marketing

2020年10月26日(公開: 2020年10月26日)

iMovieでBGMを追加編集するには?音楽のダウンロード方法も一緒紹介

MacやiPhoneに搭載されている無料動画編集アプリiMovieですが、BGMを動画に加えると一気にクォリティが上がり、魅力的な動画を作成できます。

ここでは、iMovie動画にBGMを追加する方法や編集方法、利用できる音楽、BGMを追加する際の注意点などをご紹介します。

iMovieでBGMを楽しく編集しよう

iMovie BGM

iMovieではカットやトリミングなど映像を編集する以外にも、BGMの追加や音声編集など音楽の編集も簡単にできます。

音楽は自身でダウンロードしたお好みの音楽ファイルを追加する他にも、iMovieに標準でBGMが用意されているためiMovieだけで編集を完結させることも可能です。

ここからは、スマホ・タブレットとPCに分けてBGM編集する方法をご紹介します。

iPhone、iPad、iPod touchのiMovieでBGMを編集する

iPhone、iPad、iPod touchのiMovieでBGMを編集

まずは、iPhone、iPad、iPod touchのiMovieでBGMを編集する方法を解説していきます。

以下の手順に沿って、iMovieに曲を追加する方法からエフェクト、アフレコ、音量調整のやり方まで詳しくみてきましょう。

  1. 利用したい曲をダウンロードする
  2. iMovieに曲を追加する
  3. エフェクトを追加する
  4. iMovie でアフレコを録音する
  5. iMovie でクリップの音量を調節する

利用したい曲をダウンロードする

iPhone、iPad、iPod touchで音楽をダウンロード

iMovieに予め用意されているBGM以外の音楽を使いたい場合は、インターネットまたはCDから音楽ファイルをダウンロードする必要があります。

インターネット上からダウンロードする

一般的には、iOSデバイスに搭載の「iTunes Store」から使用デバイスに購入・ダウンロードする方法です。

<購入・ダウンロード手順>

  1. 「iTunes Store」アプリを開く
  2. 「検索」から使用したい曲を探す
  3. 曲の横にある金額ボタンをタップして購入
  4. 「その他」→「購入済み」から先ほど購入した曲をダウンロード

これで曲のダウンロード完了です。上記以外の音楽販売サイトから購入・ダウンロードしても問題ありません。

CDからダウンロードする

CDからスマホ・タブレット端末にダウンロードするには、スマホ用CDレコーダー「CDレコ」を利用すればパソコンがなくても直接CDを取り込めます。

Macをお持ちの場合は、MacにCDを取り込み、iPhone、iPad、iPod touchに同期させても問題ありません。

iMovieに曲を追加する

音楽の取り込み方.001

次にiMovieにダウンロードした曲を追加していきましょう。

iMovieを開き、編集画面から「+」ボタンをタップします。

「オーディオ」→「マイミュージック」から先ほどダウンロードした曲を選択します。

これでiMovieに曲が追加できました。

エフェクトを追加する

エフェクトの追加

エフェクトを追加したい場合は、マイミュージックの下にある「サウンドエフェクト」をタップします。

iMovieに標準で用意されているサウンドエフェクトが一覧で表示されるので、使用したいエフェクトを選択して「+」ボタンでタイムラインへ追加します。

エフェクトの名前をタップしてどのようなサウンドエフェクトなのかを事前に確認することも可能です。

iMovieでアフレコを録音する

アフレコの追加

ナレーションなどのアフレコ音声を追加したい場合は、「アフレコ」→「録音」をタップして録音を開始します。

録音が完了したら「停止」をタップすると録音が終わり完了画面になります。

録音を確認したい場合は「確認」、撮り直しは「再録音」、問題なければ「完了」をタップしてタイムラインへ挿入します。

iMovieでクリップの音量を調節する

クリップの音量調整

タイムライン上に挿入したクリップの音量調節は、対象のクリップをタップして選択状態(黄色の枠をつける)にします。

下部のタブにある「スピーカーマーク」をタップした後、左右にドラッグしながら音量調節します。

音量調節の右側にある「フェード」を活用すると、音楽に「フェードイン・アウト」の効果を付け加えることが可能です。

MacのiMovieでBGMを編集する

次にMacでBGMを編集する方法を解説していきます。

スマホ・タブレット版と同様に、以下の手順に沿ってiMovieに曲を追加する方法からエフェクト、アフレコ、音量調整、音声編集のやり方まで詳しくみてきましょう。

  1. 利用したい曲をダウンロードする
  2. iMovieに曲を追加する
  3. エフェクトを追加する
  4. iMovie でアフレコを録音する
  5. iMovie でクリップの音量を調節する
  6. iMovie で音楽を使いたい箇所だけにカットする
  7. iMovie で複数素材を編集する

利用したい曲をダウンロードする

利用したい曲をダウンロードする

iMovieに予め用意されているBGM以外の音楽を使いたい場合は、インターネットまたはCDから音楽ファイルをダウンロードする必要があります。

インターネット上からダウンロードする

一般的には、iOSデバイスに搭載の「ミュージック」から使用デバイスに購入・ダウンロードする方法です。

<購入・ダウンロード手順>

  1. 「ミュージック」アプリを開く
  2. 「見つける」から使用したい曲を探す
  3. 曲の横にある「…」から「iTunes Storeで表示」を選択
  4. 曲の横にある金額ボタンをクリックして購入
  5. 「ライブラリ」から先ほど購入した曲をダウンロード

これで曲のダウンロード完了です。上記以外の音楽販売サイトから購入・ダウンロードしても問題ありません。

CDからダウンロードする

CDから音楽を取り込むには、「ミュージック」アプリとCDまたはDVDドライブ、またはコンピュータに接続されている外部ドライブにオーディオCDをセットします。

<ダウンロード手順>

CDをセットすると表示されるウィンドウ「CDのすべての曲を読み込む」から「はい」を選択します。

またはチェックマークをつけた音楽だけを読み込むことも可能です。

iMovieに曲を追加する

曲の追加

MacのiMovieに曲を追加するには、iMovieを開き、タブから「オーディオ」→「ミュージック」を選択します。

ダウンロードした音楽が一覧で表示されるので、使用したい音楽を選択してタイムラインに挿入します。

エフェクトを追加する

エフェクトの追加

エフェクトの追加は、先ほど選択したミュージックの下にある「サウンドエフェクト」をクリックします。

エフェクト一覧で表示されるので、お好きなエフェクトを選択してタイムラインへ挿入します。

エフェクトを確認したい場合は、エフェクト名の左側にある再生ボタンで確認できます。

iMovieに用意されているエフェクトのジャンルは、動物からSF、ジングルなど多種多様に用意されています。

iMovie でアフレコを録音する

アフレコの追加

ナレーションなどのアフレコ音声を追加するには、ビューアー画面左下にあるマイクのマークをクリックして、右側にある赤いボタンをクリックすると録音が開始されます。

録音が終わると自動的にタイムラインへ挿入され、タイムライン上で再生してアフレコ音声を確認できます。

iMovie でクリップの音量を調節する

クリップの音量調節

タイムラインに導入した音声クリップは音量を調節できます。

クリップ内にある音量調節バーを上下にドラッグして動かすことで音声の大きさを変えることができます。

iMovie で音楽を使いたい箇所だけにカットする

音楽を使いたい箇所だけにカット

音楽を部分的に使いたい場合は、不要な部分を削除しましょう。

まずは、不要となる部分に白ラインを動かし、「⌘+B」でクリップをカットします。

次に、不要な部分のクリップを選択して「deleteキー」でクリップを削除すれば完了です。

iMovie で複数素材を編集する

複数素材を編集する

メインBGMと効果音などを併用して編集したい場合は、メインの音声クリップの上下に挿入することで同時に再生できます。

それぞれ個別で音量調節も可能なので、再生しながら調節していきましょう。

BGMで利用できる主な音楽素材

BGMで利用できる主な音楽素材

CDとか音楽を購入するのは手間や費用がかかるので大変という方も多いかと思います。

そこで、BGMや音楽ファイルを探す際に便利なサイト・サービスを5つご紹介します。

  1. YouTubeオーディオライブラリー
  2. オーディオストック
  3. Shutterstock
  4. PIXTA 音楽素材
  5. Epidemic Sound

1.YouTubeオーディオライブラリ

YouTube オーディオ ライブラリ

YouTubeオーディオライブラリは、YouTubeが無料で提供している、動画で使用可能な無料の音楽や効果音を入手できるサービスです。

ご自身のチャンネルにログイン後、YouTubeライブラリからYouTubeオーディオのページへ移動することができます。

音楽は「無料の音楽」と「効果音」の2種類に分けられ、「無料の音楽」では、ジャンル、気分、楽器、長さ、帰属表示の5つから探したい音楽を絞り込むことができます。

2.オーディオストック

オーディオストックは、60万点を超えるBGM・効果音が用意されている日本最大級のロイヤリティフリー音楽販売サービスです。

総勢10,000人を超えるクリエイターと直接契約を結び、数多くの良質な楽曲や効果音が毎月5,000点以上の新作が追加され続けています。

料金は、月額1,980円〜から利用可能です。

3.Shutterstock

Shutterstockは、フリー画像・動画素材のサイトで有名ですが、音楽素材も提供しています。

ジャンルやムードのフィルターを活用して最適な音楽をすばやく見つけたり、プロが厳選したコレクションから選んだりすることができます。

料金は、月額1,668円〜から利用可能です。

4.PIXTA 音楽素材

PIXTAも、フリー画像・動画サイトと同様に音楽素材も提供しているサービスです。

BGMや効果音だけでなく、歌素材も用意されているため、ゲーム・アプリ・映像・動画など、あらゆる用途に利用できます。

また、一度購入した音楽素材は追加料金なしで何度も繰り返し利用可能です。

5.Epidemic Sound

Epidemic Soundは、スウェーデン発の完全ロイヤリティフリー業務用音楽販売サイトです。

すべての権利を自社で保有・管理することで、日本国内・海外利用ともに100%安心の完全ロイヤリティフリーを実現しています。

音楽素材は楽曲数が30,000以上、効果音数は60,000以上と豊富に用意されており、そのどれもがハイクオリティな音楽ばかりです。

BGM用の音楽を利用する場合の注意点

注意

動画作成で音楽を利用する際に注意してほしいのが「著作権」です。

音楽には「創作された時点」から創作した人に権利が発生するため、市販されている音源を利用する場合には、著作者への利用許諾が必要な場合があります。

利用許諾が必要な場合と不要な場合に分けて解説します。

利用許諾が必要な場合

  • CDや有料サイトで購入した音源を利用するとき
  • カラオケ事業者の許可を得ていない伴奏音源
  • アーティストのプロモーションビデオ、TV番組、映画 等

JASRACへの手続きと合わせて、レコード会社等著作隣接権者への手続きが必要な場合があります。

また、CDを録音した音声やCDを直接、店舗や結婚式場などの人が集める会場で流す場合やYouTubeなどのインターネットで配信する場合も該当します。

著作権と利用手続きについては「JASRAC」の公式HPで確認できます。

利用許諾が不要な場合

  • 著作権の保護期間が満了した音源
  • 営利を目的としない上演等
  • 私的使用のための複製

保護期間は著作者がなくなってから70年経過すると権利が消滅します。

また、観衆から料金を受け取らない、実演家に報酬が支払われないと言った営利を目的としない上演では、利用許諾が必要ありません。

個人または家庭内での使用範囲であれば、著作権者の許諾を得ずにコピーすることができます。

まとめ

以上、iMovie動画にBGMを追加する方法や編集方法、利用できる音楽、BGMを追加する際の注意点などをご紹介しました。

音楽は利用ルールさえ守れば、動画のクオリティーを格段にあげることができます。

ご紹介したロイヤルフリーサイトを活用では、各サイトの利用規約さえ守れば自由に使用できるので、ぜひ試してみてください。

プロクオリティの動画をだれでも簡単に作れる「RICHKA」

RICHKAを使えば、だれでも簡単にプロクオリティの動画を作れます!

RICHKAは「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」公式ツールに採択されており、Yahoo! JAPANや日経ビジネスなど、広告代理店や大手メディアをはじめ400社以上の企業様にご愛用いただいております。

動画制作の時間やお金などのコストでお悩みの方は、まずはお気軽に資料をダウンロードしていただけますと幸いです。

資料をダウンロードする

この記事をシェア