:ああああ
  • 記号や文字を装飾として使用している場合:面白いww
  • 顔文字:( ´ ▽ ` )
  • 機種依存文字:(株)
  • 同じ記号を1広告内で3回以上または連続使用している場合:快適!!?

といったテキストは掲載不可と判定されてしまいます。これはYahoo!広告だけでなく他の広告媒体でも言えることなので、広告文を作成する際は気をつけるようにしましょう。

ディスプレイ広告の入稿規定

ディスプレイ広告の入稿規定

 「出典:https://promotionalads.yahoo.co.jp/

ディスプレイ広告の入稿規定ではリンク先のURLや表示URL、ボタンやロゴ画像などの規定が細かく設定されています。特にURLの部分やディスプレイ広告でユーザーの目に入る部分の規定は大切なので、しっかりと確認し、否認されないように広告を作成するようにしましょう。

テキスト広告

広告のテキスト部分は文字や記号に関する注意点と同じ内容に加え、タイトルや説明文、URLの文字数などが決まっています。

タイトル 15文字以内
説明文  19文字以内
リンク先URL 1024文字以内
表示URL 29文字以内
アプリ名 20文字以内

文字数の範囲で商品やサービスの魅力を伝えられるように考えましょう。

バナー(画像・動画)

バナー広告には画像と動画の2種類があり、それぞれ掲載できるフォーマットが決まっています。バナー動画の規定は以下の通りです。

アスペクト比 16:9または1:1
最小ピクセルサイズ 640×360または600×600
ファイルサイズ 最大200MB
動画フォーマット mp4
最大フレームレート 30fps

などなど他にも音声や再生時間などの規定があるので詳しくは入稿規定のページから確認してください。次にバナー画像の規定は以下の通りです。

ファイルサイズ 最大3MB
ファイル形式 GIF、89a、JPEG、PNG
アニメーション 不可
ALTテキスト 不可

バナー画像のアスペクト比と最小ピクセルサイズは、PCまたはタブレット、スマートフォンで異なるので、こちらも入稿規定ページから詳細を確認してください。

レスポンシブ(画像・動画)

画面サイズに応じて表示サイズが変わるレスポンシブ動画の規定は以下の通りです。

アスペクト比 16:9または1:1
最小ピクセルサイズ 640×360または600×600
ファイルサイズ 最大200MB
動画フォーマット mp4
最大フレームレート 30fps

などなど他にも音声や再生時間などの規定があるので、バナー規定と同じように詳しくは入稿規定のページから確認してください。次にレスポンシブ画像の規定は以下の通りです。

ファイルサイズ 最大3MB
ファイル形式 GIF、89a、JPEG、PNG
アニメーション 不可
ALTテキスト 不可

PCブランドパネル

PCブランドパネルの規定は静止画と動画で異なります。まずは静止画の規定は以下の通りです。

アスペクト比 1:1
最小ピクセルサイズ 600×600
ファイルサイズ 最大3MB
ファイル形式 GIF、89a、JPEG、PNG
アニメーション 不可
ALTテキスト 不可

次にPCブランドパネルの動画規定は以下の通りです。

アスペクト比 16:9または1:1
最小ピクセルサイズ 640×360または600×600
ファイルサイズ 最大200MB
動画フォーマット mp4
最大フレームレート 30fps

PCブランドパネルも詳細は入稿規定ページを確認してください。

検索広告の入稿規定

検索広告の入稿規定

 「出典:https://promotionalads.yahoo.co.jp/

最後に検索広告の入稿規定には、拡大テキスト広告と、検索連動型広告の2種類があり、アプリダウンロードに特化した広告もあります。

それぞれタイトルや説明欄の文字数、ドメインやページURLの文字数やカウント方法など決まっているので確認してください。

検索広告

検索広告の中でも拡大テキスト広告の規定は以下の通りです。

キーワード文字数 80文字以内
タイトル 30文字以内
説明文 90文字以内
表示URL ディレクトリ15文字以内

次に動的検索連動型広告の規定は以下の通りです。

ページフィード文字数 50文字以内
ドメイン 1024byte
ページURL 1024byte
カスタムラベル 10個以内
説明文 80文字以内

など他にも詳細に決まっているので、詳細は入稿規定ページを確認してください。

アプリダウンロード広告

アプリの宣伝に特化したアプリダウンロード広告の規定は以下の通りです。

キーワード文字数 80文字以内
アプリIDパッケージ名 OSでiOSを選択した場合はアプリIDを、Androidを選択した場合はパッケージ名を入力してください。
タイトル 35文字以内

他にもカスタムパラメーターの規定などもあるので、詳細は入稿規定ページを確認してください。

各種オプション

ディスプレイ広告や検索広告の規定以外にも以下の各種オプションに関する規定があります。

  • クイックリンクオプション
  • 電話番号オプション
  • テキスト補足オプション
  • カテゴリ補足オプション

オプションを活用すれば広告精度をより高めることができるので、規定を確認して活用してみてください。

必ずチェックしておきたいポイント5つ

Yahoo!広告入稿前に必ずチェックしておきたいポイントを5つ紹介します。

  • クリエイティブに誤字脱字は発生していないか
  • リンク先は正しいか
  • 入札単価は間違っていないか
  • キーワードのマッチタイプは意図した通りか
  • オプションを活用できているか

最低限入稿前に、この5つのポイントをチェックするだけでも規定に引っかかることや広告費の無駄打ちを避けることができるので、参考にしてください。

まとめ

 今回はYahoo!広告の入稿規定について解説しました。Yahoo!広告は細かい規定により高品質な広告のみを掲載しているので、広告が否認されないように規定をしっかりと確認するようにしましょう。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア