動画編集の「コーデック」って何?「コーデック」できないときの原因と対処法も解説

marketing

2021年04月09日(公開: 2020年10月26日)

動画編集の「コーデック」って何?「コーデック」できないときの原因と対処法も解説

無料:動画広告攻略100のテクニック集

資料をダウンロードする

「コーデ ック」という言葉を聞いたことがあっても、具体的になにのことなのか、知らない人も多いと思います。
ここでは、「コーデック」について、その種類や、「コーデック」できないときの原因・対処法をご紹介します。

コーデックとは?

プログラム

コーデックとはプログラムを用いて映像データと音声データの圧縮・変換・復元を行うことを言います。動画を編集して最終的に1本の動画にするには必ずエンコードという作業を行わなければならず、その際に設定を行います。

制作した動画を活用するメディアによっては推奨されているコーデックの種類が定められており、間違った設定でエンコードしてしまうと、メディアに投稿できない不具合やスムーズに視聴者が再生できない問題が発生してしまいます。

映像データや音声データをまとめて圧縮する作業を行わなければ動画を再生することも他のメディアにアップロードすることもできませんので、この記事で解説するコーデックの種類や設定方法などを必ず確認してください。

動画コーデックの種類

種類

代表的なものだけでも以下の種類があります。他にもたくさんのプログラムがありますが、まずは最も利用頻度の高い以下の種類だけでも把握しておきましょう。この中でも動画ならH.264、音声ならMP3などがYouTubeに投稿する際に利用する方が多いので、覚えておくと良いでしょう。

  • MPEG-4
  • MPEG-1
  • MPEG-2
  • Xvid
  • Divx
  • H.263
  • H.264

音声コーデックの種類

  • MP3
  • AAC
  • AC-3
  • FLAC
  • LPCM
  • WMA

コーデックができない原因と対処法

原因と対処法

正常に行われなかった場合の原因と対処法について解説します。動画初心者の方なら誰しも一度はエラーで映像が再生されなかったり、音声だけ流れなかった経験があるかと思います。

そんな時でもエラーが発生する原因を知っておけば何の問題もなく対処することができるので、以下を参考にしてください。

コーデックができない理由は?

理由は?

動画が再生されない原因として最も多いのは、動画を書き出した際に設定したプログラムがパソコンに搭載されておらず、再生が行えないことです。

なのでコーデック自体ができていない訳ではなく、パソコンにプログラムがインストールされていないことが原因です。また、音声だけ再生されなかったり、動画だけ再生されない原因も同様に、音声と動画コーデックがインストールされていないからです。

コーデックエラーの対処法

対処法

以上の原因からエラーが発生した場合の対処法は以下の通りです。

  • 再生に必要なプログラムを調べてインストールする
  • おまとめパックを利用する
  • 内臓プレイヤーを利用する
  • エンコーダーを使ってエンコードし直す

対応していないプログラムを調べてインストールするよりも、エンコードをし直した方が早く対処できるはずなので、時間をかけたくない方は、エンコードだけやり直す方法を試すと良いでしょう。

再生に必要なコーデックを調べてインストールする

調べてインストールする

エンコード時に設定したプログラムが分かっている場合は、インターネットで検索し、インストールを行います。基本的に無料で利用できるプログラムがほとんどです。

適当に設定してしまいプログラムが分からない方は、動画の映像と音声コーデックを調べることができるコーデックチェッカーというツールを活用して、インストールを行いましょう。MediainfoやPlayTimeというツールを活用してみてください。 

コーデックパックを利用する

 一般的に使用されていないプログラムを使用した場合、エラーが発生する可能性は高いですが、そもそもパソコンに搭載されているプログラムが少ないパターンもあるので、コーデックパックというまとめてインストールすることができるものを活用しましょう。

ffdshowやCCCPなどが種類も多く便利で人気です。

コーデック内蔵プレイヤーを利用する

プレイヤーを利用する

パソコンにプログラムをインストールするのではなく、内臓プレイヤーを利用する方法もあります。動画を再生するためのプレイヤーを利用するので、コーデックを調べることなく簡単に再生することができます。VLC media playerやpotPlayerなどのプレイヤーが高機能でおすすめです。

エンコーダーを使ってエンコードし直す

し直す

 記事前半で解説した代表的なコーデックでエンコードを行っていればほとんど問題なく再生できるはずです。それでも再生できない場合は、パソコンが古くスペックが低い可能性があるので、動画編集者にとって致命的なので、買い換える選択肢もありでしょう。

適当にエンコードしてしまった方は、代表的なコーデックでもう一度エンコードをし直してみてください。ほとんどの場合問題なく再生できるはずです。

まとめ

今回は映像データと音声データを圧縮し、変換、再生時に復元するプログラムであるコーデックについて解説しました。どんなに良い編集を行っても、コーデックを正常に設定してエンコードしないと動画を再生することはできません。

メディアによって推奨されているコーデックは異なるので、最終的にエンコードする際にしっかりと対応コーデックを確認して書き出すようにしましょう。

動画編集のやり方については、下記の記事で詳しく解説しています。

【動画編集ガイド】動画編集のやり方を7つのステップで解説

動画制作はストーリーが一番重要! 動画制作に必要なAIBACとは?

マーケティングに動画を取り入れて、商品・サービスの購入を促進したいと思っているけど、中々成果がでないと悩んでいる方へ。

動画をバズらせれば成果が出るのではと思ってはいませんか?

実はバズらせても一過性のもので、成果に繋がらないことも多いです。

一般的な動画制作ノウハウはデザインなどの見せ方に特化していることが多いですが、動画制作で成果を出すには「言葉(ストーリー)」が最も重要です。

ストーリーを考えるにあたって、重要な要素がAIBACと呼ばれるものです。

AIBACとは、以下のとおり。

  • ・Attention(注意喚起):開始2秒で視聴者への“注意喚起”を示す

    ・Interest(興味関心):商品や特徴を端的に伝えるための“興味関心”を示す

    ・Benefit(利益):商品の訴求を欲求レベルで伝える"利益”を示す

    ・Action(行動喚起)次の行動に誘導させるための“行動喚起”を示す



  • AIBACをベースにストーリーを考えることによって、未経験者でも簡単に成果を出しやすくなる動画を制作することができます。

    実際にマーケティングに動画を取り入れる際に、成果を出しやすくするための動画制作のテクニック集をご紹介します。



    動画クリエイティブ100のTIPSは下記のボタンをクリック

    3分でわかる資料をダウンロードする

    この記事をシェア